他者に良く見られたい→6Sの徹底

テレビに出てくる芸能人は基本的にみなさんカッコいいし、キレイだし、華やかで美しいと思います。

実体がどうであれ、少なくともテレビ映りが良くなるように自分でも演出しているでしょうし、衣装や肌や髪形などは専門のメイク担当さんが調整してくれます。

芸能人は人気が大切ですから、テレビを見ている人によく思われたい・・・という欲求がありますし、それは普通の人でもおしなべて誰でも持っているものだと思います。

つまり、人は他者に良く見られたい(=魅られたい)と思っているということです。

実際、他者から普段注目されている人とそうでない人がるとき、やはり前者のほうが容姿が清潔でキレイで美しくなっていくと言われます。

日中フルで働いている人、たまに働く人、まったく働かずに家でゴロゴロしている人では、他者に見られる機会がまったく違いますから、やはりフルで働く人のほうが意識としては「他人によく見られたい」と思うので、見栄えが普段から整ってくると思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

同じことを人ではなく法人(会社)に当てはめて考えると、同様のことが言えると思います。

つまり、どんな経営者も自分の会社をよく見られたい・・・良く見せたい・・・と思うものです。

経営者に限らず、一般社員も自分の会社や自分の職場を他人から悪く思われるよりはよく思われたいものです。

そこに目をつけた経営者の中には「職場見学日」という社内イベントを設けていた人もいました。

社員の家族を招待して、お父さん・お母さんの普段働いている職場・会社を子どもや家族に見学してもらおう・・・というものです。

「よく見られたい、魅せたい」ということから社員の士気を高めるということが目的でしたが、実際これをやることで職場をキレイにするとか、整理整頓するとか、よく魅せるためにみんながそういう行動をとるようになり、業務効率も上がったと聞きます。

さらに、これをヒントにして業績の良い会社では他社に自社の職場を見学することを許可したり、むしろ積極的に工場・オフィスなどの職場見学会を開いて見せているところもあります。

そうやって他者に見られると、見られても恥ずかしくないように・・・と社員はますますキレイにしたり整理整頓を行うようになります。

業績が良いから他者が見学に訪れるのか、それとも他者が見学に来るから業績が良くなるのか・・・?

互いに相乗効果があると思います。

整理整頓やキレイに清掃片づけをすることは6Sの一部です。

「6S」とは…
整理・整頓・掃除・清潔・躾・作法。
全部サ行(S)が言葉に入っているので、6S。

整理・・・要らないものを捨てること
整頓・・・あるべきところに置くこと
掃除・・・チリ・ホコリ・ゴミを取り除くこと
清潔・・・不快なにおいの素を断つこと
躾 ・・・決まりごとを守る意識と行動
作法・・・美しいとされる型

『6Sとは』(過去ブログ)
→ http://ameblo.jp/superameba/entry-11202332191.html

6Sを社内で徹底させることは、リーダーにとって大切なことの一つだと思います。

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2021年3月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

注目のお勧め記事!

  1. 2017-9-27

    欲しいモノがあるのに、お金がないとしたら・・・

    何か(商品・サービス)を欲しいなら、お金を出して購入すれば誰でも手に入れることができます。 と…
  2. 2019-1-20

    アメリカでは自己破産しても再起可能ですが…

    トランプ大統領は過去にカジノ・リゾート事業を経営する会社を4度も倒産させているそうです。最初の倒産は…
  3. 2016-12-25

    エジソンの電球発明に学ぶ裏の教訓

    エジソンの電球フィラメントの実験で、成功に至るまで1万回とも1千回とも失敗を繰り返した・・・という逸…
  4. 2016-9-28

    「やれたらやります/行けたら行きます」は禁句

    日本人ははっきり断ると角(かど)が立つような気がして、ついつい曖昧な返事をしてしまう・・・とよく言わ…
  5. 2019-4-26

    不動産投資を始めてみよう!

    不動産投資というと、バブル期に盛んに行われていたような「物件の値上がり益を狙って転売による儲け」をイ…
  6. 2018-6-11

    【注意】無用なアドバイスは価値観の押し付けになる

    人は他人に何かを教えてあげたり、アドバイスをすることに喜びを感じます。 アドバイスできるのは、…
  7. 2019-7-18

    中国人はなぜ加速的に裕福になったのか?

    かつて、「労働賃金が安い」という理由で工場を中国に作ってビジネスを展開してきた企業も、今では「中国の…
  8. 2019-4-6

    企業も人も「長期目線」を持ち「利益を蓄積する姿勢」が大切です

    中途採用社員の中には、入社早々野心丸出しで、会社を自分の手で変えようと意気込む人がいます。 中…
  9. 2017-5-27

    「トラック・ランナー」と「マラソン・ランナー」の違い

    陸上の走者には大きく2通りあります。 一つは競技場の中のトラックを円を描くように走るトラック・…
  10. 2020-6-1

    「投資」に対してポジティブなイメージを持とう!

    お金に関するトラブルは後を絶たず、世間では「株式の売買で損をした」・・・「FXで貯金をすっからかんに…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る