管子に学ぶリーダーのあり方

管仲(かんちゅう)の言行録である『管子(かんし)』にこうあります。

あるとき、君主の桓(かん)公が管仲にこう聞きました。

君主が信頼されるとはどういうことか?

管仲はこう答えます。

「人民からは慕われ、隣国からは親しまれ、天下の人々からは信頼されることです」

「そのためにはどうすればいいのか?」

「まずは、ご自身の修養をされ、次に国を善く治めることです」

「修養とは?」

「お体に気をつけ、度量を広く志を高く持つことです。

さらには仁をはじめとした徳を積み、いかなる時も血気にはやらないことです」

「国を善く治めるにはどうすればよいか?」

「良い人材を集めることです。
人民をかわいがることです。
経済を発展させることです。
道徳教育を盛んにすることです。
税金を軽くすることです。
これらを実行されれば、自然と天下を統一することができることでしょう」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そっくりそのまま企業におけるトップリーダーの経営姿勢にも言えると思います。

現代の政治家にももちろん言えますね。

リーダーが信頼されるとは?
→ 社員からは慕われ、地域からは親しまれ、広く信頼されること

そのためにはどうすればいい?
→ 社長がキチンと修養し、経営の舵取りを責任もって行なうことです

では、その修養とは?
→ 健康に留意し、度量を広く、志を高く持つこと。さらには思いやりをはじめとして、義理堅く、礼儀正しく、知識・知恵を持ち、信頼される人物になることです。

では、経営するとは?
優秀な人材を集めることです。
社員を大切に扱い、利益を伸ばすことです。
社員の研修教育も忘れてはいけません。
また、残業や休日出勤などは極力避けるようにすることも大切です。

このように言い換えることができると思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

管仲は、君主が陥ってはいけないワナについて3つの戒めを挙げています。

1.対外的には、自国の利益ばかりを考えていては諸侯の支持を得られないでしょう。

2.対内的には、税金を取り立てているばかりでは人民を慈(いつく)しめないでしょう。

3.王ご自身のことですが、自分の耳に心地良い言葉ばかりを重用して、耳に痛いことを発する者を遠ざけてはいけません。

それでは、真の情報を得られなくなるでしょう。これらもまた、現代の企業経営者に向けてそのまま通用することだと思います。

企業トップが陥ってはいけない戒めを管仲に倣って3つ挙げるとすればこうです。

1.自社の利益ばかりを追求してはいけない

2.社員を酷使してはいけない

3.イエスマンばかり配置してはいけない

管仲が戒めている独善的、高圧的、排他的な態度・姿勢というのは、リーダーとしての人間力を低下させます。

哀れなリーダーになっていきます。 弊害に気づかず、会社を衰退させます。 尊敬心のない、面従腹背社員だらけの組織にしてしまいます。

そうならないように、リーダーは自己に厳しく律することが大事ですね。

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2021年6月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

注目のお勧め記事!

  1. 2018-9-18

    【必読】不動産投資では賃貸管理会社選びも重要です

    不動産投資は、所有する不動産物件から毎月「家賃収入」を得ていく流れです。その際、所有する不動産物件の…
  2. 2021-3-28

    【必見!】悪質商法に引っかからないために知っておくべきこと

    世の中にはまともなビジネスばかりが存在しているわけではありません。 残念な…
  3. 2017-4-20

    テーマの逆の真理を突くことで、そのテーマが活きてきます

    以前の週刊少年ジャンプは「ジャンプ3大原則」とも呼ばれる「友情・努力・勝利」のいずれかをテーマにマン…
  4. 2018-8-25

    お金を貯めっ放しは「捨てた」も同然です

    家計のお金の流れは「稼ぐ→貯める→増やす→使う」です。 このうち「貯める」というところまでは多…
  5. 2016-6-9

    舛添都知事と囚人のジレンマ

    舛添都知事の答弁で、千葉県のリゾートホテルで面談した関係者は元新聞記者の出版会社社長とのことらしいで…
  6. 2017-6-16

    リーダーが社員に与えるべき正しい負荷とは?

    作用があれば反作用があるように、負荷をかけるとその負荷に反発してある種の「力」が起きます。 筋…
  7. 2016-12-23

    【知ってましたか?】ATMで1万円を「千円札10枚」で引き出す方法

    人から教えてもらったやり方ですが、最近のATMは相当賢いようで、お金をおろす時にちゃんと券種まで理解…
  8. 2018-11-6

    マーチンゲールの法則(勝つことよりも負けないことを考える)

    日本ではまだカジノは認められていませんが、もはや時間の問題でいずれカジノを合法的にやれる時代がきます…
  9. 2017-12-20

    仕事とプライベートの時間の違い

    仕事とプライベートの時間の過ごし方にはいくつもの違いがありますが、そのうちの一つがこうです。 …
  10. 2018-7-31

    【注意】税金は忘れたころにやってくる

    消費税は、何かを購入したときに商品価格と付随して一緒に支払いますから「支払い忘れ」という概念が基本的…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る