「何も起こらなかった」から「何も起きないようにしておいた」へ

中国の古典に『漢書(かんじょ)』というのがあり、その中の「雀光伝(かくこうでん)」に「曲突、たきぎを移すには恩沢なく、焦頭爛額、上客となすや」という格言があります。

元はこんな話です。

ある晴れた日の田舎の話です。

一人の旅人が村の大金持ちの家の前を通り過ぎようとしたとき、煙突から火の粉が出るくらいに竈(かまど)の火が燃え滾っていることに気づきます。

「このままだと危ない!」と思った旅人は、親切心から家の主にその旨を告げ、火を弱めたほうが良いと忠言します。

ところが、その家の主は旅人の声を聞く耳を持たず、「よそ者が余計なことを言うな」とばかりに追い返します。

貴重な助言をもらったにもかかわらず、その重要性に気づかず、むげに断り、当然褒美をくれてやることもなかったわけです。

その翌日。

煙突から噴き出た火の粉が母屋のかやぶきの屋根に燃え移り、瞬く間に火の勢いが強くなっててんやわんやの大騒ぎになりました。

するとそこへたまたま通りかかった別の旅人が消火活動に飛び入りで参加して火消しに尽力しました。

頭を焦がし額を爛(ただ)れさせながら(=焦頭爛額)八面六臂の活をしたおかげで火は何とか食い止めることができました。

家の主はたいそう喜んでこの旅人(火消しを手伝った人)に褒美を与えた

・・・というお話です。

 

・・・・・・・・・・

こうした話はサラリーマン社会でもよくある話です。

 

物事の本質を見抜き、トラブルが起きる前にその予防を図ろうとした優秀な社員に対して、能力・器不足の上司なるがゆえに事の重要性に気づけず、むしろその優秀な社員を蔑ろにしたり叱責したりする・・・。

 

その結果、後にその社員が危惧した通りのトラブルが生じ、多くの社員たちがその解決に奔走せざるをえなくなり、会社は余計な労力と多大なる無意味な時間とお金を費やすことになる・・・。

 

その問題がようやく落ち着いた後、問題処理をたまたま担当した社員だけが褒められたり昇給したり特別手当を得て、最初に「トラブルの発生を予見しそれを防ごうとした社員には何の恩賞もなし・・・というパターンです。

 

将来起こりうるリスクを予見し苦言を呈する者は、組織の長にその者と同じだけの力量がないとき、嫌がられ疎まれ遠ざけられます。

 

これは非常に嘆かわしいことです。

 

逆に、普段、甘言を弄して危機の時に真っ先に逃げ出してしまうような不届き者のほうが厚遇されていたりします。

 

上の話で言えば、本当に役立つのは「たきぎを移す」ことを進言した旅人なのに、それは評価されず、評価されたのは火事の消化をたまたま手伝った人だけ・・・ということです。

 

事態の発生を予防する者を不当に評価し、その予見通りに事態が発生・悪化したときに派手に動き回った者を優遇する・・・というのはダメマネジメントです。

 

「長」の立場に就くものに長の資質がないと言わざるを得ません。

 

組織はこれではいけないですね。

 

仮に「何も起こらなかった」としても、それが適切なプロセスのうえでの結果であれば良いのですが、たまたま偶然そうなっただけ・・・ではうまくありません。

 

「何も起こらなかった」と「何も起こらないようにしておいた」の違いは大きいです。

 

未萌(みぼう)に見て、あらかじめ「たきぎを移す」ことを念頭に置けるような人こそがリーダーの職に就くべきでしょうし、そうしなければ組織の安泰には程遠いと思います。

 

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2021年9月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

注目のお勧め記事!

  1. 2018-1-3

    【未来予測】2019年から2020年にかけて留意しておくべき事

    東京都の小池都知事がやたらカタカナ言葉を使いたがることを多くの人は知っています。 都民ファース…
  2. 2019-11-16

    「残す」「あげる」は割に合わない財産移転方法かも?

    自分の財産を「残す」・・・というのは結局相続となり、相続税がかかります。 自分の財産を「あ…
  3. 2017-11-18

    身だしなみとお洒落(オシャレ)の差

    最近は「身だしなみ」という言葉をほとんど聞かなくなりました。 普段お洒落には無頓着な私ですが、…
  4. 2019-8-26

    営業職を毛嫌いしてはいけない

    大学3年生の中には、もう再来年の就職に向けての活動を始めている人もいると思います。 なかな…
  5. 2019-1-29

    光あるところに「別の光」もある

    西暦1850年前後のアメリカ・カリフォルニアで広範囲にわたって金脈が発見されたため、一獲千金を狙って…
  6. 2021-8-17

    大金を遺すこと(遺産)は必ずしも子のためにならない

    親としては自分の子どもにそれなりのお金を遺してやりたい・・・と少しは思うものです。  …
  7. 2019-12-23

    将来の経済的不安を和らげるためにまずすべきこと

    将来の経済的な面(金銭面)において不安にならない人はいない・・・と思いますが、その不安を呼び寄せてい…
  8. 2016-6-9

    舛添都知事と囚人のジレンマ

    舛添都知事の答弁で、千葉県のリゾートホテルで面談した関係者は元新聞記者の出版会社社長とのことらしいで…
  9. 2018-7-6

    見逃しの三振ほどもったいないことはない

    野球ではアウトを3つとれば攻守交替となります。そのアウトの取り方/取られ方にはいろいろありますが、攻…
  10. 2019-10-15

    相場が下がって安くなったときに買って損をした人はいない?!

    株の売買で儲けるなら、基本は「安く買って高く売る」です。 問題は、いつ、いくらなら、「安い…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る