起業時は「無償で仕事を請け負う」ことも重要です

人には、誰でも「初めて!」というタイミングがあります。

 

ビジネスでも同様で、ビジネスでは必ず「お客さま第一号」という人が存在しています。

 

そのお客さま第一号を獲得するまでが大変です。

 

何しろ、初めてのビジネスで何もかもがゼロからのスタートなのですから、暗中模索の状態が最初は続くのが普通です。

 

加えて「実績なし」という足枷があると、下手すればタートすら切ることができていない状態と言えるかもしれません。

 

そういうジレンマに陥る人は、特に「士業」関係やコンサルタント業、セミナー講師業などに多いような気がします。

 

コンサルタント業、コーチング業、建築業・・・などを起業した当初はたいていこの「落とし穴」が待ち受けています。

 

難なく乗り越えていける起業家もいれば、時間をやたら食ってしまって、苦しみ悩む起業家もいるわけです。

 

一度この深みにはまってしまうと、なかなか這い出すことは難しかったりします。

 

この「実績がないから注文を取れない/依頼が入らない」という壁はけっこう強大です。

 

上記のような職種だと、お客さまのほうから、「失礼ですがどんな実績がありますか?」
という確認のサインが放たれます。

そこで、実績が何もなければ話は終了・・・です。

 

この問題をクリアするコツはこうです。

 

1.まずは,無償で何か仕事をさせてもらう

2.その評判を公開することを了解してもらう

3.お客さまの声/実績として残す

 

最初は、無償奉仕をする覚悟が必要です。

 

それは、目先的には「無償奉仕」ですが、中期的には「新顧客を獲得するための経費」だと思えば良いだけのことです。

 

そして、そこで,経験を積み、スキルを高め、実績をたくさん残していくことで、やがては「単価アップ」につなげることも可能です。

 

言わば、「損して得とれ」作戦です。

 

無償でもいいので仕事をもらって実績を残し、公開できるようになると、その後の仕事のしやすさがまったく変わってきます。

 

この実績があるからこそ、後々に大きく跳ね返ってくるわけです。

今だけを見て一喜一憂するのではなく、今の行動が未来にどんな影響を及ぼすのか?・・・・・・今どんなタネを植えて将来はどんな花を咲かせるのか?・・・・・・を考えることが大切です。

 

起業時は「無償で仕事を請け負う」ことも前提に起業戦略を組むことが重要だと思います。

 

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2021年6月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

注目のお勧め記事!

  1. 2018-12-24

    「宝探しゲーム」と「人生成功の本質」

    子どもが小さい頃、宝探しゲームをやりました。やり方は簡単です。 親が家の中に子どもが喜びそうな…
  2. 2017-6-25

    利己主義の人の発想にはついていけませんね

    利己主義の人は、「自分さえ良ければいい」という発想をします。 他人のことを何も考えないのは一見…
  3. 2017-10-2

    就労収入から権利収入へ

    収入には大きく分けて2通りあります。 1つは自分の身体を労働させてお金を得るという「就労収入」…
  4. 2020-3-21

    連れ安(もらい事故)で株価を下げている会社(銘柄)を見つける

    このブログは具体的な株式銘柄を紹介するものではないし、本来、私は「株式投機」をおススメしていませんの…
  5. 2019-7-9

    「危ないこと」と「怖いこと」と「勇気」

    「投資」は危ない・・・怖い・・・と言う人がいます。 年齢にもよりますが、「危ないことには近…
  6. 2019-3-3

    お客さまと接する社員は末端社員ではない

    どんな会社・お店でも、現場の最先端でお客さまに直接サービスを提供しているのは、会社のトップ(社長)で…
  7. 2018-5-23

    「強制貯金をすること」の隠された意義とは?

    投資をするには、軍資金として500万円とか1000万円といった元金が無いよりもあったほうがベターです…
  8. 2016-9-1

    オリンピック選手が今持つべき「人生観」

    8月はオリンピックもあって世界中がいろいろ盛り上がったことかと思いますが、日本では9月になれば新学期…
  9. 2017-12-20

    仕事とプライベートの時間の違い

    仕事とプライベートの時間の過ごし方にはいくつもの違いがありますが、そのうちの一つがこうです。 …
  10. 2017-9-15

    【注意!】お金を貯めたくても貯められない人の共通点

    サラリーマンをお金を貯められる人と貯められない人を分けたとき、最初からお金を貯めるつもりがない人は別…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る