悪いことをしたなら、その分善いことをしよう!

悪いことをしても何とも思わない人がいます。
そういう人は「自分では悪いことをしたとは思っていない」のかもしれません。

一方で、律儀に「悪いことをした」と思っている人の中には、その自責の念が消えずにいつまでも残っている人がいます。

そういう人は、その後にちょっとでも良くないことが自分に起きると「やっぱり悪いことをすると、悪いことが自分に返ってくるものだな・・・」とムリに関連付けて思ったりします。

その人の性格・人格次第の話ですが、あまり自分で自分を責めるようなことをしないほうが、精神的な健康を維持しやすいと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

多少なりとも罪悪感を感じたとき、そこから2つの道に分かれます。

すぐに忘れて何も覚えていない人と、いつまでも覚えていて自責の念に囚われている人です。

この自責の念を強く持ち続けてしまう人は、悪いことをすると悪いことが返ってくる・・・と信じやすい人で、悪いことが自分に返ってくると解釈することで「自分で自分を罰している」のかもしれません。

大切なのは、良いことをした場合も同じように解釈をすることです。

つまり、良いことをしたと思ったときはその後に何か良いことがあったときに「これはあの時自分が良いことをしたことのお返しだな・・・」と自分に都合よく考えるということです。

ポジティブな感情をいつも持っていると、こうした発想ができます。

そうすることで心や体が軽くなったり、嬉しいとか楽しい、面白い!・・・といった感情になれるのならすごく良いことだと思います。

日々何か一つ良いことをする「一日一善」を心がけて、良いことと良いことを関連付けて発想する姿勢は大切ですね。

逆に、悪いことと悪いことを関連付けるのはあまりしないほうが得策です。

悪いことをしてはいけませんが、他人が気に留めていないようなことを自分で勝手に悪いことをした・・・と長く引きずって思い悩むことはかえってうまくないと思います。

サッサと忘れてしまったほうが良いでしょうね。

悪いことはしないのが一番、もしも悪いことをしたならその分を倍返しで良いことをするのが二番、そしていつまでも悪いことをしたと思い込まないことが三番・・・だと思います。

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2021年7月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

注目のお勧め記事!

  1. 2017-4-17

    経営者はブランド力を意識して経営を!

    よく「ブランド」という言葉を私たちは使いますが、その言葉の定義を求められるとなかなか即答できる人は少…
  2. 2016-12-25

    エジソンの電球発明に学ぶ裏の教訓

    エジソンの電球フィラメントの実験で、成功に至るまで1万回とも1千回とも失敗を繰り返した・・・という逸…
  3. 2017-2-26

    お金がない!と思ったら…(お金を自由に稼げる方法・仕組みを持っていますか?)

    「お金」を持っていないと悩んでいる人の本質的問題は、「お金がない」ことにあるのではなくて、「お金を得…
  4. 2017-6-2

    真剣と深刻の違い/真剣に考えると○○が出ます

    「真剣に考える」と「深刻に考える」とは意味合いが異なります。 人は未来に目を向けて肯定的に可能…
  5. 2019-1-29

    光あるところに「別の光」もある

    西暦1850年前後のアメリカ・カリフォルニアで広範囲にわたって金脈が発見されたため、一獲千金を狙って…
  6. 2018-11-11

    「安心できる借金」と「不安な借金」の違いとは?

    借金をすることで、人は長い時間を一気に駆け上って自分の欲求を満たすことが可能になります。 ただ…
  7. 2017-10-6

    去年よりは今年、今年よりは来年!毎年収入を増やす発想

    人は、お金の絶対額が同じでも上がってその金額になるのは嬉しく、下がってその金額になるのは悔しく感じる…
  8. 2021-6-26

    時代の変化に気づけるかどうか?

    かつてダーウィンが言った次の言葉は有名です。 「生き残るのは優秀なものでも強いものでもなく、変化に…
  9. 2018-6-7

    お金持ちが政権安定を望むわけとは?

    先日のニュースで、あるアンケート調査によると「富裕層ほど現政権の維持を望む声が多くなっている」・・・…
  10. 2019-4-8

    「理由」で動くことがナンセンスなわけ

    サラリーマンは「理由」で動き、ビジネスマンは「目的」で動きます。 理由というのは過去に紐づいた…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る