期限があると人は先延ばしをしなくなる

先日、引出しを整理していたら10年以上も前のスタバの商品券が出てきました。

その商品券には有効期限がないのでいつでも使えるな・・・と、当時思ってそのままとっておいたもののようでした。

でも、そうやって「使うのを先延ばし」にしていたら、いつの間にか「存在そのものを忘れて」引出しの中で眠らせていた・・・と言えます。

人は、有効期限が明確だとその期限が切れるまでに行使しようと思いますが、無期限だとつい先延ばしにしてしまうものですね。

・・・・・・・・・・

たとえば「お金(現金)」には「有効期限」がありませんから、保管しておけば未来のいつの日にか額面通りに使えます。

クレジットカード会社発行のギフト券や、デパートの全国共通百貨店商品券や、図書カード、クオカードなども基本的には期限がないので保管しておけばいつでも使えます。

株主優待券の中にもそうした無期限のモノがあります(有効期限が明確なモノもあります)。

期限が明確だと人は「使わず損」をしたくないのでちゃんと期限内に使おうとしますが、期限がないとついつい使わないまま(最悪の場合はどこかへ置き去りにして忘れてしまう)……になります。

各種ポイントカードの類も、有効期限があるからこそ人はちょっとは気にして再度そのお店を使おうとするのだと思います。

・・・・・・・・・・

同じようなことが「人生(寿命)」についても言えます。

人は、自分がいつ死ぬかわかりません。

わからないけども、多分今日・明日ではないだろう・・・と何となく安易に思っています(まあ、実際そのとおりで今日・明日ではないことがほとんどです)。

その結果、本当はやりたいことがあるのにそれを先延ばしにしてしまいがちです。

仮に「余命1年です」と宣告され、明確に自分の寿命期限がいつまでかわかると、多くの人は今抱えているあらゆる制約を振り払ってでも「本当にやりたいこと/やり残していること」を残りの人生をかけてやろうとする・・・ハズです。

人生の期限がわかれば、それより先の人生がないことを知った以上は、会社を辞めても、次の就職先が見つからなくて困ることはないし、家のローン返済のためにこれ以上お金を使えないなどと気にする必要もなくなります。

躊躇なく自分のやりたいことに向かって行動を起こせると思います。

「夢」には期限が設定されていません。

だから、人はつい自分の夢の実現を先延ばしにします。

「夢に期限を設定」すると「目標」になります。

期限があるから・・・人は目標を設定することで真剣になって動き出せます。

無期限であることは良いことでもあるのですが、逆に人の行動を本気にさせにくい/行動を起こさせない・・・という欠点もあると思います。

自分が持っている夢・商品券・現金などすべてのものに「自分なりの有効期限」を設けて、先延ばしにすることを止めてすぐに行動に移す・・・というパターンに持っていくと、人生はそこから大きく変化していくかもしれないですね。

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2021年7月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

注目のお勧め記事!

  1. 2016-12-25

    エジソンの電球発明に学ぶ裏の教訓

    エジソンの電球フィラメントの実験で、成功に至るまで1万回とも1千回とも失敗を繰り返した・・・という逸…
  2. 2016-9-28

    「やれたらやります/行けたら行きます」は禁句

    日本人ははっきり断ると角(かど)が立つような気がして、ついつい曖昧な返事をしてしまう・・・とよく言わ…
  3. 2018-4-6

    投資資金を区分けすることも大切です

    お金がある程度貯まってきたら、人はそれを使って「お金を増やしたい」と思い始めます。 お金を増や…
  4. 2017-4-5

    「間違わない」ことより「間違いに気づく」ことが大切です

    人は誰だって間違うときがあります。 完全完璧な人間なんていません。 大事なのは「間違った…
  5. 2017-4-14

    新規取引ではやはり過去の実績がモノを言います

    昔、私がまだ会社で仕事をしていた頃、ある会社の営業マンがやって来て「どうかうちの会社を使ってやってく…
  6. 2017-5-14

    事実と意見の違いに注意を!

    本を出版するときは必ず「プロフィール」を記載します。 これがけっこう曲者(くせもの)です。 …
  7. 2017-5-1

    【FX】投機の3段階とは?【株式】

    銀行預金の利息があまりに低い時代ですから、ただ銀行に預けていてもお金がどんどん増えることはありません…
  8. 2017-5-27

    「トラック・ランナー」と「マラソン・ランナー」の違い

    陸上の走者には大きく2通りあります。 一つは競技場の中のトラックを円を描くように走るトラック・…
  9. 2018-11-3

    サントリー2代目社長佐治敬三の戦略に学ぶ

    サントリーの創業社長「鳥井信次郎」の実の息子である敬三氏は母方の姓を継いで「佐治敬三」と名乗っていま…
  10. 2018-7-26

    月々9万円強で「1,000万円」を買う?

    不動産は高額なことが多いので、多くの人は「借金(融資)」をして買います。 仮に「1,000万円…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る