[必読]キャッシュフローは大事です

会社経営者や経営担当者であればキャッシュフローの重要性は身に染みて知っていると思います。

これがサラリーマンであまり経理に詳しくなかったり、独立起業した直後でまだ決算関係のことに詳しくなかったりすると、まだキャッシュフローの重要性にまだ気づいていない人もいるかもしれません。

一般的に、ビジネスを展開しようとする人は「売上」に目が向く人が多く、次いで「利益」に目を向ける人が多いもので、なかなかキャッシュフローのことを考えている人は少ないと言われます。

でも、だからこそできるだけ早い段階で「キャッシュフローの重要性に気づく」というステップを経ることが大切だと思います。

・・・・・・・・・

たとえば、ある会社がある月に1千万円の売上を計上したとします。

でも、よくよく中身を見るとその売上を出すために経費が7百万円かかっていたとします。

これだけを見れば、利益は3百万円です。

仮にその経費を支払う期日が当月末日だとします。

その日には現金7百万円がキチンと用意されていなければいけません。

当月の売上が1千万円だと言っても、そのすべてが当月中に入金されるわけではなく、場合によっては翌月になって入ってくる・・・ということもあるでしょうし、最悪の場合だと滞納されて翌月になっても未収状態になっている恐れがあります。

そもそも入金は翌々月以降・・・というのなら、一時的にかなりの額の持ち出しとなって経営は苦しくなります。

当月末に売上の1千万円が手元に使える現金としてあることが大事です(少なくとも7百万円以上)。

このように、売上とキャッシュフローの入出のタイミングが一致していないことはよくある話で、ビジネスを経営している人であれば何回も経験済みのことだと思います。

逆に言うと、起業してビジネスを始めたばかりの人は突然そうしたことに遭遇して慌てふためくことがないよう予め留意しておくべきことの一つです。

外部から会社の経営状態を見るときは、こうした会社の現金の流れ/キャッシュフローに注目することが大事です。

机上の理論で学べば簡単にわかることですが、実際に経験してみないことにはなかなか感触として掴みきれないことかもしれません。

決算書やキャッシュフロー計算書を作ってみるという経験をすると、経営の難しさの一つが垣間見れます。

経験的にキャッシュフローがどういうものかを理解しておかないと、下手をすれば起業してすぐに倒産、それも 「黒字倒産」というケースに陥りかねません。

そうならないように、サラリーマンの現役時代のうちから疑似体験をするなどして身をもってキャッシュフローの大切さを知っておくと良いと思います。

澤井豊、連載!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://newofficesawai.com/

Twitter

Facebookページ

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2023年1月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

注目のお勧め記事!

  1. 2018-10-11

    お金持ちになれる投資家の株式購入方法とは?

    ニワトリが先かタマゴが先か? ・・・と同じで、お金持ちが株式を大量に保有しているのは、「お金持…
  2. 2018-2-14

    【2018年バレンタイン】うまくいかなかった経験も学びの経験です

    バレンタインデーは残酷なもので、一つの決着(好かれているかどうか)をつけて、人の感情の区切りを明確に…
  3. 2017-8-14

    稼ぐ力を持っている人は強いです

    ビジネスは「まず顧客ありき」ですが、併せて「営業力が必要」です。 すなわち「稼ぐ力」です。 …
  4. 2018-11-2

    「期待値」で判断する投機手法

    人は、投機したお金が0円になる可能性がある・・・と最初からわかっていれば、その投機を控えるか少額に抑…
  5. 2019-4-10

    インフレと銀行預金の利息の関係とは?

    インフレ率が上がると(インフレになると)、一般的には「金利が上昇する」と言われます。 たとえば…
  6. 2016-11-14

    女性の化粧に学ぶマネジメント術

    サラリーマンは理由で動きます。 ビジネスマンは目的で動きます。 ・・・・・・・・・・・・…
  7. 2017-9-1

    特定商取引法に定められた電話勧誘に関する法規制

    毎日、必ずと言っていいほど「迷惑な営業電話」がかかってきます。 自宅の電話にも携帯電話にも・・…
  8. 2021-8-11

    「働いてお金を得る」ことの意味

    どんなにつまらないと思えるような仕事であっても、それが「仕事」である以上は必ず誰かの役に立っているハ…
  9. 2017-7-2

    商談先でお茶を出されたときのマナー

    ビジネスでは好むと好まざるに関係なく他の会社を訪問してテーブルをはさんで商談を交わすことがあります。…
  10. 2022-10-11

    実践しない戦略は絶対に実現しない

    Things may come to those who wait,but only the thi…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る