かすり傷は何度負ってもいいけど致命傷は負うな

お金の運用をするとき、リスク管理の観点から「分散投資」が良いと言われ、たとえとして「一つのカゴに卵を盛るな」とも言われます。

つまり、もしリスクを分散しないで一つのカゴに全部の卵を盛ってしまったら、カゴが落ちてひっくり返ってしまうと卵はすべて割れてしまいます。

投資で言えば、同じ株・投資信託・債券などにすべての資金を投じてしまったら、自分の意に反した値動きになったときに、最悪の場合、資金がパーになることもあり得ます。

そのため、「分散投資が大事」とされるわけです。

仮に、失敗して投資資金の3分の1くらいがなくなっても、残りの分でまあ何とか現場復帰して再び投資活動お行なうことができます。

これが、投資資金の100%を失ってしまったら、もはや投資運用をすることはできません。

そんなことから言われるのが「かすり傷は何度負ってもいいけど、致命傷は負うな」という言葉です。

・・・・・・・・・・・・・・

こうした発想は相場の世界のみならず、人生でも大事だと思います。

でも、多くの人は「かすり傷すら負いたくない」と思うもので、極端な言い方をすると「石橋を叩いても渡らない」ような人も世間には大勢います。

そういう人は、将来が不安定なサラリーマンよりも親方日の丸の公務員のほうが安全で良い」・・・とか、「ベンチャー企業・中小企業は将来どうなるかわからないから、やはり東証1部上場の大手企業が良い」・・・といった感じで、かすり傷の無い生き方を選ぼうとします。

それはそれでその人の自由ですし、間違いではないのですが、でも、たった一度限りの人生ですから、キチンと自分の「目的と目標」を見据えた仕事選びをすることが大切だと思います。

会社に入ってからも、果敢に挑戦姿勢で仕事を請け負ってバリバリ働くほうが私は良いと思うのですが、多くの人は 「とにかく失敗しないように・・・下手に新しいことに挑戦してうまくいかなかったら自分の評価が下がる・・・」と臆病になりがちです。

人生は計算はできませんが、計画はできます。

計算(=自分の思う通りの展開)はできなくても、計画(=こうありたい、こういう方向性で生きようという姿勢)はできると思います。

そして、だからこそ人生は面白いのですから、やはり挑戦という姿勢は大切だと思いますし、そのときはとにかく致命傷を負わない程度にチャレンジするのが良いと思います。

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2021年5月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

注目のお勧め記事!

  1. 2019-6-12

    「長期・積立・分散」が資産形成の王道

    今35歳の年齢の人は、倍返しの35年後は70歳です。 ちょうど今、「年金支給年齢が70歳か…
  2. 2017-4-8

    サラリーマンがお金持ちになれない4つの壁

    サラリーマンがお金持ちになるためには越さなければいけないいくつかのハードルがあります。 いわゆ…
  3. 2016-12-26

    不動産投資・投機熱が上がっている?

    先日、街の不動産屋さんの前を通りかかったら、表のガラス窓に「あなたもサラリーマン大家さんになりません…
  4. 2018-1-31

    トマス・J・スタンリーに学ぶ「お金持ちになるコツ」とは?

    『隣の億万長者』という本で有名な作家のトマス・J・スタンリーは、お金持ちになるコツとしてこんなことを…
  5. 2017-3-27

    継続すればいつか到達できます

    たとえば、今高速道路を走っていて目的地は100km先にあるとします。 高速道路ですから、時速1…
  6. 2017-2-12

    人生が輝いているときに見受けられる「ある共通点」とは?

    人はみんな1日24時間という枠組みの中で、眠ったり起きたりして生きています。 人生にはこの「眠…
  7. 2017-4-9

    【新年度】挫折しない「目標設定」で大事なこと

    人は、年初に目標を設定したりします。 キチンと紙に書いている人もいると思いますが、単に自分の願…
  8. 2018-7-16

    レバレッジを使いこなせる人間になろう!

    初めは人類よりも魚類のほうが海の中にたくさん潜ったり泳いだりすることができました。でも、今では潜水艇…
  9. 2017-11-1

    一流は「間(ま)」を縮める努力をしている

    毎日何かを連続してやっていると、次の日は「前回(前日)の終わり」からスタートできます。 ところ…
  10. 2017-6-25

    利己主義の人の発想にはついていけませんね

    利己主義の人は、「自分さえ良ければいい」という発想をします。 他人のことを何も考えないのは一見…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る