掘り出し物/人材の見つけ方

骨董市やバザーやリサイクルショップなどに行くと、思ってもみなかったようなレアな商品がたまに売っていることがあります。

通称「掘り出し物」と呼ばれる類のモノです。

掘り出し物は、その分野・商品において「目利きの人」でなければ掘り出し物と認知することはできません。

知識も情報も何もない人にとっては「タダの普通の商品」に過ぎず、だからこそ、そうしたマーケットで価格<価値で売られているわけです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

掘り出し物かどうかを見分けるには、「世間の実体評価を自分が知っているかどうか」も大きく関わっています。

自分がこれは掘り出し物だ・・・と思っても、世間一般に評価の低いモノであればそれは掘り出し物とは言えません。

大事なのは「掘り出し物を見分ける目・知識を身につけること」、すなわち「目利きになること」ですが、もう一つ大切なのは「公開されて誰でも知っている情報の中から、それを磨くことで将来的に価値の高いものへと仕上げていくだけの力量を持つこと」です。

そうすれば、今は掘り出し物でなくても時間の経過とともに掘り出し物になっていく可能性大です。

そこには「商品自体が有しているポテンシャル」も必要ですが、「磨き、鍛え、価値を高めていく自分自身のスキル」も必要です。

よくある例としては「各種スポーツ選手」です。未だ名前の売れていない選手でも、磨く人が磨けばダイヤモンドとなり光り輝きます。

コーチが優秀であれば(=目利きであれば)ダイヤモンドの原石は本来有している輝きを発することができるようになります。

一般の会社の中でも、そこに優れたリーダーが一人いれば部下が将来の掘り出し物に変わるチャンスはいくらでもあります。

不動産投資でもそうです。

一見するとボロ屋であっても、リノベーションを施して再生することで収益を上げる稼ぎ柱になることもあります。

ボロ屋の時はだれも見向きもしなくても、実は見る人が見れば掘り出し物だった・・・というわけです。

掘り出し物というのは、結局、みんなが見ている情報の中にすでに存在しているものであり、そうした情報の中から自分の頭で価値ある将来像を描き出すことができるかどうかにかかっている・・・と言えそうです。

そのためにも、自分自身が日々研鑽し、学び、想像力豊かに成長することが大事だと思います。

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2021年1月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

注目のお勧め記事!

  1. 2019-10-20

    「節約/倹約」と投資の概念

    節約意識というのは、「1円でも費用は減らしたい」・・・という考え方です。 投資意識というの…
  2. 2019-10-27

    経済破綻しないためのコツ=収入の範囲内で生活

    サラリーマン家計が破綻しないための最大のコツは「その月の収入の範囲内でその月の生活をする/支払いをす…
  3. 2018-8-13

    投資とは「買ったモノをそのままなのにお金を返してもらう」ようなこと

    投機は、買ったモノを転売することでその売買差益を狙う行為です。 多くのビジネスの仕組みはこれと…
  4. 2019-10-31

    投資から目を背けてはいけない

    5月から「令和」時代が始まり、早6ヶ月(=半年)が経とうとしています。 これからの時代は、昭和…
  5. 2020-11-23

    【覚悟】「自分の身は自分で守るという哲学」から幸運は始まる

    私が不動産投資をスタートしたのは46歳・半ばくらいの頃で、特に師と仰ぐ人もいなければ、メンターと呼ぶ…
  6. 2017-4-17

    経営者はブランド力を意識して経営を!

    よく「ブランド」という言葉を私たちは使いますが、その言葉の定義を求められるとなかなか即答できる人は少…
  7. 2018-10-18

    定年退職までに準備しておくべき重要なこと

    平均的な年金を受け取っても、夫婦2人が生活をしていくには「毎月15~20万円ほど不足」・・・というの…
  8. 2018-1-19

    一人暮らし社会人が東京で幸せに暮らすために必要な家とは?

    昨年11月に不動産情報サービスのアットホーム株式会社が発表したある調査によると、「一人暮らしの社会人…
  9. 2017-11-16

    事業が不振だった時の事業報告書は要チェック!

    上場企業では、事業年度ごとに必ず決算短信を提出して広く投資家の人の目に触れるようにすることが義務付け…
  10. 2019-1-20

    アメリカでは自己破産しても再起可能ですが…

    トランプ大統領は過去にカジノ・リゾート事業を経営する会社を4度も倒産させているそうです。最初の倒産は…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る