ノウハウとは、最大公約数のこと

料理などでよく 「母(おふくろ)の味」などと言ったりしますが、不思議なのはどんなに同じように料理をしても自分がつくるのとお母さんがつくるのではどこかビミョーに味が違う・・・ということです。

有名レストランのシェフが監修した料理本を見て何かをつくっても同様で、同じ味を再現することはけっこう難しいです。

何人かが同じ材料を使って、同じように料理をしてもそれぞれ味が異なります。

微妙に何かが異なっているように思えてしまいます。

わずかな時間の違いやわずかなグラムの違い等がいたるところに生じて、それらが複合的に重ね合って最終的な味の差になるのだと思います。

つまり、「ノウハウは同じでも結果は必ずしも同じものにならない」ということです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

世の中には「成功本」の類がたくさん売られています。

では、それらの本を読んだ人が皆成功しているか?・・・と言うと残念ながらそうではありません。

ノウハウは本から学ぶことができても、それを実行動に移すことができていないからです。

行動に移した人も、それぞれ微妙に差異が生じます。

同じノウハウを実践しても成功できる人とできない人がいるのは、料理と同じで「ノウハウを正しく実践することが難しい」からだと思います。

ノウハウとは言ってみれば「最大公約数」です。

いろんな角度から見た材料の良いとこ取りみたいなもので、それらの重なった集合部分がノウハウだと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ノウハウはもちろん大切なのですが、ノウハウばかりを追い求めるのではなく、マインド・心の姿勢を求めることが、もっと重要だと思います。

成功するのに必要なのは、ノウハウといった知識ではなく(←もちろん知識も必要ですが)、その知識をどう組み合わせてどう使えるか?・・・といったスキルがなければノウハウは活きてきません。

そのスキル(能力)を身につけるのは一朝一夕ではムリで、マインドがしっかり整っていなければ継続してスキルを身につけたり磨いたりすることはできません。

ローマは一日にしてならず・・・と同じで、ノウハウを得れば誰でもそう簡単に成功できるものではないですね。

ノウハウという最大公約数を身につけるには、その基礎部分がしっかりしていることが大事なのだと思います。

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2021年10月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

注目のお勧め記事!

  1. 2017-12-5

    不動産投資で焦って物件を購入するのはNG

    先日、ある不動産物件を紹介されて見に行ってきました。 残念ながら私の投資基準に合致するものでは…
  2. 2017-7-21

    「投資脳」を持てない人はムリに投資をしないほうがいいかも?

    「投資とはインカムゲインを求めること」であり、キャピタルゲイン(売買差益)を求めるのは「投機」と私は…
  3. 2017-12-16

    出来事は一つ、人生はそのとらえ方次第です

    たった1つの失敗で自信を喪失した人は、その出来事を「人生最悪の過去」と記憶しているかもしれません。 …
  4. 2018-6-3

    日大の教職員組合の要求/ピラミッド構造

    悪質タックル問題で揺れる日本大学ですが、日大教職員組合は5月31日に、内田前監督の常務理事などを含む…
  5. 2017-11-14

    【リーダーシップ】下の世代に受け継いでもらうこと/もらわないこと

    ハンムラビ法典にある「目には目を歯には歯を・・・」というのは、要はやられたらやり返せ!ということで、…
  6. 2019-6-24

    経営者/リーダー/マネージャーの違い

    経営者もリーダーも時には同じ意味で用いられることが多いですが、会社組織の中で、あえてそれを分けて考え…
  7. 2018-1-1

    ダイヤモンドの原石は磨かれてキレイになります

    ダイヤモンドを原石レベルから皆がよく知っている「ダイヤモンド」にするためには「磨く」という行為が必要…
  8. 2017-12-31

    【重要】上品な人と下品な人の差とは?(身口意の三業)

    よく「品がある/ない」という言い方をしますが、上品と下品とを分ける差は、なかなか言葉で言い表わそうと…
  9. 2017-12-30

    山形県鶴岡市議会の草島議員/責任ある立場に就いたら、6つの「た」が重要

    政治家の暴言はなくならないもので、今度は山形県鶴岡市議会の草島議員の暴言がニュースになっています。 …
  10. 2019-12-27

    お金を稼ぐ力は長期目線に立って考えると良い

    日本のプロ職人、社員、アルバイトなどの報酬・給料を時給換算した場合、その職種等によって約100倍近く…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る