社員を活かすも腐らすも社長次第

アメリカのトランプ前大統領は、大統領選に出馬する以前の実業家時代から、ドイツの哲学者アルトゥール・ショーペンハウアーの次の言葉を座右の銘としていたそうです。

「才能ある人は他者が命中できない的(まと)に命中させる。

天才は他者が見えない的に命中させる」

かなり比喩的な言葉ですが、要は天才というのは他の誰も気づかない/見えていない事に着手してそれを見事に成し遂げてしまうものだ・・・途中経過において他人がバカにしてもそんなことを気にする必要はない!・・・ということを意味していると思います。

 

天才に限らず、すべての人は「的」を持ち、かつ、それに向けて世間の目を気にすることなく信念をもって行動し続ける勇気が大切です。

 

なぜなら、その人自身の人生だからです。

 

もし、これが会社内での仕事・・・ということになるなら、その「的」は自分勝手に想定してはいけません。

 

会社の理念に沿い、上司からの適切な指示の下での「的」に絞って行動する(仕事をする)必要があります。

 

・・・・・・・・・・・・

「どんなに不況であろうが、稼ぐ人間は稼ぎ続けている」・・・これは億万長者メーカーと称されるダン・ケネディの言葉です。

もちろん業界によってはどうしようもない事態が起きている場合もあります。

 

ただ、彼のこの言葉には、どんな理由や原因があっても売上・利益の減少の責任は自分(社長)にあると思いなさい!という意味合いが含まれていると思います。

 

今のようなコロナ禍においては特に響く言葉かもしれません。

 

厳しいようですが、この言葉は真実であり、企業経営者への戒めの言葉となり得ます。

 

企業経営者にはそれなりの「不屈の精神力」が必要で、合わせて、自身の経営哲学や経営者としての信念を持つことも重要です。

 

傍から見ればどうしてそんなことをする(させる)のかわからない・・・とか、なんであんなことをやっているんだろう?・・・と訝(いぶか)しがる声が聞こえてくるかもしれません。

 

でも、経営者という立場にある人は経営という才能を発揮せざるを得ない人たちです。

 

自分の才能を信じることもまた大事です。

 

そのうえで「才能ある人は他者が命中できない的(まと)に命中させ、天才は他者が見えない的に命中させる」というショーペンハウアーの言葉を胸に経済社会を生き抜いていく姿勢が求められると思います。

 

社長が方向性を出さなければ社員は誰も付いていきようがありません。

 

夢を語れない社長には魅力もありません。会社の成長がない限り社員のモチベーションが上がるはずもなく、そんなやる気のない社員がいくら集まっても決して業績は良くならないりません。

 

社員たちが「やり甲斐のある仕事だ・・・人間関係も良好で風通しがいい・・・尊敬できる社長の夢を一緒に実現したい」などと思えるようなリーダーシップを発揮し、社長と社員が一体となって仕事に取り組むような組織をつくる努力をすべての社長には行なってもらいたいものです。

 

社員を活かすも腐らすも社長次第だと思います。

 

 

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2021年9月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

注目のお勧め記事!

  1. 2017-11-19

    下積み時代を経験した人ほど不遇の時代を乗り越えやすい

    若い頃に職場で体験する苦労や一人前になる間の期間のことを「下積み」と呼んだりします。 上に先輩…
  2. 2019-10-15

    相場が下がって安くなったときに買って損をした人はいない?!

    株の売買で儲けるなら、基本は「安く買って高く売る」です。 問題は、いつ、いくらなら、「安い…
  3. 2017-12-20

    仕事とプライベートの時間の違い

    仕事とプライベートの時間の過ごし方にはいくつもの違いがありますが、そのうちの一つがこうです。 …
  4. 2018-6-25

    私たちにかかる全ての税金を知っていますか?

    私たちは日々いろいろな税金が存在する中で生活をしています。 所得税・・・住民税・・・消費税・・…
  5. 2018-3-11

    成功は約束されなくても「成長」は約束される…

    人間は、今、自分が決して安全地帯にはいないんだ・・・という自覚を持っていると、真剣になり、集中し、必…
  6. 2017-11-18

    身だしなみとお洒落(オシャレ)の差

    最近は「身だしなみ」という言葉をほとんど聞かなくなりました。 普段お洒落には無頓着な私ですが、…
  7. 2019-4-2

    企業を選ぶ際の「生きがいと働きがい」

    今の時期、大学新4年生は翌年の就職に向けて企業の会社説明会に数多く参加します。 それぞれの企業…
  8. 2019-11-16

    「残す」「あげる」は割に合わない財産移転方法かも?

    自分の財産を「残す」・・・というのは結局相続となり、相続税がかかります。 自分の財産を「あ…
  9. 2019-1-25

    サラリーマンが同じ業界で独立起業するコツ

    よく言われることですが、サラリーマンが会社を辞めて独立起業するとき、それまで自分がまったく経験をして…
  10. 2020-10-23

    給料が上がっても油断してはいけない

    サラリーマが「高給取りになる」ことは一つの理想ですが、少し気をつけなければいけないのは、「給料が上が…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る