怪しい儲け話かどうかを見極める力を身に付ける

世の中にはいろんな「儲け話」が転がっていますが、中には詐欺話も多いので、十分に気をつける必要があります。

言えるのは「儲け話」が人を儲けさせたり豊かにしてくれるのではなく、「まともな話と怪しい話を見極める力」が人を豊かにしてくれる・・・ということです。

今日100万円を投資すれば「50年後」には2億円に増えています・・・と言っても、ほとんどの人は見向きもしません。

なぜなら、そんな遠い話には信憑性がない!と直感的に思い、また仮に本当であってもそこまで待つことはしたくない!と思うからです。

ところが、「6ヶ月で確実に資産が2倍に増えます」・・・と言われると、途端に食いつく人がでてきます。

なぜなら、こっちのほうが目先的(短期的)で、大いにお得感があるように感じられるからです。

また、半分ウソだろう?と思いつつも、もしも本当だったら損をする!というへんな強迫観念を抱くからかもしれません。

人は、長期よりも短期で儲かることを好み、「できるかもしれない」とボカシて言われるより「確実に儲かります」と断言されるほうを信じる傾向があります。

人間というのはそうした不思議な生き物だと思います。

ところが、お金持ちになったり経済的に自由になっていくのは、そうした人の性向の逆をいき、「長期」で考えたり「大儲けしなくてもコツコツと増やし続ければ良い」と考える人に多くあります。

そういう人は「怪しい儲け話」には興味を持ちません。

言い換えれば、いつも「人の裏の花山を目指して歩いていく」ようなものです。

経済的に自分の将来を明るくしたいなら、「まともな話」にだけ乗ってコツコツゆっくりと資産形成を図っていくほうがベターだと思います。

そして「怪しい話」と「まともな話」とを見極める力を持つことが大事だと思います。

 

ちなみに、冒頭で書いた「100万円の投資で50年後に2億円になる」・・・というのは、実は年間10%程度のリターンを毎年得られれば実現できる数字です。

つまり、100万円の貯金が50年後に2億円にまで膨れ上がっている・・・というのは、まんざらあり得ないことではなく(道は険しいかもしれませんが)、決して夢物語ではないことだと言えます。

言ってみれば「日本国内ではムリでも、海外であればそうした利殖は可能」なことだと思います。

そう考えると、面白いというか、世界は広いというか、まだまだ勉強する余地はいろいろあるものだ・・・と思います。

 

 

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2022年1月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

注目のお勧め記事!

  1. 2017-2-8

    お金の失敗を早く経験することも大切

    外国の子どもは「働かないとお金を手に入れられない」という発想が身についていると言われます。 そ…
  2. 2017-10-14

    年収ばかりを追い求めないで・・・

    人が幸せを感じる主な要因の一つに「お金(収入・貯金)の満足度」が挙げられます。 確かに、収入が…
  3. 2017-1-2

    【重要】自分の進むべき方向を探る10の質問【謹賀新年】

    2017年のスタートに当たってこんな問いかけを用意しました。 これらの質問に具体的に答えること…
  4. 2018-1-26

    1ヶ月「5万円収入増」の仕組みを作る方法とは?

    サラリーマンが給料を「月額5万円アップ」しようとしても、給料は自分の直接のコントロール下にないのでそ…
  5. 2020-1-11

    貯まらなければ「使う」ことはできない・・・

    何かを「使う(使用する)」という行為をするなら、大前提としてそこにその使うものが在る(存在している)…
  6. 2018-4-29

    なぜ「やってしまった後悔」のほうが良いとされるのか?

    後悔とは「結果」に対して抱く感情ではなくて、「プロセス」に対して抱く感情です。 そして、後悔に…
  7. 2016-12-7

    人事評価は達成率よりも「達成額」を重視するほうが大切

    会社内では、人によって目標が異なり、目指すゴールの難易度に差があります。 営業部で言えば、月間…
  8. 2018-8-19

    減点主義よりも加点主義の方針が良い!

    ゴールド免許は運転免許証の更新等をした時点において、過去5年以内に加点対象となる交通違反がない優良運…
  9. 2016-11-29

    「営業で断られる6つのパターン」を研究して売れる営業マンになろう!

    昔から一番ラクな営業は相手先任せで済んでしまうやり方で「待ちの営業」と言われています。 それを…
  10. 2021-6-26

    時代の変化に気づけるかどうか?

    かつてダーウィンが言った次の言葉は有名です。 「生き残るのは優秀なものでも強いものでもなく、変化に…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る