負けたことに負けるな/福士加代子選手

大阪国際女子マラソンで優勝した福士加代子選手ですが、一気にリオオリンピック代表が有力となったこともさることながら、彼女が高校時代に恩師から言われた言葉のほうに私は興味を持ちました。

それが「負けたことに負けるな」という言葉です。

福士選手も常に順風満帆だったわけではなく、1位になれないときやマラソンが辛いときもあったはずです。

特に高校時代であればなおさらです。

そんなとき、恩師が投げかけたこの言葉は本当にそのとおりのことですばらしい言葉だと思います。

「今の勝負」に負けたという結果を受け、負けたことで自信をなくすのではなくてその現実を受け止めて「次の勝負」という未来に臨むことを見失ってはいけない・・・という意味だと思います。

負けたからこそ気づくことがあり、負けたからこそ次への課題がはっきりしてきます。

仕事に置き換えると「失敗した事に失敗するな」・・・でしょうか。

福士選手はそれ以外にも高校時代に「苦しい時に笑える選手になれ」と言われた言葉も大事にしてきたそうですね。

こちらもすばらしい言葉だと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

人は、後々になって「あのときの苦労があったからこそ、今の自分がいるんだ」と思うことがありますが、やはり「そのとき」は辛いものです。

「あのときのおかげ・・・」と思えるのはずっと先のことです。

苦しみの渦中にいるときは、なかなか「この苦労・辛さは自分の糧(かて)となる」・・・とは思えないものです。

でも、そこをあえてそのように解釈することが重要であることを、多くの成功者たちは知っていますし、後世に伝え続けています。

だからこそ、まだその境地に達していない若い世代の人たちは素直にそれを受け止め、学び、吸収し、いざ自分がそうした局面に遭遇した際にはそのように無理やりにでも思い込む努力が必要だと思います。

人は、順境にいるとき歯を食いしばって上を目指そうとはしません。

歯を食いしばって上を目指すのはいつも逆境に置かれた(=ピンチ)のときです。

良い湯加減の温泉に浸かったときに歯を食いしばって何かを努力することはできないものです。

冷たい水風呂、熱湯風呂に入ったときには歯を食いしばってがんばろう! と思えます。

順調に事が運んでいるときは、努力の「ど」の字も思い出しません(まあ、それはそれでありがたいことなのですが・・・)。

つまり、満たされているときになかなか上のレベルへ向けて努力できる人は少ないし、むしろ満たされていないときほど成長するきっかけ・ヒント・チャンスに巡り会えるということです。

人は逆境を与えられるからこそより優れた自分になることができます。

人は辛酸を舐めたことがあるからこそ己の精神を磨くことができるのです。

この真理を理解し、どんなときもあきらめないことが重要ですね。

■福士加代子選手:関連情報

【リオオリンピック】福士加代子14位・田中智美は19位 女子マラソン(The Huffington Post:2016年08月14日)

マラソンなら言える!福士加代子、史上3人目の“金メダル獲るべ”(スポニチ Sponichi Annex:2016年8月14日)

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2021年1月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

注目のお勧め記事!

  1. 2019-9-14

    アメリカで注目される「FIRE(ファイア)」

    アメリカの若くて高報酬を得ている人に「あなたはFireになりたいですか」と聞けば、通じる人には通じる…
  2. 2018-3-26

    リタイア後の3つの収入源

    戦国武将・毛利元就の「3本の矢」の教訓は有名です。 本質は「1本の矢だとすぐに折れてしまうが3…
  3. 2019-5-7

    貯めて増やすことは面白い!

    ある生命保険株式会社の調査によると、4人に3人(77%)がお金の不安を感じている・・・とか。 …
  4. 2017-9-3

    寝る前に明日やるべき仕事を6つ書き起こすべし!

    アメリカのある会社の社長が、どうすればもっと会社を発展させれるだろうか・・・と考えて、ある経営コンサ…
  5. 2016-12-8

    あなたは「お金の教育」を受けたことがありますか?

    世の中には自己流でも特段問題なくやり過ごせることと、自己流ではやり過ごせないことがあります。 …
  6. 2018-8-13

    投資とは「買ったモノをそのままなのにお金を返してもらう」ようなこと

    投機は、買ったモノを転売することでその売買差益を狙う行為です。 多くのビジネスの仕組みはこれと…
  7. 2019-10-15

    相場が下がって安くなったときに買って損をした人はいない?!

    株の売買で儲けるなら、基本は「安く買って高く売る」です。 問題は、いつ、いくらなら、「安い…
  8. 2017-1-2

    【重要】自分の進むべき方向を探る10の質問【謹賀新年】

    2017年のスタートに当たってこんな問いかけを用意しました。 これらの質問に具体的に答えること…
  9. 2017-11-26

    65歳で1億円の預貯金を目指すよりも・・・

    かつての時代は「老後を迎えるまでにいかに多くの貯蓄をするか?」・・・が勝負の時代でした。 そし…
  10. 2017-6-18

    砂糖を入れたハズなのにコーヒーが甘くない・・・とき

    私はコーヒーが好きで、毎朝コーヒーを飲まないと、その日の調子が悪くなってしまう・・・と自分で勝手に妄…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る