ゴールドラッシュでの悲喜こもごも/出来事は一つとらえ方はさまざま

19世紀のアメリカでのゴールドラッシュの大騒ぎは、結果として多くの成功者とともに多くの失敗者を生んだと言われています。

普通に考えれば、金(ゴールド)が発見された土地の所有者は大儲けをしたと思えます。

ところが実際はその所有者ジョン・サッターは大金持ちになるどころか、それまで成功しかかっていた人生を逆にズタズタに切り裂かれたそうです。

せっかくのチャンスをうまく活かしきれなかったようです。

ゴールドラッシュ・・・という出来事は一つですが、それをどう捉えるかは人それぞれ(千差万別)ですし、その後にどうに行動するかも人それぞれです(同じく千差万別)。

ゴールド(経済的にきわめて価値が高いもの)の発見というのは一つの出来事ですが、そこから先はいくつも枝分かれしていきます。

直接関係する人々(土地所有者や採鉱者など)に自動的に富を約束するものではありません。

その機会(チャンス)をどう活かすかはそれぞれの自身にかかっています。

金(ゴールド)発見の意義は「それによって経済条件が大きく変わる」ことであって、関与した人すべてに良いことが必ず起きるわけでもないし、逆に悪いことがあるわけでもないということです。

カルフォルニアで金が発見された・・・というニュースに接した人は、「このニュースを聞いて多くの人がカルフォルニアに押し寄せるだろう。したがって、カルフォルニアはもはや従前の無人の辺境の地ではなくなるな・・・」と考えるべきだったように思います。

多くの人が集まることの第一の帰結は、生活必需物資の需要関係が劇的に変化することです。

人が集まれば「衣食住」の需要は必ず高まります。

→ ゴールドラッシュ時におけるの成功者たちは、「経済条件が大きく変わる」ことの意味を正しく理解し、それに適切に対処した人たちだったようです。

最初の成功者サム・ブラナンは、「多くの人が金採鉱に来るならそのための道具が必要になる」と予測し、それらを買い占め、その後転売して大金持ちになりました。

「金(ゴールド)発見」という情報を、隠そう/秘密にしようとしたのではなく、逆に大いに宣伝して多くの人を呼び込んだわけです。

第二の成功者リーバイ・ストラウスは、採掘者が求めている衣類=丈夫なズボンを正しく把握し、新しくジーンズを発明して大金持ちになりました。

第三の成功者ウェルズとファーゴは、モノではなく輸送や送金・通信などのサービスに着目しました。

彼ら成功者に共通して言えることは、「金(ゴールド)を掘りに行かなかったこと」です。

その他大勢・皆と同じことはしなかった。

そして、「金を掘らずに金を掘る人を掘った」・・・。

皮肉的な話ですが、ここに重要なヒントが隠されているように思います。

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2022年12月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

注目のお勧め記事!

  1. 2017-12-20

    仕事とプライベートの時間の違い

    仕事とプライベートの時間の過ごし方にはいくつもの違いがありますが、そのうちの一つがこうです。 …
  2. 2018-7-31

    【注意】税金は忘れたころにやってくる

    消費税は、何かを購入したときに商品価格と付随して一緒に支払いますから「支払い忘れ」という概念が基本的…
  3. 2020-12-26

    【必読】3年あれば人生は変えられる

    人生を変えたければ、「住むところ」を大きく変えればまず間違いなく変えられます。 …
  4. 2017-1-8

    連合の神津会長/頑張れば賃金上がるという常識

    2017年の春闘について「連合」の神津会長はNHKのインタビューで「頑張れば賃金が上がるという常識を…
  5. 2018-5-13

    話し上手になる3つの「会話の極意」とは?

    自分は会話が苦手だ・・・と思う人は、たいてい「気の利いたことを言わなければバカにされる」とか「自分の…
  6. 2017-2-12

    貧困生活から脱出するには?

    昨今、日々の生活が経済的に極端に苦しい・・・といったいわゆる貧困状態にある人が増えていると言われてい…
  7. 2019-1-20

    アメリカでは自己破産しても再起可能ですが…

    トランプ大統領は過去にカジノ・リゾート事業を経営する会社を4度も倒産させているそうです。最初の倒産は…
  8. 2018-3-20

    事業等で再出発するときに誓うべき一つのこと

    物事が想定していたとおりいかずに行き詰まり、やがて再出発せざるを得なくなるときがあります。 事…
  9. 2018-1-15

    楽しいからラク⇄ラクだから楽しい

    漢字で書くと「楽しい」も「ラク」も「楽」という字ですが、楽しいとラクはちょっと違います。 楽し…
  10. 2017-7-21

    「投資脳」を持てない人はムリに投資をしないほうがいいかも?

    「投資とはインカムゲインを求めること」であり、キャピタルゲイン(売買差益)を求めるのは「投機」と私は…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る