インチキセミナーで騙されてはいけない・・・

世の中には各種セミナーが存在していますが、中でも「ノウハウセミナー」への関心は強い傾向があるようです。

「ノウハウとは手段・方法」であり、得たい結果をすぐに求める人は多くいるのでそうした結果をすぐに導いてくれるノウハウを知りたい、身に付けたいと願う人がこぞって参加しようとしているのかもしれません。

ところが、そうしたノウハウセミナーは大きく2つのタイプに分けることができ、それは

1.実際に受講者がベネフィット(利潤等)を得られる

2.実は主催者側が(主に)ベネフィットを得られる

というものです。

一番良いのはその両方を満たすことですが、残念なことに今世の中で流行っているノウハウというのはすぐに廃れていく性質が強く、言ってみれば受講した後に実践しようとしたときはもう時代遅れとなりつつある・・・という恐れがあります。

セミナー講師が「今、これが流行っていますからこれでいきましょう!」なんて言っていても、もうそれは衰退期に入りつつある(もしくはとっくに衰退期に入っている)かもしれません。

セミナー開催側は受講料をもらったり商品販売で儲けたりしますが、受講者側は時代遅れのノウハウを引っ提げて市場に突入しても時すでに遅し・・・というパターンだってあり得るわけです。

過去に開催されたさまざまなセミナー群が今ではすっかりナリを潜めてしまっているのは、そのセミナー内容が時代遅れとなっていることに受講者側も気づいているからです(だから誰もお金を払わないから開催したくてもできない)。

主催者だけが儲かるようなセミナービジネスはアウト!です。

セミナーは受講者側にとっても便益(ベネフィット)があり、セミナー受講後に何らかの有効なことが起き得なければ本来意味がないことだと思います。

・・・・・・・・・・・・・

詐欺師や洗脳者が行なうテクニックとしてこんなことが挙げられます。

1.情報遮断

2.即断即決

詐欺師や人を洗脳しようとする者は、対象者が他と人と話をしたり接点をもつことを極端に妨害します。

家族に相談されたら「詐欺であること/洗脳であること」がバレルからです。

だから情報遮断して外部との接点を断ち、また、そうする時間を与えないためにもその場で即断即決することを半ば強制します。

他の情報がない中で詐欺師からだけの情報だけをもとに極端に短い時間内で決断をさせられると、まともな人であっても誤ります(通常であれば決してしなかった判断をしてしまいます)。

そして、人はいったん自分が下した決断はたとえ不利な条件が後から出てきてもそれを認めようとせず最初の決断が正しいと思いこむクセがあります。

自己防衛の感情(自分が間違った決断をしたとは認めたくない気持ち)が働くからです。

→ そこでこんなことが言えると思います。

詐欺師・洗脳者がやっていることの逆をすれば、判断ミスの多くは防ぐことができる・・・。

まずは決断をするまでの時間をたくさんとり、その間に多くの情報を得て多方面から検討して判断が近視眼的にならないようにする・・・というわけです。

そうすれば多くの判断ミスは防げると思います。

情報遮断と即断即決を避けて判断(適切な決断)をする習慣を身につけることは大事なことだと思います。

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2022年8月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

注目のお勧め記事!

  1. 2019-10-18

    小さな一歩が長い道のりを歩ませてくれることに

    今の世の中は通称「ゼロ金利/マイナス金利」の時代です。 マイナス金利というのは、明治・大正…
  2. 2019-5-22

    リタイアするときまでに、その後の「主となる収入源」を確保しておく

    政府は「生涯現役」を掲げ、現状の公的年金の支給開始年齢を65歳から70歳に引き上げようと画策している…
  3. 2020-12-20

    使えばなくなる現金、お金を生み出す資産

    一般的に、公務員の給料日は毎月20日、民間サラリーマンの場合は25日や30日、中でも中小企業の場合は…
  4. 2017-7-16

    太宰春台の『産語』に学ぶリーダーの姿勢

    江戸時代中期の儒学者「太宰春台(だざい しゅんだい)」の著書『産語』にこんな話があります。 あ…
  5. 2020-6-1

    「投資」に対してポジティブなイメージを持とう!

    お金に関するトラブルは後を絶たず、世間では「株式の売買で損をした」・・・「FXで貯金をすっからかんに…
  6. 2017-3-9

    歳をとるほどに若者と話すときの留意点とは?

    同じ家に住む家族であっても、親と子どもの見ている視界は別々です。 子どもが小さい頃には、親は子…
  7. 2018-5-20

    【炎上防止策】文章を書くときは論理性多め・感情論少なめ

    私は学術論文は苦手です。読んでいてすぐに飽きますし、意味が分かりづらいからです。 論理ばかりで…
  8. 2016-12-30

    重要なことには「長期」かつ「面倒」なものが多い

    人間にとって最重要なことは、「健康的に永く生きる」だと思います。 ところが、永く生きるには何か…
  9. 2017-10-7

    新規ビジネスのチャンスを見つけるヒント=「不」の効用

    ビジネスは「まず顧客ありき」で、「顧客=需要」が必要です。 その需要を見つめるためのヒント、す…
  10. 2020-6-20

    【重要】自分で老後の生活資金を確保しなければいけない時代

    これまで政府が「安心、安心」と言ってきた公的年金制度は、まあ崩壊することが仮にないとしても、老後の生…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る