安く買えたかどうかは後でわかること

人は「欲しい!」と思ったときに「購買」という行動をとります。

 

「必要だ!」というときに購買行動をとると言うよりも、必要だと思うのと併せて「欲しい」と思えばお金を出すし(場合によっては「仕方がないな・・・という意味での「欲しい」もあります)、必要であっても「欲しい」とまでは思わなければ購入を控えます。

自分の欲望と向き合って、本当に欲しいものだけを買うなら余計な出費はしないのですが、心底欲しいわけではなくて一時的な衝動で欲しそうな気になっただけでもモノを買うことがよくあり、これがすなわち「無駄遣い」と呼ばれるものです。

 

たとえば、思わず目にした○○割引!の値札や、バーゲンセールでの△△%OFFなどです。

 

通常だったら買わないようなものでも、つい、買い物センサーが過剰に反応して「欲しい!」と思って購入します。

 

しかし、買った後に冷静になって考えて、「何でこんなものを買ったんだろう・・・」となったりもします。

 

・・・・・・・・・・・・

家電を見かけて、ついポップや表示に惑わされて安くなっているから・・・といって買ったは良いものの、その後に別のお店に行ったらもっと安く売っていた・・・ということがあります。

 

買ったときは「安く変えてラッキー!」と思っていたものの、もともと目を付けていたわけではなく、その場での衝動買いだったために、本来の価格相場を知らないことが原因で起きる悲劇です。

 

本当に安く買えたかどうかは、買ったときにはまだわからないもので、後々になってからわかるようになります。

 

ネットでも買い物でも同様です。

 

たまたま表示された商品がお買い得に見えて飛びついて買ったはいいものの、後でよくよく知らべてみたらお買い得でも何でもなく、他のショップでは普段からもっと安く売っていた・・・ということがあります。

 

人は商品を買った時点で「安かった!高かった!」と思いがちですが、本当に安かったのか高かったのかは後になってから決まるものです。

それは実質的な価値という意味においてもそのように言えます。

 

買い物をするときは、「心底欲しいと思うか?」を大きな基準にして判断をするクセを身につけておくようにすると、無駄な買い物は極端に減らせるかもしれないですね。

 

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2021年6月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

注目のお勧め記事!

  1. 2018-5-1

    【注意】三流社員で満足してはいけない

    新入社員は早く「一人前」になることを求められ、本人もそのつもりで働きます。 「一人前」とは「ひ…
  2. 2018-12-2

    未来の利益は経営者自身で「決める」ことが大切です

    社長(経営者)は、会社の利益数字をいつも頭の中で考える習慣が必要です。 未来の数字がいくらにな…
  3. 2018-12-24

    「宝探しゲーム」と「人生成功の本質」

    子どもが小さい頃、宝探しゲームをやりました。やり方は簡単です。 親が家の中に子どもが喜びそうな…
  4. 2020-12-16

    自分の手持ち現金・資産は確実に増えているのだろうか?

    人は成人してお金を自分の力で得るようになります。 ビジネスを行なってゼロか…
  5. 2018-5-13

    話し上手になる3つの「会話の極意」とは?

    自分は会話が苦手だ・・・と思う人は、たいてい「気の利いたことを言わなければバカにされる」とか「自分の…
  6. 2017-2-12

    人生が輝いているときに見受けられる「ある共通点」とは?

    人はみんな1日24時間という枠組みの中で、眠ったり起きたりして生きています。 人生にはこの「眠…
  7. 2017-5-20

    【必読】優秀な自動車セールスマンの極意とは?

    ある人(Aさん)から教えてもらった話ですが、昔、あるところに車の販売で非常に優秀な成績を収めている営…
  8. 2017-12-29

    学者・評論家と実務家の発想の違い

    クイズです。 400円(100円玉4枚)を持ってパン屋さんにパンを買いに行き、130円(消費税…
  9. 2018-11-2

    「期待値」で判断する投機手法

    人は、投機したお金が0円になる可能性がある・・・と最初からわかっていれば、その投機を控えるか少額に抑…
  10. 2017-8-31

    【不動産】仲介業者が大事にすべき客は買い手?売り手?

    株の売買は証券会社を通さないとできませんが、証券会社からすれば株を買う人も株を売る人も手数料を支払っ…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る