「○○すべき」という言葉に囚われ過ぎないように!

世の中の多くの人は、「やるべきこととやりたいこと」の区別ができなくなり、「やりたいことを優先」しがちです。

同じように、お金の使い方でも、「買うべきものより買いたいものを優先して」買います。

本当は「やるべきこと/買うべきものを優先すること」が大事なのですが、得てして陥りがちなのは、他者の煽動によって「誤ったやるべきこと/買うべきもの」を「やりたいこと/買いたいもの」とすり替え、終いにはそれが「~すべきこと/もの」だと錯覚してしまうようになることです。

テレビ等で流れてくるニュースに一喜一憂したり、コメンテーターの発言などに自分が印象操作/情報操作されていることに気づかず、鵜呑みにして、それらに影響された行動をとってしまいます。

もし、そのように動いてしまう自分に気づいたら、態度・行動を改めることが大切だと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

自分の人生をこのままで終わりにしたくない、一度きりの人生なんだからもっと大きなことに挑戦してみたい!自分にできることをもっと追求して生きてみたい・・・といった気持を持つことは、特に10代~30代の人には大事だと思います。

40~50代であっても大切なことです。要は「人生を守りに入りたくない」という意識や意欲を持つことです。

60代くらいになってくると、労働市場で新規に働くことは難しくなり、就労してお金を稼ぐということに限界を感じ始めます。

そのため、50代くらいから「人生を守りに入る」気持ちがそぞろ芽生えてくるのも仕方がないことだと思います。

結婚して、家族ができ、子どもが大きくなってくると、徐々に「挑戦から守りへ」姿勢が移ってくるのも頷けるところです。

でも、もしかしたら自分自身で何かを抑え込んでいるようなところがあって、何となく「今のままじゃいけないな・・・」とうすうす感じることもあるかと思います。

そうしたときは「○○すべき」という「べき論」には十分注意することが大事です。

「べき論」は優等生言葉であり、実は価値観によって導き出される一つの考え方に過ぎないものなのですが、それにもかかわらずかなり強力な説得力と矯正力を持つ言葉です。

「べき論」には人(←自分も含めて)を屈服させる力がありますが、人は本来自由に発想し、自由に行動することができる存在です。

ただし、他人に迷惑をかけないことが前提にありますが・・・。

「〇〇すべき」という表現に対して「やりたくないな/イヤだな」・・・という気持ちを強く感じるようなら、もしかするとそれは自分の価値観に合っていないのかもしれません。

そんなときは、自分の人生は本当にのままでいいのか?・・・もう人生を「守り」に構えて本当に良いのか?・・・もっとやりたいことがあったハズではないか?・・・と自分自身で振り返ってみると良いと思います。

人生、何歳になっても「挑戦」という姿勢を失いたくないものですし、そのためにお金が必要だと言うのなら「お金が入ってくる仕組み」をつくればいいし、「健康が必要だ」というのなら「健康であり続ける仕組み」をつくれば良いと思います。

他人からの「○○すべき」という言葉にあまり囚われ過ぎないことが大事だと思います。

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ
澤井豊

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2020年6月
« 5月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

注目のお勧め記事!

  1. 2016-11-29

    「営業で断られる6つのパターン」を研究して売れる営業マンになろう!

    昔から一番ラクな営業は相手先任せで済んでしまうやり方で「待ちの営業」と言われています。 それを…
  2. 2018-2-18

    お金の使い方の「癖」チェック

    そろそろ冬物の洋服がバーゲンセールを迎える時期です。 こんな時は以前から欲しかったものを買うチ…
  3. 2018-2-5

    一億総副業(複業)の時代が来るのか?

    昔から農業を営む人が農業以外の仕事にも就いて収入を得る・・・という「兼業農家」が存在しています。 …
  4. 2017-6-6

    サラリーマンと自営業者の課税上の違い

    サラリーマンは自ずと「コストアフター」の概念が当たり前になります。 コストアフター・・・とは、…
  5. 2019-8-26

    営業職を毛嫌いしてはいけない

    大学3年生の中には、もう再来年の就職に向けての活動を始めている人もいると思います。 なかな…
  6. 2017-8-25

    【必読】G-PDCAサイクルをまわすときに大切なポイントとは?

    仕事をするときでもお金を稼ぐときでも共通して大切なことの一つに、「仕組みを適切につくる」ということが…
  7. 2017-10-15

    あなたの収入は何のため?

    私は「不労所得」という言葉を普段使わないのですが、世間一般では「働かないで得られるお金のことを不労所…
  8. 2016-12-8

    あなたは「お金の教育」を受けたことがありますか?

    世の中には自己流でも特段問題なくやり過ごせることと、自己流ではやり過ごせないことがあります。 …
  9. 2019-11-16

    「残す」「あげる」は割に合わない財産移転方法かも?

    自分の財産を「残す」・・・というのは結局相続となり、相続税がかかります。 自分の財産を「あ…
  10. 2018-1-22

    「一人王様ゲーム」をやってみませんか?

    昔、合コンや飲み会で「王様ゲーム」というちょっと危ないゲームが流行ったことがあります。 割り箸…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る