賣買(=売買)とは?

サラリーマンの中には「会社が大きい=成功している=将来も安泰だ」・・・と20世紀的な考え方をしている人がまだたくさんいるかもしれません。

確かに20世紀はその考え方が正解だったと思いますが、21世紀~にかけてこの考え方は覆されてきています。

大きな会社・・・上場企業でも、倒産に追い込まれた会社はいくつもあります。

・・・・・・・・・・・・・・・・

今の時代、インターネットで検索すると値段だけならどこの店が一番安いかがわかります。

客はどうせわからないだろう・・・と言って、やたら利益を乗せて大きく儲けようとしてもすぐに見抜かれてしまいます。

キチンとお客さまを心から満足させ、その対価として代金をいただく・・・という考え方が大事であり、儲け幅がある程度適正だ・・・と思われるようでなければいけないでしょうね。

会社の利益額が多い・・・というのは、その会社を業績面だけで評価するならすばらしいことなのですが、社会的に見たなら利益幅が多ければ多いほどお客さまから余計にふんだくっている・・・とも解釈できます。

・・・・・・・・・・・・・・・・

適正な利益率がいくらか?と言っても決まり事やルールがあるわけではないので、経営者が好きなように価格を設定して構わないのが一応の原則です。

ただ、あえて言うなら、昔からビジネスの基本である売買は「賣買」と漢字で書きました。

「賣」という漢字は分解すると「+ 一 買」です。

つまり、「買に1を+している文字」です。

⇒ お客さまが買ったときに、一割の儲けが上乗せされて「売」られている・・・と解釈できます。

つまり「儲けは一割」ということです。

これには、ある意味ではこじつけの話で、別に法的な縛りも根拠も何もありません。

でも、10%の儲け(利益)というのはまあ社会通念上多すぎることもないし、少なすぎることもないと思います。

そういう意味では、原則として利益率10%を一つの目安にしてみるのも手だと思います(利益率と言っても、営業利益なのか、経常利益なのか、税引き後利益なのか?という経営判断も必要です)。

いずれにしても、適正な利益を長く、継続して、計上し続けていく経営が大事ですね。

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2020年11月
« 10月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

注目のお勧め記事!

  1. 2020-2-6

    話題がいつも「お金で買えるもの」の人/「お金で買えないもの」の人

    よく言われるように、人生では「お金で買えるもの」と「お金では買えないもの」があります。 &nb…
  2. 2017-10-7

    新規ビジネスのチャンスを見つけるヒント=「不」の効用

    ビジネスは「まず顧客ありき」で、「顧客=需要」が必要です。 その需要を見つめるためのヒント、す…
  3. 2017-1-25

    【注意!】「リボ払い」の怖いところ

    クレジットカードで買い物をするときは、「一括払い」が大原則です。 お金の教養のある人は、間違っ…
  4. 2018-7-28

    【保存版】不動産を相続した後で留意しておくべき事

    世間では「相続で不動産を手に入れた」という人もいると思います。 その不動産が「自分が居住する家…
  5. 2017-4-17

    経営者はブランド力を意識して経営を!

    よく「ブランド」という言葉を私たちは使いますが、その言葉の定義を求められるとなかなか即答できる人は少…
  6. 2019-3-21

    転職後に留意すべき3つのこと

    会社を辞めて別の会社に転職することは、今では決して珍しいことではなくなりました。 私が転職…
  7. 2016-9-28

    「やれたらやります/行けたら行きます」は禁句

    日本人ははっきり断ると角(かど)が立つような気がして、ついつい曖昧な返事をしてしまう・・・とよく言わ…
  8. 2020-1-11

    貯まらなければ「使う」ことはできない・・・

    何かを「使う(使用する)」という行為をするなら、大前提としてそこにその使うものが在る(存在している)…
  9. 2017-11-1

    一流は「間(ま)」を縮める努力をしている

    毎日何かを連続してやっていると、次の日は「前回(前日)の終わり」からスタートできます。 ところ…
  10. 2019-8-19

    「お金持ちは悪いヤツ」という洗脳?

    日本人はどちらかというと「お金=汚いもの、お金持ち=悪人」・・・といったイメージを持つ人が多いとよく…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る