複数の収入源=複収入を意識しよう!

昨年は「ブラック企業/ブラックアルバイト」など倫理観の低い働かせ方が話題になり、反対に「バイトテロ」という非常に迷惑な行為も世間を賑わせました。

結局は国・企業をアテにしてもあまり良い結果にはなりませんから、自分の身は自分で守る・・・アテにするのは自分・・・という発想が大切です。

今の世の中は国力がどんどん弱くなり、連れて企業の力は逆に強まり、結果としてそこで働くサラリーマンの権利がどんどん狭くなってきているのかもしれません。

そうした社会構造の中で、「自分の身を自分で守る」ためにはどうするか?

まずは、経済的負担を少しでも取り除くことが大切だと思います。

なぜなら、経済的負担が軽くなるほど、人は心に平常心が戻りやすくなり、行動も軽やかに自由にできるようになるからです。

そのため、私がいつも提唱しているのは「経済的自由を優先して得ましょう」ということであり、サラリーマンにおススメしているのは「給料以外の収入口をつくりましょう」ということです。

つまり、「複数の収入源を持つ」ということです。

・・・・・・・・・・・・・・・

サラリーマンが得ているお金の源泉は、「給料」がほぼすべてです。

給料が毎年適切に増えていき、また自分の身や家族の身に何かあって出社できない、働けない・・・となっても変わることなく会社が給料を支給し続けてくれるのであれば、何の問題もありません。

しかしながら、そうではありません。

「働かざる者食うべからず」で、そうしたときに会社は給料を打ち切ります。

つまり、それまでどんなに収入があったとしてもいっきにゼロになるわけです。

自分や家族に身に何かが起こることを想定しない・・・という考え方もありますが、イザ何かが起きてからだとその考え方をしている人は「後悔の念」にさいなまされます。

・・・・・・・・・・・・・・・・

自分で自分の年収を増やすには、それなりの努力が必要であることは間違いありませんが、問題はその努力の矛先をどんな方向へ向けるか?!・・・です。

複数の収入口を持つと心の平定をしやすく、生活の不安感が消えます。

そのように「人生がより安定化する」ということを私自身が経験しました。

何かと世間を騒がす事件や出来事が今年も多く発生してくると思います。

常に自己責任・・・つまり自分の身は自分で守る!という原則を忘れてはいけないでしょうね。

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2021年3月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

注目のお勧め記事!

  1. 2017-11-26

    65歳で1億円の預貯金を目指すよりも・・・

    かつての時代は「老後を迎えるまでにいかに多くの貯蓄をするか?」・・・が勝負の時代でした。 そし…
  2. 2019-3-21

    転職後に留意すべき3つのこと

    会社を辞めて別の会社に転職することは、今では決して珍しいことではなくなりました。 私が転職…
  3. 2018-5-20

    【炎上防止策】文章を書くときは論理性多め・感情論少なめ

    私は学術論文は苦手です。読んでいてすぐに飽きますし、意味が分かりづらいからです。 論理ばかりで…
  4. 2019-1-9

    投資と投機の違い(インカム・ゲインとキャピタル・ゲイン)

    「投資」という一つの言葉で括(くく)られやすいですが、投資には大きく分けて「本当の投資」と「投機」の…
  5. 2017-5-16

    権威を身に付けたかったら・・・

    権威というのは、形はないし、目にも見えません。 本当はあるのかどうかも分からないようなシロモノ…
  6. 2017-10-31

    【重要マインド】成長なくして成功ナシ!

    赤ちゃんや幼稚園児くらいだと「自分の思い通りにいかないと八つ当たり」します。 小学生~中学生~…
  7. 2018-2-25

    信託形式の投資・運用には要注意!

    未上場の株式を購入する場合や、不動産を購入する場合などでは、その実物を実際に目で確認することができる…
  8. 2017-2-17

    投資の一歩を踏み出しましょう!

    学校では「お金の授業」がありませんから、お金について学ぶのはみんな自分次第ですし、いわゆる独学中心に…
  9. 2017-9-1

    特定商取引法に定められた電話勧誘に関する法規制

    毎日、必ずと言っていいほど「迷惑な営業電話」がかかってきます。 自宅の電話にも携帯電話にも・・…
  10. 2018-1-15

    楽しいからラク⇄ラクだから楽しい

    漢字で書くと「楽しい」も「ラク」も「楽」という字ですが、楽しいとラクはちょっと違います。 楽し…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る