映画『バリーシール』から見る「チャンスの掴み方」とは?

先日、トム・クルーズ主演の「バリー・シール」という映画を観てきました。

映画の中で、こんなシーンがあります。

トム・クルーズがFBIなどに捕まり、手錠をはめられ警察署へ連行されます。

廊下で待たされているとき、彼はこう言います。

「手間をかけさせて悪かったね、もうすぐ僕はここを出ていくよ。だから、この手錠を外してくれた人にはお礼にキャデラックをプレゼントするよ。チャンスは今だけだよ!」

・・・と。

そこにいた多くの警官・捜査官たちはただ笑って、内心「何を馬鹿な事を言っているんだ!お前はこれからムショ暮らしさ!手錠を外すなんてことをするはずがないだろう」

と佇(たたず)んで見ているだけです。

そこへ奥から女性署長が現れてこう言います。

「彼は無罪放免になったわ。手錠を外してあげていいわ」・・・と。

トム・クルーズは言います。

「みんな、遅かったね!(キャデラックをもらえなくて)残念だったね!」と。

キャデラックを手に入れるチャンスはそこにいた全員にありましたが、誰も実際には手に入れることなく消えていきました。

・・・・・・・・・・・・・・・

別の話ですが、こんな話があります。

ある日、ツイている人ばかりが集まるところに神様がやってきてこう言いました。

「みんな、小石を拾いなさい。そうすれば、明日喜び、そして悲しむであろう」と。

そこにいた人たちは、神様が何のことを言っているのかわかりませんでしたが、せっかくだからと小石を拾って袋に入れて持ち帰りました。

すると翌朝何が起きたか?

袋の中の石がみんなダイヤモンドに変わっていたそうです。

みんなが大喜びしたのは言うまでもありません。

そして次の瞬間、みんなは悲しみました。

「こんなことならもっと小石を拾っておけばよかった・・・」と。

正に神さまの言ったとおりになったわけです。

ツイている人は神様の言ったことを素直に聞き入れて行動に移します。

そして、その結果がどうであれ素直に受け入れます。

その姿勢があるからこそ、ツイている人になれるのだと思います。

チャンスというのは一瞬であることが多く、長い間をチャンスの女神さまは待っていてくれません。

その一瞬のときに素直に行動に移すことができるかどうかが大きな分かれ目です。

物事の一つ一つは些細なことだったりしますが、それらが積もり重なり時間が経過してどんどん溜まっていくと、やがて大きな違いとなります。

素直に、謙虚に、真面目に、正直に生きる姿勢はチャンスを手にする機会を増やしてくれると思います。

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2021年1月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

注目のお勧め記事!

  1. 2020-1-20

    不動産バブルの見分け方

    1980年代後半に蔓延した日本の不動産バブルの時は、都心の不動産の賃貸利回りが2%以下だったそうです…
  2. 2017-6-22

    サラリーマンが心がける大事なことの一つ

    私が大学卒業後、26年間会社員として働いた中で「あえて何か自慢すするとしたら何ですか?」・・・と聞か…
  3. 2018-7-28

    【保存版】不動産を相続した後で留意しておくべき事

    世間では「相続で不動産を手に入れた」という人もいると思います。 その不動産が「自分が居住する家…
  4. 2019-10-20

    「節約/倹約」と投資の概念

    節約意識というのは、「1円でも費用は減らしたい」・・・という考え方です。 投資意識というの…
  5. 2019-9-29

    「結果から逆算してプロセスを決定する」という思考法

    何らかの「結果」を求めるなら、基本的に頭に入れておかなければいけないことがあります。 「結…
  6. 2017-7-9

    【重要】高齢になるまでに自分の住む処を確保したほうが良いわけ

    高齢者になると自分が住む賃貸物件を借りることが難しくなり、借りられる物件の選択肢が狭くなる・・・と聞…
  7. 2017-5-17

    不動産投資はローンを使うとレバレッジ投資になります

    野球で言えば体が大きくてパワーもあるバッターだと、軽くバットを振るだけでホームランや長打を打つことが…
  8. 2017-5-18

    お金の仕組みを活用できる人/できない人

    現在、お金は単なる数字でしかない・・・とも言えます。 銀行預金の通帳はただ数字が印字され、一行…
  9. 2019-4-3

    学生は「点数」で評価され、社会人は「実力」で評価される

    学生の頃は、勉強したことが「点数」をつけられることで評価になりました。 点数で評価されるこ…
  10. 2018-1-18

    「5W2H」が「6:1」に分かれる理由とは?

    ビジネスでは「5W2H」を意識することが大切です。 When  いつ? Where  ど…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る