上司に反抗するなら気をつけておきたいこと

私は会社員時代に、何度となく上司と衝突したことがあります。

私はイエスマンではなかったし、不条理なことや筋の通らないことが大嫌いだったので、そういうことを押し通そうとしてくる上司がいると必然的に衝突してしまったわけです。

それでも、まあ恙(つつが)なく出世して生きてこられたのは、実績をキチンと出し続けたということと、上司とぶつかる際に絶対に守るべきポイントを押さえていたからだと思います。

上司に反対するとき、絶対にやってはいけないのは「上司の人格否定」です。

たとえば「上司のことが嫌いだ!」・・・などといった意味のない意見です。

あくまでも反論すべき根拠は、上司の指示が「法律に違反している/会社の企業理念や経営理念に反している/会社にとって損害を与えることになる」といった筋の通ることでなければいけません。

「客観的に見て分はこちらにあり!」でなければ、タダの反発分子となり、即刻辞めさせるべき社員のレッテルを貼られてしまいます。

上司への個人攻撃は厳禁ですね。

・・・・・・・・・・・・・・

感情で上司の人格攻撃をすると、上司も結局は同じ土俵に乗ってきます。

その結果、自分の人格を傷つけられてイヤな思いをしますし、しこりが残ります。

しかも、上司・部下という力関係から言って必ず負けます。

百害あって一利なしです。

勝てる見込みのないケンカはしないほうが得策です。

そこで重要になってくるのが、先の法律や企業理念などの話になるのですが、加えて「数字」も重要な理論武装の武器になります。

ビジネスは何事も数字でとらえることが大事であり、数字は感情の対極に存在するものとも言えます。

感情ではなく、数字で議論をすると客観性が保ちやすくなります。

数字での反論に感情が差し挟まる余地はありません。

数字で議論をすると上司も納得せざるを得なく、しこりはあまり残りません。

もちろん、言い方も重要で、 最初からケンカ腰の物言いは禁物です。

柔らかく提案するような言い方がコツです。

それでも、上司がすぐに修正してくれなければとことん上記の手法で、自分のほうに「分がある」ことをわからせるしかありませんが、上司と雖(いえど)もたいしたリーダーでなければ、やはり説得するまでそれなりの労力は必要です(説得できないこともあるかも)。

だから、私はそうした余計なことはあまりしたくなかったのですが、それでも自分の信念を曲げて不当な行為をすることはしたくなかったので、結果的には上司と衝突する機会がたくさんあったわけです。

まあ、今ではただの武勇伝になりますが、自分が間違ってはいなかった・・・と今でも自信をもっていられるのは、やはりプロセスを重視して理論武装していたから・・・だと思います。

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ
澤井豊

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2020年9月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

注目のお勧め記事!

  1. 2017-12-8

    ソクラテスの言葉「お金持ちが…」

    ギリシャの哲人・ソクラテスの言葉にこんなのがあります。 「お金持ちがどんなにその富を自慢しても…
  2. 2018-5-28

    【必読】お金の教養は大切です

    人が親元を離れて経済的に自立しなければいけなくなったら、手元に入ってくるお金をどのように使うか、それ…
  3. 2017-1-10

    労働力不足→有効求人倍率上昇→技術革新

    仕事選びで極端なことを言うと、自分の希望する基準を下げれば世の中にそこそこの職(求人)はあります。 …
  4. 2017-7-21

    「投資脳」を持てない人はムリに投資をしないほうがいいかも?

    「投資とはインカムゲインを求めること」であり、キャピタルゲイン(売買差益)を求めるのは「投機」と私は…
  5. 2017-4-8

    サラリーマンがお金持ちになれない4つの壁

    サラリーマンがお金持ちになるためには越さなければいけないいくつかのハードルがあります。 いわゆ…
  6. 2017-9-24

    人に教えるときに大切にすべき3つのセット内容とは?

    スポーツでも勉強でも仕事でも、指導者や先生や先輩などが教えるときは、「○○をしなさい」・・・といった…
  7. 2019-4-8

    「理由」で動くことがナンセンスなわけ

    サラリーマンは「理由」で動き、ビジネスマンは「目的」で動きます。 理由というのは過去に紐づいた…
  8. 2017-1-18

    部下の欠点・短所を指摘するときのコツ

    上司が部下を自分のデスクに呼んだとします。 上司にそのつもりがなくても、上司の言うことは得てし…
  9. 2017-5-25

    【必読】家計改善は「固定費」の削減から・・・

    家計でも、会社経営でも、国の財政問題でも同じですが、収支の改善・やりくりを考えたときに一番重要となる…
  10. 2017-3-21

    【リーダー必読!】人事評価でリーダーが心がけること

    社員の仕事ぶりを評価するときには、いくつもの評価の仕方がありますが、例えばこんな切り口があります。 …

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る