銀座シックスオープン/3つの「初心忘るべからず」

「GINZA SIX(銀座シックス)」が、東京・銀座に先週オープンしました。

関連ニュース:『ギンザ シックスが「規格外」である理由』

銀座で一番大きな商業施設で、構想14年(うち建設4年)という年月がかかっています。

一口に14年と言っても、その間の社会情勢や流行等の変化に対応しながら初心貫徹をやり遂げることは本当に大変な苦労があったと思います。

地下3階には観世流の総ヒノキで造られた能楽堂もあるそうです。

観世流と言えば、観阿弥・世阿弥が有名です。

世阿弥は室町時代の猿楽師で、父の観阿弥とともに能の大家として観阿弥流を世に残した人です。

世阿弥は数多くの謡曲を残していますが、それ以外にも有名なのが「初心忘るべからず」という言葉です。

50歳半ばに書いた『花鏡(かきょう)』という伝書の「奥の段」でこの言葉が出てきます。

そこには「初心」と言いつつも「この句三箇条の口伝あり」として、3つの「初心」を忘れてはいけない・・・と諭しています。

人生の中には3つの初心があって、

1.是非(ぜひ)の初心

2.時々(じじ)の初心

3.老後(ろうご)の初心

・・・だと。

それらを忘れてはいけない、というのが世阿弥の言う「初心忘るべからず」ですね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「是非の初心」とは年齢が若いときにある程度の評価を周囲から得たときに戒める言葉です。

チヤホヤされていい気になってはいけない・・・それを始めたばかりの頃の初心を忘れてはいけない・・・ということだと思います。

「時々の初心」とは、長い人生の中でその時々に経験した歳相応の気持ちや達成したときの境地を忘れてはいけないということだと思います。

「老後の初心」とは、老齢期においては老齢期に向いた所作を身につけることを老齢初期の段階で忘れてはいけない・・・と言っているのだと思います。

「歳をとったからもういい」ではなくて、老後にさえふさわしい芸を学ぶ初心があり、それを忘れずに限りない芸の向上を目指すべし・・・ということだと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「初心忘るべからず」とは、自分が経験したことがないことに自分の未熟さを受け入れながらも、その新しいことに挑戦していく心構えの大切さを説いているのかもしれません。

世阿弥の言を借りれば「老いる」こと自体もまた未経験なことで、初心が存在するわけです。

それは、不安や恐れではなく、新たな人生へのチャレンジであり、人として相応しい生き方なのだと思います。

世阿弥は、人生の試練にぶつかったとき、過去にどうやってそうした試練を乗り越えてきたのか・・・という自分の過去を忘れるな、ということも言いたかったのかもしれません。

サラリーマンが仕事をする過程ではいろんな出来事が起きます。

どんなことがあっても自分を見失わず、正当な生き方をする姿勢が大事です。

世阿弥の「初心忘れるべからず」の解釈はいろいろあると思います。

いずれにしても、人は天狗になって有頂天になって自惚れて、周囲に鼻持ちならない奴だ・・・と思われるような態度・生き方はうまくない、と思います。

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ
澤井豊

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2020年10月
« 9月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

注目のお勧め記事!

  1. 2017-7-16

    太宰春台の『産語』に学ぶリーダーの姿勢

    江戸時代中期の儒学者「太宰春台(だざい しゅんだい)」の著書『産語』にこんな話があります。 あ…
  2. 2017-8-25

    【必読】G-PDCAサイクルをまわすときに大切なポイントとは?

    仕事をするときでもお金を稼ぐときでも共通して大切なことの一つに、「仕組みを適切につくる」ということが…
  3. 2016-12-8

    あなたは「お金の教育」を受けたことがありますか?

    世の中には自己流でも特段問題なくやり過ごせることと、自己流ではやり過ごせないことがあります。 …
  4. 2020-3-21

    連れ安(もらい事故)で株価を下げている会社(銘柄)を見つける

    このブログは具体的な株式銘柄を紹介するものではないし、本来、私は「株式投機」をおススメしていませんの…
  5. 2019-12-12

    目に見えない妄想にいつまでも囚われてはいけない

    一休さんのとんち話はいろいろありますが、その中の一つにこんなのがあります。 あるとき、一休…
  6. 2017-5-27

    「トラック・ランナー」と「マラソン・ランナー」の違い

    陸上の走者には大きく2通りあります。 一つは競技場の中のトラックを円を描くように走るトラック・…
  7. 2018-6-6

    紀州のドンファン殺人事件/遺言書を書くべき人たち

    和歌山県田辺市の会社経営者/野崎幸助さん(77)が自宅で死亡していた件・・・が、今マスコミを賑わせて…
  8. 2017-3-26

    【経営者注目!】新規参入でビジネスを早く軌道に乗せる裏技とは?

    一般的に、既に市場が出来上がっている業界に新規で参入していくのは「レッドオーシャンに飛び込む」・・・…
  9. 2018-5-26

    自主練・自主トレをやっていますか?

    相撲でも、プロ野球でも、サッカーでも、面白いことに「シーズンオンとシーズンオフ」の概念があります。 …
  10. 2018-11-3

    サントリー2代目社長佐治敬三の戦略に学ぶ

    サントリーの創業社長「鳥井信次郎」の実の息子である敬三氏は母方の姓を継いで「佐治敬三」と名乗っていま…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る