リアル店舗に将来性はある?

お店を持っているといろんな経費がかかります。

場所代はもちろんですし、人件費が一番必要な経費だと思います(あと、電気代なども)。

そうした「リアル店舗」に対していわゆる「ネットショップ」だと、かなりの経費を削減することが可能です。

それによって、当然リアル店舗よりも商品価格を安くしてもビジネスを成り立たせることができます。

消費者の立場で言うと、ネットショップで買うほうがリアル店舗で商品を買うよりも安く買える・・・ということになります。

商品が人的資源による「サービス」であれば、それは個々人によってやはり「差」がありますからリアル店舗で実物を見て良し悪し等を判断することが大切にもなりますが、工場で生産された既製品であればどこのお店で購入しても商品自体に差はありません。

同じモノなら「安くて自宅まで配送してくれる」ものを選択する=ネットショップで購入する・・・というのは合理的な行為です。

・・・とは言っても、一応実物を手にとって確認したうえで商品を買いたい、という人がいるのも頷けます。

そこで、商品を路面店/百貨店などで確認して、そのうえでネットを利用して一番安い店を調べてネットショッピングをする・・・そんな流れが本当に広まってきているように思います。

たとえば、本屋でパラパラと立ち読みをしていたらたまたま良さような本を見つけた・・・その場でスマホを使ってAmazonのページを立ち上げてネットを通して購入する・・・ということが言われて久しいです。

1円でも安く既製品を買うなら「ネットで最安値を探す」という手間をかけるだけで、その手間ひまを惜しまなければ簡単に安く買えます。

そんな習慣を身に付けた若い世代が徐々に大人になってきています。

言ってみれば、「一般のお店がショールームとして利用され、消費者はネットを通して別の店でその商品を買っている」・・・ということが常態化しているわけです。

「一般のお店がショールームをして利用されている」・・・というのでは、そこの店主(経営者)はたまったものではありません。

難点は「その場で手に入れることができない=時間益ロスが生じること」ですが、それさえ我慢できれば得に問題ありませんし、その場では衝動的につい買ってしまったものの、後で興ざめして欲しいという欲が減退したときにネットの購入ならキャンセルもできます。

「欲しい→買う→実際に手に入れる」という流れで、時間のクッションをあえておくことで「欲しい→買う→キャンセル(=実際に手に入れない)」という流れを起こせるのも、ネットを通して購入することのメリットなのかもしれません。

リアル店舗で既成の商品を販売している経営者は「価格差」と「自宅へ配送」という点ではネット店舗と勝負をせずに、別の観点でメリットを感じてもらえるように仕掛けていかないと将来性が先細っていくかもしれません。

時代は徐々に…でも確実に変化していますから、そうした感性を持ち「変化に対応する」姿勢を持つことが改めて必要だな・・・と思います。

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2020年12月
« 11月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

注目のお勧め記事!

  1. 2018-7-26

    月々9万円強で「1,000万円」を買う?

    不動産は高額なことが多いので、多くの人は「借金(融資)」をして買います。 仮に「1,000万円…
  2. 2016-12-25

    エジソンの電球発明に学ぶ裏の教訓

    エジソンの電球フィラメントの実験で、成功に至るまで1万回とも1千回とも失敗を繰り返した・・・という逸…
  3. 2017-12-16

    出来事は一つ、人生はそのとらえ方次第です

    たった1つの失敗で自信を喪失した人は、その出来事を「人生最悪の過去」と記憶しているかもしれません。 …
  4. 2018-8-20

    新社会人に必要な「多岐亡羊(たきぼうよう)」とは?

    クイズやレジャー施設にある「迷路」というのは、「入口は一つ、出口も一つ、でもその途中経路は複雑でいく…
  5. 2017-3-9

    歳をとるほどに若者と話すときの留意点とは?

    同じ家に住む家族であっても、親と子どもの見ている視界は別々です。 子どもが小さい頃には、親は子…
  6. 2019-5-22

    リタイアするときまでに、その後の「主となる収入源」を確保しておく

    政府は「生涯現役」を掲げ、現状の公的年金の支給開始年齢を65歳から70歳に引き上げようと画策している…
  7. 2019-3-3

    お客さまと接する社員は末端社員ではない

    どんな会社・お店でも、現場の最先端でお客さまに直接サービスを提供しているのは、会社のトップ(社長)で…
  8. 2018-2-15

    【確定申告】あなたの「本業」は自分で決められる!

    確定申告の時期になってきました。 雇用されて働くサラリーマンのほとんどは確定申告と無縁ですが、…
  9. 2018-7-4

    自己管理能力を磨こう!

    エルバート・ハバードという人が自己管理能力についてこう言っています。 あなたが「やるべきこと」…
  10. 2019-6-24

    経営者/リーダー/マネージャーの違い

    経営者もリーダーも時には同じ意味で用いられることが多いですが、会社組織の中で、あえてそれを分けて考え…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る