成長は2次関数の急カーブを描く

 人は1年でできることに過大な期待をかけ、 10年でできることを過小に評価する傾向が ある・・・と言われます。

短期でできるハズもない(できる可能性が極め て低い)のにやたら大きく期待をして、逆に長期 でみればできる可能性が極めて高いことなのに 過小に評価してしまいます。

言い換えれば、「すぐに何かが実現したり、 大きく変わること」を期待してしまう・・・という ことです。

たとえば、何かの教材を買ったりセミナーに 参加すると自分の収入が1ヶ月でいきなり0円 から100万円になる・・・とか、1日で5kg痩せる とか、わずか1週間で外国語がペラペラにしゃべ られるようになる・・・などです。

こうした短期の期待感は、一時的であっても 人を行動へと駆り立ててくれるので悪いことで はないのですが、大事なのは「見極めと継続」 です。 短期で思うような現実にならなかったとき、 人は期待が裏切られたと思い、諦めてしまい ます。 諦めると「行動をストップ」させ、それまでの 期待の裏返しで「絶望」したり、凹んで落ち 込んだりします。

でも、自分自身を否定はしたくないので、 短期でそのような結果を求めた自分が浅はか だったとは信じたくなく、「そのやり方自体が 悪い」と責任転嫁することで自分を慰めたり する人もいます。

短期間で大きな成果・変化を求めるのでは なく、「3年・・・5年・・・10年・・・20年ででき ること」を考えることが大事だと思います。 たとえば、1か月で外国語をマスターすると いうのは難しくても3年でマスターするという のであれば可能だと思います。 1年でビジネスを大成功させるというのは大変 でも、10年という時間があれば大成功も夢で はないかもしれません。 1年で収入を10倍にするのはムリでも、20年 で10倍にするのであれば少しは現実的です。

ここでとても重要なことがあります。 それは「成長は2次関数の急カーブを描く」と ということです。 つまり、「10年後は1年後の直線の延長線上 にはない」・・・ということです。

行動を続けていれば、どこかで急カーブを描い て急上昇していきます。

1年では小さなことしかできなかったとしても、 10年では大きなことができるようになっているものです。 「1年でできるサイズがこうだから・・・」とそれ を基準に考えてしまうと、セルフイメージも 願望も人生への期待も小さなもので落ち 着いてしまいます。

そんなことはない!・・・と悟ることが大事です。 時間を味方にすれば、人間が有している 可能性は無限大です。

3年後・・・5年後・・・10年後・・・20年後に 大きな理想像を置くと良いと思います。 それが自分の人生サイズを変えてくれます。 10年後、自分が何を実現しているか?

それを決めるのは自分の想像力と行動力次第で、短期という目線で小さく考えること なく、10年後・・・20年後を見据えて大きく 未来を想像すると、人生はハッピーになっていくと思います。

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ
澤井豊

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2020年10月
« 9月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

注目のお勧め記事!

  1. 2017-10-26

    【上司必見】「できない…」と言う部下の真意とは?

    何か物事を「できる/できない」と言うとき、能力的にできることがわかっている場合は「できる」と言い切り…
  2. 2018-9-20

    「お金」という結果を求めるなら【原因】をつくらなければいけない

    多くの人は、「収入が増える(稼ぎが多くなる)」という「結果」を求めます。結果を求めるのはいいのですが…
  3. 2017-1-2

    【重要】自分の進むべき方向を探る10の質問【謹賀新年】

    2017年のスタートに当たってこんな問いかけを用意しました。 これらの質問に具体的に答えること…
  4. 2017-1-10

    労働力不足→有効求人倍率上昇→技術革新

    仕事選びで極端なことを言うと、自分の希望する基準を下げれば世の中にそこそこの職(求人)はあります。 …
  5. 2017-11-1

    【ビジネスチャンス】「場」を設けられる人=「お金」を儲けられる人

    本屋に行くと「株で1億円儲ける○○」「FXで10万円を△△倍にする方法」「インターネットで□□円稼ぐ…
  6. 2018-4-6

    投資資金を区分けすることも大切です

    お金がある程度貯まってきたら、人はそれを使って「お金を増やしたい」と思い始めます。 お金を増や…
  7. 2019-1-25

    サラリーマンが同じ業界で独立起業するコツ

    よく言われることですが、サラリーマンが会社を辞めて独立起業するとき、それまで自分がまったく経験をして…
  8. 2018-5-25

    帝京大学ラグビー部・岩出雅之監督に学ぶ「逆転の発想」

    大学ラグビー9連覇中の帝京大学ラグビー部があります(アメフト部ではなく)。そこまで強くなった背景にあ…
  9. 2017-7-31

    【警告!】洗脳にご注意を…【自己防衛術】

    世の中には悪だくみをする人がいるもので、特に詐欺に関しては「私は詐欺師です」なんて自分から言うはずが…
  10. 2017-4-9

    【新年度】挫折しない「目標設定」で大事なこと

    人は、年初に目標を設定したりします。 キチンと紙に書いている人もいると思いますが、単に自分の願…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る