飛べない鳥キーウイと護送船団方式

ニュージーランドには飛べない鳥「キーウイ」が生息しています。

キーウイは鳥であるにもかかわらず、翼が退化して飛ぶことができません。

それははるか7千万年以上も前の太古に、この地域が食肉性の哺乳類がいる地域と隔絶されたことに原因がある・・・と言われています。

つまり、天敵に襲われることがなくなり、逃げ回る必要がなくなり、やがて羽や尾が退化していった・・・ということです。

良く言うと羽を使わなくても済むように進化した・・・ですが、悪く言うとダラけているうちに退化してしまった・・・です。

出来事は一つでも、そのとらえ方はさまざまです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

日本の銀行はかつて「護送船団方式」で国に守られているので潰れない・・・という神話がありました。

「護送船団方式」というのは「一番遅い船に合わせて航海する」という意味で、転じて「一番収益の悪い銀行に合わせて国が面倒をみて、それがすべての銀行の永続を保証することを意味する」・・・といったものでした。

その結果、銀行は横並び・財務省(当時は大蔵省)の言うことを聞いていれば大丈夫、という志向で、銀行は表面的には給料も高く大学生の憧れの就職先でした。

しかし、その反面、本質的には競争力が低くなり、実態は弱体化していった・・・わけです。

天敵がいなくなった(=競争経済社会という概念がなくなった)ために、キーウイと同じで退化してちょっとしたことで滅びやすくなってしまったと言えます。

そして、バブル崩壊の歴史的過程の中でその神話も崩壊して消えていきました。

銀行はバブル崩壊時に財務力を強化することを言い訳に公的資金(←要は国民の税金のこと)を資本注入してもらい、年月をかけて倒産の危機から抜け出すことができました。

その間、多くの他の民間企業は公的資金の注入などといった温かい温情がないために倒産して消えていきました(かなり不公平な措置だったと思います)。

他の民間企業だったらとっくに破産していたところを、銀行は国の恩情で税金をもらうことで助けてもらった・・・というわけです。

私が気に入らないのは、その恩義をほとんどの銀行関係者は感じていない/感謝していない/自分たちは特別だというニセのエリート意識を持ったまま偉そうに振る舞っている・・・というところです。

まあ、今それを言ってもしょうがないことですが、キーウイが保護されて絶滅の危機を脱したように銀行もまた保護されて倒産の危機を脱した歴史は忘れてはいけないと思っています。

ぬくぬくとぬるま湯に浸かったビジネス展開をしていくと、目先は良いものの体力・自助力・サバイバル力が劣っていきます。

人も同じだと思います。

自己責任の原則の意識を失うと、生き抜いていく力がどんどん弱くなっていきます。

人の場合は、生活保護という政策以外は誰も助けてくれませんから、自分で生き抜いていくだけの経済力を持つことはとても大事だと思います。

自立して生き抜く経済力を持つ・・・これは本当に大事なことだと思います。

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2021年3月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

注目のお勧め記事!

  1. 2019-8-13

    「○○には価値がある」と思っている人を見つけてその○○を売り込む

    経済的に自由に生きたければ、早く自立することが必要です。 そのためには「稼ぐ力」を身に付け…
  2. 2019-2-24

    リタイア後に何年生きるつもりで、今を生きているか?

    医療技術の進歩によって、先進国では80年と思われていた人の一生が、今や100年はほぼ射程圏内になって…
  3. 2017-3-13

    最初は易(やさ)しいことから始めよう

    人は、時間をかけて得る結果をあまり選ぼうとしない傾向があります。 できればすぐに得られる結果の…
  4. 2017-12-29

    学者・評論家と実務家の発想の違い

    クイズです。 400円(100円玉4枚)を持ってパン屋さんにパンを買いに行き、130円(消費税…
  5. 2017-3-28

    若いときほど、金融商品よりも自分への投資を!

    金融商品に投資をして「お金に働いてもらう/お金がお金を生み出す」・・・ということを実践することは大切…
  6. 2017-9-2

    サラリーマン→個人事業主→法人社長という生き方

    世の中には、意図的に自分で描いた人生のステップを踏んで人生を謳歌していく人がいます。 サラリー…
  7. 2019-11-16

    「残す」「あげる」は割に合わない財産移転方法かも?

    自分の財産を「残す」・・・というのは結局相続となり、相続税がかかります。 自分の財産を「あ…
  8. 2017-9-24

    人に教えるときに大切にすべき3つのセット内容とは?

    スポーツでも勉強でも仕事でも、指導者や先生や先輩などが教えるときは、「○○をしなさい」・・・といった…
  9. 2018-7-26

    月々9万円強で「1,000万円」を買う?

    不動産は高額なことが多いので、多くの人は「借金(融資)」をして買います。 仮に「1,000万円…
  10. 2019-8-10

    親の遺産を当てにしないで生きる姿勢

    相続で「争続」になる人がいます。 意外なことに、そういった人は高額の遺産相続で揉めるのでは…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る