人間関係で役立つ「否定の中の肯定」テクニック

荒れた学校や険悪な雰囲気の仕事場や独裁組織など、客観的に観て良好な状態とは言えない環境があります。

一般的に「悪」と概念付けされる人がそこには必ず存在しています。

ところが、排除する強制力がないために、人々はイヤな思いをしながらもそこにガマンして属しています。

なかなか解決できない問題の一つです。

そうしたときに役立つ大事なテクニックに「否定の中の肯定」というのがあります。

一見すると「全否定」しがちな悪人にも、探せば「肯定できること」が一つくらいはある・・・ということが前提になっています。

そこにスポットライトを当て、クローズアップしていわゆる「認めて」あげることをします。

解決はいつも「相手を認めること」からスタートします。

国家間の紛争も同様です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ある学校に不良グループがいて、いつも問題を起こしていました。

そんなある日、一人のスクールカウンセラーがやってきて、その不良グループの番長と2人で話をしました。

そこでカウンセラーはこんなことを言いました。

「君は腕っぷしも強そうだし、みんなを統率してリーダーシップもある。なかなかできることじゃない、それは見事なことだと思うよ。君なら将来ヤクザの組長になって大成できるのかもしれないな。

でもな・・・・・・お前についてきている奴らを見てみなよ。あいつらはおまえほどたいした器量を持っていないぞ。あいつらがお前と同じようにこれから先もうまくやっていけると思うか?

ヤクザ崩れは救いようがないぞ。あいつらの将来はお前にかかっている、ということを忘れるなよ。

お前は賢いから、自分の動向一つであいつらの将来も決まる・・・ということに本当は気づいているんだろ?
あいつらの将来はお前にかかっているんだよ・・・そのことだけは忘れないでほしい。今日言いたかったのはそれだけだよ・・・。」

これが「否定の中の肯定」テクニックです。

実際、その番長はその後不良グループを解散したそうです。

スクールカウンセラーはまず番長を褒めました。

番長は褒められることで相手を敵対視せず、とりあえずは耳を傾ける地合いができました。

そして、番長は自分の言動で友だちの一生が左右されるという責任に気づき、友だちの将来を心配して「不良グループの解散」という行動に出た・・・と容易に想像できます。

まあ、すべてがこのとおりにうまくいくとは限らりませんが、一つのスキルとして理解し、身につけておくことは大事だと思います。

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2020年12月
« 11月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

注目のお勧め記事!

  1. 2017-12-1

    達成感と充実感の違い

    目標を達成したときに得られるのが達成感ですが、同時にそのとき人は充実感も感じます。 充実感は幸…
  2. 2018-6-11

    【注意】無用なアドバイスは価値観の押し付けになる

    人は他人に何かを教えてあげたり、アドバイスをすることに喜びを感じます。 アドバイスできるのは、…
  3. 2020-10-23

    給料が上がっても油断してはいけない

    サラリーマが「高給取りになる」ことは一つの理想ですが、少し気をつけなければいけないのは、「給料が上が…
  4. 2018-6-18

    世の中の2割の人はあなたが何をしても否定する

    「20:60:20の法則」と呼ばれるものがあります。 全体を100としたら、そのうちの2割は優…
  5. 2017-2-25

    不動産セミナーで講師が話したキツイ嫌味

    過日(・・・と言っても随分前のことですが)、ある不動産セミナーに参加したときの話です。 その時…
  6. 2018-11-30

    借金で怖れなくてはいけないのは「金額」ではない!

    投資とは「対象物はそのまま保有して、そこから得られるインカムゲイン(派生益)を求めること」だと私は考…
  7. 2017-4-9

    【新年度】挫折しない「目標設定」で大事なこと

    人は、年初に目標を設定したりします。 キチンと紙に書いている人もいると思いますが、単に自分の願…
  8. 2018-8-25

    お金を貯めっ放しは「捨てた」も同然です

    家計のお金の流れは「稼ぐ→貯める→増やす→使う」です。 このうち「貯める」というところまでは多…
  9. 2017-2-8

    お金の失敗を早く経験することも大切

    外国の子どもは「働かないとお金を手に入れられない」という発想が身についていると言われます。 そ…
  10. 2019-11-16

    「残す」「あげる」は割に合わない財産移転方法かも?

    自分の財産を「残す」・・・というのは結局相続となり、相続税がかかります。 自分の財産を「あ…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る