経営者の一番のストレスとは?

経営者の最大の悩みは詰まるところ「会社の存亡」です。つまり、「倒産への恐怖・不安」です。

そして、その直接の材料となるのが「お金の有無」です。

別の言葉では「利益」とか「黒字」とか「儲け」とか「資金」と言い換えれます。

そして、これらはすべて「人間」が携わって発生する現象です。

そういう意味では、経営者がある程度「お金」と「人間」のことについて理解・造詣が深くなければその経営は危ういと思います。

経営者は「お金と人間の学習」を欠かしてはいけないということです。

百歩譲って経営者の傍に「お金」と「人間」について良識のある人財がついていてくれれば、まあ何とかなるとは思います。

ただし、それでもやはり経営をする上でお金・人間について理解が乏しい経営者だとすれば、そもそも経済市場というフィールドに出てはいけないですし、常にストレスを抱えて何もできなくなる恐れがあるのでキケンだと思います。

単にお金を稼ごう! というだけで経営者になっているとしたら、起業後が続かなかったり、多少ブームに乗れたとしてもその後に困ったことが起きてしまう・・・のが現状だと思います。

そして、困ったことが起きるとそこに必ずストレスが発生します。

会社倒産の状況に追い込まれて平気な精神状態でいられる人はそうはいないと思います。

特に従業員を抱えて「企業」として経営をしている人ほどストレスは強く溜まります。

そういう意味では経営者自身のストレス耐性を強くすることよりも、会社存続の危機を迎えないような「先見力」「経営力」を身につけることのほうが大事だと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

もしもストレス耐性を強くするなら、目を向けるべきことは気持ちを強くするとかモチベーションを強化することなどではなくて、財務等の知識を身につけるとか人間の心理・行動心理について学習するといったことのほうでしょうね。

精神を鍛えうるよりも会社が倒産しないように経営を導ける知識や知恵を身につけるほうがよっぽど効果的です。

そして、今の自分のポストに安住して満足しているだけではいけませんね。

なぜなら、そうした学習の中身は時代とともに移り変わっていくものなので、経営者も常に学び続けていなければ(=成長し続けていなければ)会社を経営する資格がない!・・・と言えるからです。

一人経営なら自分だけの食い扶持ですが、企業として他人を雇用して経営している経営者は、その社員を含めた社員家族の生活の責任をも背負っているようなものです。

そのストレスに耐性を持てるような経営力を身につけ、発揮することが大切ですね。

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2021年4月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

注目のお勧め記事!

  1. 2020-12-16

    自分の手持ち現金・資産は確実に増えているのだろうか?

    人は成人してお金を自分の力で得るようになります。 ビジネスを行なってゼロか…
  2. 2021-3-15

    ウサギの目からカメの目に変えよう!

    寓話「ウサギとカメ」の話は誰でも知っていると思います。 実はこの寓話にはい…
  3. 2018-8-3

    トイレのハンドドライヤーとビジネスチャンス

    最近思うのは、どこのトイレに行っても紙タオルを置いているところは減ってきていて、むしろハンドドライヤ…
  4. 2018-5-26

    自主練・自主トレをやっていますか?

    相撲でも、プロ野球でも、サッカーでも、面白いことに「シーズンオンとシーズンオフ」の概念があります。 …
  5. 2019-1-29

    光あるところに「別の光」もある

    西暦1850年前後のアメリカ・カリフォルニアで広範囲にわたって金脈が発見されたため、一獲千金を狙って…
  6. 2018-1-4

    1億円のイメージを具現化してみる

    多くのサラリーマンアは、今より給料がアップして年収が増えたらいいなあ・・・と思っています。 そ…
  7. 2019-12-12

    目に見えない妄想にいつまでも囚われてはいけない

    一休さんのとんち話はいろいろありますが、その中の一つにこんなのがあります。 あるとき、一休…
  8. 2018-1-18

    「5W2H」が「6:1」に分かれる理由とは?

    ビジネスでは「5W2H」を意識することが大切です。 When  いつ? Where  ど…
  9. 2017-11-20

    成功者に教えを請う方法(相手を気持ち良くさせる言葉)

    ビジネスにおいて、他者と協調し、お互いに切磋琢磨して高めあっていく姿勢は大切です。 中でも、明…
  10. 2017-3-28

    若いときほど、金融商品よりも自分への投資を!

    金融商品に投資をして「お金に働いてもらう/お金がお金を生み出す」・・・ということを実践することは大切…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る