サッカー的就労と野球的就労

今や「雇用」が就労の最大要因ではなくなる時代に傾きつつあると思いますが、まだ少し「雇用」を注視する必要はあると思います。

 

雇用を計る指標と言えば失業率です。

失業率が低いことは経済活性化の必要要件です。

政治が行なうべきことの一つは間違いなく「職をつくり出すこと/職を創り出せる環境を整えること」だと思います。

 

なぜなら、雇用され働く人が多いほどに安定した「税収入」が見込めるからです。

 

国の財源の元になるのは「税金」であり、本来は税金なくして国の財政は成り立ちません。

 

また、失業率が下がって雇用の確保が高い水準で維持できていれば、仮にインフレになってもあまり問題になりません。

 

高い雇用状態はインフレもデフレも関係なくすべてを凌駕するからです。

 

・・・・・・・・・

一般的に、生産性を低くさせる要因の最大のワナは「長時間労働」だと言われます。

 

目先的、刹那的には「働けば働くほど生産量は上がります」が、中長期的にみればそれは労働者の健康を害し、効率を下げることになり、その結果、生産性は低くなります。

 

ダラダラと無意味な残業でお茶を濁すような働き方をするよりも、時間がきたらハイお終い!といった働き方のほうが長い目で見れば良いと思います。

 

スポーツで言えばサッカーやラグビーやバスケットボール的な労働です。

 

試合終了のホイッスルが鳴ったら、そこで終わりにする・・・ということです。

 

これと反対なのが野球的な働き方です。

 

決着するまでゲームを延長して行なうやり方で、いつになったら終わるのか誰ににもわかりませんし、今日はそれで良くても結局次の日に体調を崩し、かえって生産性を低くしてしまいかねません。

 

連続した生産を前提とするなら「サッカー的就労」、単発的な生産を前提とするなら「野球的就労」が合うと思います。

 

ゲーム終了のホイッスルが鳴ったら終わり・・・とすれば、働く人もその後の予定が立ちやすいし、物事を整理して考えやすいハズです。

 

このスタイルで働く人は、ほとんど残業をすることがなく、自分の時間を有意義に過ごせていると思います。

 

どちらも前提によって良し悪しが変わるものですが、大事なのはその前提を踏まえているかどうか?・・・にあると思います。

 

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2022年9月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

注目のお勧め記事!

  1. 2017-4-14

    新規取引ではやはり過去の実績がモノを言います

    昔、私がまだ会社で仕事をしていた頃、ある会社の営業マンがやって来て「どうかうちの会社を使ってやってく…
  2. 2017-2-3

    経済的自由を得るには?

    普通の一般的な人が「経済的自由を得たい!」と思うなら、経済的自由を得るためのレールに乗ることが大事で…
  3. 2018-2-27

    サスケ!お前を斬る!光あるところに影がある・・・

    昔の忍者マンガに「サスケ」というのがあります。 テレビでは冒頭で「光あるところに影がある・・・…
  4. 2016-10-12

    権利収入の一つ、継続課金制度を導入しているか?

    電気・ガス・水道・電話の「基本料金」と呼ばれるものは、それを使おうと使わなかろうと関係なく毎月継続的…
  5. 2019-5-31

    投資を自分の人生に組み入れよう!

    普通の企業では、いわゆる「投資活動」がごく当たり前に行なわれていて、これなくして企業の存続/成長発展…
  6. 2018-1-15

    楽しいからラク⇄ラクだから楽しい

    漢字で書くと「楽しい」も「ラク」も「楽」という字ですが、楽しいとラクはちょっと違います。 楽し…
  7. 2019-4-2

    企業を選ぶ際の「生きがいと働きがい」

    今の時期、大学新4年生は翌年の就職に向けて企業の会社説明会に数多く参加します。 それぞれの企業…
  8. 2017-1-8

    連合の神津会長/頑張れば賃金上がるという常識

    2017年の春闘について「連合」の神津会長はNHKのインタビューで「頑張れば賃金が上がるという常識を…
  9. 2018-3-11

    【重要】税金を払ってから資産を買うか、資産を買ってから税金を払うか?

    昔、不動産投資を勉強し始めたころに「目からウロコが落ちた学び」がいくつもありました。 そのうち…
  10. 2018-6-16

    フォード車はなぜ黒色が多かったのか?

    「自動車の育ての親」とされるアメリカのヘンリー・フォードは実際に自動車を発明したわけではありません。…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る