ソリューションという言い方をする人が多いので聞いてみたら・・・

会社勤めをしていたころ、よく外部から営業をかけられて「ぜひお会いしたい・・・話だけでも聞いてほしい・・・」といったことがありました。

一般的に、ある一定の役職についている人はそうした営業には目もくれず、すべてお断りとか部下に任せている人が多いと思いますが、私は月に1週間だけ「今週は外部からの営業に会ってみてもいい」という週を設け、外の空気を吸う機会を設けていました。

なぜなら、いつもシャットアウトして外部との触れ合いをゼロにしていたら、朽ちて腐っていく組織になりかねないからです。

さて、そうしたときある時期だけ突出して「ソリューション」という言い方をする人が多い時期がありました。

なぜだかはよくわかりませんが、おそらくそのころにどこかでその言葉が取り上げられて、みんな使うようになっていたんだと思います。

ここで大事なのは、使うのはいいのですが「言葉の意味・定義をはっきりさせる」ということです。

試しにあるとき聞いてみました。

「ところで、この 『ソリューション』って何ですか?」・・・と。

ほぼ100%の割合で、明確に答えられた人はいなかったですね。

「解決という意味です」・・・とまでは答えられた人はいましたが、「普通の解決とはどう違うのですか?」と聞くと、もうお手上げです。

ビジネスでは、いたづらにカタカナ言葉を多用して相手を煙(けむ)に巻くようなやり方はうまくないと思います。

むしろ、難しいことを易しい言葉に換えてよりわかりやすく説明することが大事です。

カタカナ言葉を使えばパンフレットはカッコいいのですが、本質を的確についてくれなければ宝の持ち腐れです。

ちなみに、私の考えるソリューションはこうです。

「(ソリューションはもともと溶解という意味なので・・・)ある問題をいったん全体的に溶かし大元の原因を探求し、そこから根本的な問題解決を図る」ということ。

組織運営でも、日本語であれ外来語であれ、言葉の意味をお互いに共通化したうえで会話を進めることが重要です。

まして営業活動では、対顧客に対して理解できない言葉を連発するような手法はうまくありません。

表面的に何となくカッコつけるより、地に足をつけた営業活動のほうが大切だと思います。

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2021年10月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

注目のお勧め記事!

  1. 2018-5-1

    【注意】三流社員で満足してはいけない

    新入社員は早く「一人前」になることを求められ、本人もそのつもりで働きます。 「一人前」とは「ひ…
  2. 2016-10-12

    権利収入の一つ、継続課金制度を導入しているか?

    電気・ガス・水道・電話の「基本料金」と呼ばれるものは、それを使おうと使わなかろうと関係なく毎月継続的…
  3. 2019-11-16

    「残す」「あげる」は割に合わない財産移転方法かも?

    自分の財産を「残す」・・・というのは結局相続となり、相続税がかかります。 自分の財産を「あ…
  4. 2017-11-20

    成功者に教えを請う方法(相手を気持ち良くさせる言葉)

    ビジネスにおいて、他者と協調し、お互いに切磋琢磨して高めあっていく姿勢は大切です。 中でも、明…
  5. 2018-6-7

    お金持ちが政権安定を望むわけとは?

    先日のニュースで、あるアンケート調査によると「富裕層ほど現政権の維持を望む声が多くなっている」・・・…
  6. 2018-7-31

    【注意】税金は忘れたころにやってくる

    消費税は、何かを購入したときに商品価格と付随して一緒に支払いますから「支払い忘れ」という概念が基本的…
  7. 2019-12-23

    将来の経済的不安を和らげるためにまずすべきこと

    将来の経済的な面(金銭面)において不安にならない人はいない・・・と思いますが、その不安を呼び寄せてい…
  8. 2020-10-23

    給料が上がっても油断してはいけない

    サラリーマが「高給取りになる」ことは一つの理想ですが、少し気をつけなければいけないのは、「給料が上が…
  9. 2019-6-12

    「長期・積立・分散」が資産形成の王道

    今35歳の年齢の人は、倍返しの35年後は70歳です。 ちょうど今、「年金支給年齢が70歳か…
  10. 2018-9-12

    飲食店などでの「スタンプカード導入」のコツ

    私がよく行く映画館のビルにラーメン屋さんが入っているのですが、そのお店はスタンプカードを導入していて…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る