もしあなたが金槌(カナヅチ)しか持っていなければ・・・

アブラハム・マズローの言葉に、こんなのがあります。

「もしあなたが金槌(カナヅチ)しか持っていなければ、全ての問題は釘(クギ)に見えるだろう」

意味はこうです。

何かの問題解決に迫られたとき、経済学者であれば経済の観点で解決糸口を見出し、教育者であれば教育的な見地で目をつけ、IT技術者ならばIT技術で解決を図ろうとする・・・つまりは自分の持っている「最も使いやすく手近な道具」を使って解決する傾向が強い、ということです。

経営で言えば、会計士は財務戦略が大事だと言い、人事コンサルタントは人事制度が大事だと言い、営業コンサルタントは売上を伸ばすことが大事だというようなもので、みんな自分の得意分野の色メガネをかけてモノを見ようとします。

もちろん自分の未知の分野で解決を図るよりも、よく知っている得意分野で問題を解決しようとするのは当たり前のことで、別に悪いことではないと思います。

ただ、頭が痛いといって内科を受診したらそこでは当然内科医が診断して、内科医の見立てで診療されるわけですが、もしかしたら原因は「歯」にあるのかもしれないし、脳に重篤な原因があるのかもしれませんし、神経にかかわることが原因かもしれません。

医療機関はそれぞれ分かれているので、それぞれ自分の専門分野で診療しますか、なかなか越すに越せない限界があるのかもしれません。

そこを見極めることが必要なのですが、それを自分自身で行うことはちょっと難しいものがあります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

もし自分の手元に金槌(カナヅチ)しかなければまずは金槌で解決しようとするものですが、早い段階でその限界に気づき、より適切な処置・処方を講じることが大切です。

お金の問題も、持っている処方箋が限られていることが多いので、誰かに相談することが大事です。

会社でも、サラリーマンは問題発生時に自分だけで解決しようとすると、手持ちの情報、道具、手段が限られていて間違った方向に進んでしまう恐れがあります。

早く上司にトスして、組織で解決策を練ることが必要です。

手にした金槌で解決できる問題なのか、金槌を別の道具に持ち替えて解決するべき問題なのか・・・?

大局的な見地から全体を広く視て、適切なプロセスを歩めるように指示できる人・・・それがリーダーのあるべき姿の一つだと思います。

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2021年1月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

注目のお勧め記事!

  1. 2017-1-15

    私が大切にしている「人生変化プロセス論」

    私は幼い頃、前ばかりを見ていたので過去を振り返る事はほとんどありませんでした。 少し成長すると…
  2. 2018-10-17

    【必読】収入を2倍から10倍にする方法

    サラリーマンが今の自分の収入=給料を2倍にする・・・としたなら、どんなアイデアが考えられるか? …
  3. 2017-11-1

    一流は「間(ま)」を縮める努力をしている

    毎日何かを連続してやっていると、次の日は「前回(前日)の終わり」からスタートできます。 ところ…
  4. 2018-7-31

    【注意】税金は忘れたころにやってくる

    消費税は、何かを購入したときに商品価格と付随して一緒に支払いますから「支払い忘れ」という概念が基本的…
  5. 2019-3-3

    お客さまと接する社員は末端社員ではない

    どんな会社・お店でも、現場の最先端でお客さまに直接サービスを提供しているのは、会社のトップ(社長)で…
  6. 2018-7-14

    『太陽の塔』と岡本太郎の言葉

    2025年に開催される万国博覧会の開催地がどこになるのか?が注目されています。 日本では、大阪…
  7. 2018-9-9

    副業が「原則自由」の注意点

    今や副業は「原則禁止」から「原則自由」に変わってきている時代です。 たった2文字の違いですが、…
  8. 2020-2-12

    営業でサーヴェイするときに有効な3つの魔法の言葉

    営業活動で、自社商品の説明をひたすら行おう・・・とする人がいます。 もちろん、それがないと営業…
  9. 2018-7-26

    月々9万円強で「1,000万円」を買う?

    不動産は高額なことが多いので、多くの人は「借金(融資)」をして買います。 仮に「1,000万円…
  10. 2019-8-19

    「お金持ちは悪いヤツ」という洗脳?

    日本人はどちらかというと「お金=汚いもの、お金持ち=悪人」・・・といったイメージを持つ人が多いとよく…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る