ゴールドラッシュでの悲喜こもごも/出来事は一つとらえ方はさまざま

※当サイトは個人ブログです。アフィリエイト、対価の伴う商品紹介等は一切行っておりません。
※当サイトのイメージ画像は https://pixabay.com/ 様に登録されているクリエイター様の制作画像を利用しております。
※当サイトのイメージ画像は、Pixabay様の定める「コンテンツライセンスの概要」を遵守し利用しております。

19世紀のアメリカでのゴールドラッシュの大騒ぎは、結果として多くの成功者とともに多くの失敗者を生んだと言われています。

普通に考えれば、金(ゴールド)が発見された土地の所有者は大儲けをしたと思えます。

ところが実際はその所有者ジョン・サッターは大金持ちになるどころか、それまで成功しかかっていた人生を逆にズタズタに切り裂かれたそうです。

せっかくのチャンスをうまく活かしきれなかったようです。

ゴールドラッシュ・・・という出来事は一つですが、それをどう捉えるかは人それぞれ(千差万別)ですし、その後にどうに行動するかも人それぞれです(同じく千差万別)。

ゴールド(経済的にきわめて価値が高いもの)の発見というのは一つの出来事ですが、そこから先はいくつも枝分かれしていきます。

直接関係する人々(土地所有者や採鉱者など)に自動的に富を約束するものではありません。

その機会(チャンス)をどう活かすかはそれぞれの自身にかかっています。

金(ゴールド)発見の意義は「それによって経済条件が大きく変わる」ことであって、関与した人すべてに良いことが必ず起きるわけでもないし、逆に悪いことがあるわけでもないということです。

カルフォルニアで金が発見された・・・というニュースに接した人は、「このニュースを聞いて多くの人がカルフォルニアに押し寄せるだろう。したがって、カルフォルニアはもはや従前の無人の辺境の地ではなくなるな・・・」と考えるべきだったように思います。

多くの人が集まることの第一の帰結は、生活必需物資の需要関係が劇的に変化することです。

人が集まれば「衣食住」の需要は必ず高まります。

→ ゴールドラッシュ時におけるの成功者たちは、「経済条件が大きく変わる」ことの意味を正しく理解し、それに適切に対処した人たちだったようです。

最初の成功者サム・ブラナンは、「多くの人が金採鉱に来るならそのための道具が必要になる」と予測し、それらを買い占め、その後転売して大金持ちになりました。

「金(ゴールド)発見」という情報を、隠そう/秘密にしようとしたのではなく、逆に大いに宣伝して多くの人を呼び込んだわけです。

第二の成功者リーバイ・ストラウスは、採掘者が求めている衣類=丈夫なズボンを正しく把握し、新しくジーンズを発明して大金持ちになりました。

第三の成功者ウェルズとファーゴは、モノではなく輸送や送金・通信などのサービスに着目しました。

彼ら成功者に共通して言えることは、「金(ゴールド)を掘りに行かなかったこと」です。

その他大勢・皆と同じことはしなかった。

そして、「金を掘らずに金を掘る人を掘った」・・・。

皮肉的な話ですが、ここに重要なヒントが隠されているように思います。

※当サイトは個人ブログです。アフィリエイト、対価の伴う商品紹介等は一切行っておりません。
※当サイトのイメージ画像は https://pixabay.com/ 様に登録されているクリエイター様の制作画像を利用しております。
※当サイトのイメージ画像は、Pixabay様の定める「コンテンツライセンスの概要」を遵守し利用しております。
澤井豊、連載!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://newofficesawai.com/

Twitter

Facebookページ

関連記事

投稿カレンダー

2024年5月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

注目のお勧め記事!

  1. 2017-12-30

    山形県鶴岡市議会の草島議員/責任ある立場に就いたら、6つの「た」が重要

    政治家の暴言はなくならないもので、今度は山形県鶴岡市議会の草島議員の暴言がニュースになっています。 …
  2. 2018-5-9

    「アメとムチ」マネジメント→「アメとアメ無し」マネジメントへ

    人を働かす最も原始的なものは、もしかすると「ムチ」だったのかもしれません。 古代の奴隷たちが鞭…
  3. 2023-2-10

    【必読】お金の教養を身につけ経済的自由を手に入れる

    サラリーマンの中には、会社勤めしながら投資する時間を確保できるわけがない/勉強なんてする時間が無い/…
  4. 2019-8-10

    親の遺産を当てにしないで生きる姿勢

    相続で「争続」になる人がいます。 意外なことに、そういった人は高額の遺産相続で揉めるのでは…
  5. 2018-8-3

    トイレのハンドドライヤーとビジネスチャンス

    最近思うのは、どこのトイレに行っても紙タオルを置いているところは減ってきていて、むしろハンドドライヤ…
  6. 2022-1-5

    子どものお小遣い/サラリーマン化の伏線

    幼い子どもは親からお小遣いをもらうことで「自分のお金を得る」ようになります。 …
  7. 2018-9-9

    副業が「原則自由」の注意点

    今や副業は「原則禁止」から「原則自由」に変わってきている時代です。 たった2文字の違いですが、…
  8. 2017-9-10

    「努力」はなぜ大切なのか?→「◯◯」を得るためです

    よく言われることですが、旅客機が目的地へ向かって飛び立つとき、横にたった1度の差が出てズレて飛ぶと最…
  9. 2017-5-14

    事実と意見の違いに注意を!

    本を出版するときは必ず「プロフィール」を記載します。 これがけっこう曲者(くせもの)です。 …
  10. 2016-12-26

    不動産投資・投機熱が上がっている?

    先日、街の不動産屋さんの前を通りかかったら、表のガラス窓に「あなたもサラリーマン大家さんになりません…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る