ブラック企業の見分け方の一つ

新社会人の中には、新しい職場にそろそろ慣れてくる人もあれば、まだ一向になれない人もいると思います。

また、4月から就職して1か月が経ち、このゴールデンウイークというちょっとした連続の休みをとることでいろいろネガティブに物事を考えてみたり、悩んだりする人もいると思います。

最近では、とくに「ブラック企業」という言葉が流行っているように、イザ就職してみたら思っていたのと違ってとんでもなく就労環境が劣悪だった!・・・というケースもあるかもしれません。

ただ、職場環境が劣悪かどうかはその人の主観によるもので、自分がそう思っているのは世間を知らないアマちゃんだから・・・ということもあり得ます。

そうしたときに、今の会社で働き続けるべきかどうかを判断する方法が一つあります。

・・・・・・・・・・・・・・

それは、先輩社員の動向をみることです。

自分より上の先輩社員たちがどのように働いているかを見極めることが大事です。

A.イヤイヤ働いているのか?

他に行くところがないからしょうがなくそこにいるのか?

B.活き活きと楽しそうに働いているのか?

明らかにスキルを上達させて成長している働き方をしているのか?

・・・などです。

A.パターンだったら、ブラック企業かもしれません。

Bパターンであれば、その会社・職場はブラック企業ではないと思います。

特に入社1年~5年くらいの先輩を見たとき、1人でも仕事的・人間的に尊敬できる先輩がいるなら、あるいは同じく上司がそのような人であれば、おそらくその会社はブラック企業ではないでしょうね。

仕事がもし辛ければ、それは入社前の自分の考えが甘かっただけだと思います。

もしもAパターンだったらどうするか?

会社は社員たちから吸い取ることだけを考えて、社員を金儲けの道具・駒としか見なしていない可能性があります。

尊敬できる先輩・上司が1人もおらず、時間外労働が1か月あたり100時間を超えるようなら、ちょっと立ち止まって再考してみる意義があります。

このゴールデンウイークはそうした立ち止まって考えるにはちょうど良いタイミングです。

人生の転換は早ければ早いほど良いと言えます。

ブラック企業に長居していたら、何より自分の健康を害してしまいます。

人生、お金より健康がすべてです。

ボロボロにならないように自分自身を大切にすることはとても大切なことだと思います。

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2021年1月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

注目のお勧め記事!

  1. 2019-7-24

    すべての人が「投資」を学ぶべき理由とは?

    大学生が卒業して社会に出たとき、ほとんどの人の財布の中身はほぼ横並び状態で、大きな差はまだついていま…
  2. 2017-9-9

    【投資】ローリスク・ハイリターン商品が無いわけ

    投資でも投機でも、リターンを求める行為に「リスク」は付き物です。 人はリスクを嫌いますから、一…
  3. 2019-7-9

    「危ないこと」と「怖いこと」と「勇気」

    「投資」は危ない・・・怖い・・・と言う人がいます。 年齢にもよりますが、「危ないことには近…
  4. 2017-4-17

    経営者はブランド力を意識して経営を!

    よく「ブランド」という言葉を私たちは使いますが、その言葉の定義を求められるとなかなか即答できる人は少…
  5. 2019-1-9

    投資と投機の違い(インカム・ゲインとキャピタル・ゲイン)

    「投資」という一つの言葉で括(くく)られやすいですが、投資には大きく分けて「本当の投資」と「投機」の…
  6. 2018-7-22

    【必読】お金持ちになるコツ(願望の叶え方)

    英語を話せるようになりたければ、英語を話せる人に近づき、教わることがコツの一つです。 スペイン…
  7. 2018-5-6

    定年後(老後)の準備は貯金だけでは心許ない・・・

    サラリーマンの定年年齢が徐々に引き上げられています。 今の若い人には信じられないかもしれません…
  8. 2017-2-12

    人生が輝いているときに見受けられる「ある共通点」とは?

    人はみんな1日24時間という枠組みの中で、眠ったり起きたりして生きています。 人生にはこの「眠…
  9. 2018-8-7

    「働く」のは自分ではなくお金を!

    海外旅行に行くといつも思うのは、たとえ自分が飛行機に乗って雲の上だろうが、客船に乗って海の上だろうが…
  10. 2018-6-18

    世の中の2割の人はあなたが何をしても否定する

    「20:60:20の法則」と呼ばれるものがあります。 全体を100としたら、そのうちの2割は優…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る