他人に迷惑をかけたら「自由」とは言えない

サラリーマンは、会社に就職するときの純粋な気持ち・・・「ここで一生懸命に働く/お金を稼ぐ」という初志を忘れてはいけないと思います。

誰でも、最初に雇われるときは「上司の言うことを聞いてちゃんと言われたとおりに仕事をします」と面接の中でアピールしていたはずです。

ところが、入社してしばらく経つと徐々に我が出てきて「自分の納得しないことはやりたくない」とか「イヤな仕事は引き受けたくない」・・・などとわがままを言い始めます。

ここに一つの落とし穴があります。

今の自分にできること、今の自分がやりたいこと、今の自分が好きなこと・・・ばかりを求めていたら、その先は一向に成長できない!・・・ということです。

それだと現状維持のままだからです。

サラリーマンとしてのレベルが上がらない、ということです。

今の自分が納得できること、好きなこと等は結局今の自分どまりのことです。

この殻を破って今いる次元よりも高い次元のことに挑戦しないと成長していけません。

自分より高い次元にいる人たちの考え方や気持ちをわかるようになるためにもその次元に入り込んでいくことが必要です。

そうしないと、やがて早い段階で会社を去る(転職)ことになります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

自分の好きなようにふるまったり行動することは、一見すると確かに「自由」に見えますが、これは私が推奨している自由とは違います。

私が推奨している自由の大前提は「他人に迷惑をかけない」という道徳観念がある自由です。

自分勝手で、自己都合ばかりを押し通すような自由は、自由というよりも単なる「迷惑行為」です。

世にいう各種犯罪も、結局はこの類であることが多いと思います。

自分は好きなことをしているのですが、それが社会的に正当化されないような違反行為、迷惑行為なわけです。

「自由に生きる」という意味を履き違えてはいけないですね。

他人の都合を理解し、他人の気持ちを知ろうとする姿勢が大切です。

それができないわがままな人は、とどのつまりは「嫌われる」という結果が待っています。

「自由に生きること」よりも優先すべき重要なことは「社会の中で生きている」ことを正しく知ることだと思います。

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ
澤井豊

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2020年9月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

注目のお勧め記事!

  1. 2016-12-7

    人事評価は達成率よりも「達成額」を重視するほうが大切

    会社内では、人によって目標が異なり、目指すゴールの難易度に差があります。 営業部で言えば、月間…
  2. 2018-7-22

    【必読】お金持ちになるコツ(願望の叶え方)

    英語を話せるようになりたければ、英語を話せる人に近づき、教わることがコツの一つです。 スペイン…
  3. 2017-1-15

    私が大切にしている「人生変化プロセス論」

    私は幼い頃、前ばかりを見ていたので過去を振り返る事はほとんどありませんでした。 少し成長すると…
  4. 2017-5-16

    権威を身に付けたかったら・・・

    権威というのは、形はないし、目にも見えません。 本当はあるのかどうかも分からないようなシロモノ…
  5. 2017-3-5

    不動産投資=大家さんになることの意義

    世の中でいう高額な商品、つまり自分の一ヶ月分の給料では買えない商品は多々あります。 代表例とし…
  6. 2018-2-15

    【確定申告】あなたの「本業」は自分で決められる!

    確定申告の時期になってきました。 雇用されて働くサラリーマンのほとんどは確定申告と無縁ですが、…
  7. 2017-6-5

    もし1億円の貯金があったら?

    たとえば、サラリーマン時代に残業・休日出勤などを厭わずにせっせと働いて、一生懸命にお金を貯めて、その…
  8. 2017-1-31

    文句を言いたげな社員を味方にする方法(ソクラテス式のマネジメント術)

    サラリーマンというのは自分勝手な生き物で、入社するときはさんざん美辞麗句を並べて、何とか採用してもら…
  9. 2019-4-10

    インフレと銀行預金の利息の関係とは?

    インフレ率が上がると(インフレになると)、一般的には「金利が上昇する」と言われます。 たとえば…
  10. 2018-2-25

    信託形式の投資・運用には要注意!

    未上場の株式を購入する場合や、不動産を購入する場合などでは、その実物を実際に目で確認することができる…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る