適切なお金持ちのマインド/心の姿勢

収入が増えされすれば自分もお金持ちになれる・・・と思っている人がいますが、実際はそうではないと思います。

 

収入が増えても支出も増えてしまえば、結局手元に残るお金は微々たるものになります。

 

大事なのは「収入-支出」がプラスの数字で推移することであり、それも大きなプラスの数字で推移することが必要です。

お金持ちになっていく人は、ここがしっかりできている人たちです。

 

仮に、宝くじで5億円に当選したとしても、巷間言われるように、結局はそのお金を使い果たし、手元に残るお金が0円となり、さらにはマイナス状態となって、ついには破産に追い込まれてしまう・・・という人もいると思います。

 

人は、短期で棚からぼた餅状態で得たお金はすぐに使い果たす・・・というヘンな傾向があります。

 

では、一時的にお金を手に入れてもすぐに失ってしまう人と、ずっとお金持ちでい続けられる人との違いは何なのか?

→  それはやはり「心の在り方」であり、「お金に対する心の姿勢」だと思います。

 

ここで言う「お金に対する心の姿勢」とは、

1.お金を得ることは目的ではない

2.何かをするための道具としてお金を使う

ということをしっかり意識していることです。

 

・・・・・・・・・・・・・

多くの人は、お金持ちになるということは、誰か(他社)と競争して打ち負かしたり、あるいは限られた富を奪い合うことだと勘違いしています。

 

世の中には、実際、そうしたお金の稼ぎ方をする人が少なからずいますし、そういう方法しかしらない人もいるかと思います。

 

でも、お金の本質に立ち戻れば、お金持ちになるということは「他人に価値を提供した結果」だということに気づけます。

お金は力ずくで奪うものではなくて、「相手から喜んで提供してもらうもの」だと解釈することが大事だと思います。

 

たとえば、ヘンな話かもしれませんが、1億円の家を作って販売すれば、売った人の手元には1億円が残り、買った人にの手元には1億円の家が残ります。

 

すると、1億円が合計で2億円になったと言えます。

新たに価値を生み出したことで/その価値を提供して相手に喜んでもらえたことで、自分の手元にはお金ががっぽり入ってきてお金持ちになれた・・・というわけです。

 

大変えれば、「誰かを幸せにすることで自分がお金持ちになった」ということです。

 

お金や富というのを「有限」だと理解するよりも、「無限に生み出すことができるもの」と理解したほうがベターです。

 

そう考えれば、既に存在しているお金・富を奪うのではなく、「新たな価値を生み出して、他人を豊かに幸せにしてあげて、その結果、自分もお金持ちになれる」・・・と解釈することができると思います。

 

適切なお金持ちのマインド/心の姿勢をもってお金に向き合い、正当で適切な手法でお金を稼いでいくことが、長く幸せに生きていくうえでは重要になってくると思います。

 

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2021年6月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

注目のお勧め記事!

  1. 2018-11-12

    【成功法則】「ビジネスの成功者」はリスクを背負って昇ってきた

    たとえば一つの商品で原価を1万円、販売価格が2万円だとすると、差額の1万円が儲け(利益)となります。…
  2. 2018-6-7

    お金持ちが政権安定を望むわけとは?

    先日のニュースで、あるアンケート調査によると「富裕層ほど現政権の維持を望む声が多くなっている」・・・…
  3. 2019-9-7

    本を買いすぎて貧乏になった人はいない!

    自己破産をしたり、貧困生活を送る羽目になってしまう主な原因は「過剰な消費活動」にあります。 も…
  4. 2018-11-3

    サントリー2代目社長佐治敬三の戦略に学ぶ

    サントリーの創業社長「鳥井信次郎」の実の息子である敬三氏は母方の姓を継いで「佐治敬三」と名乗っていま…
  5. 2018-12-21

    【注意】投資がキケンなのではなく◯◯◯がキケンです!

    世の中には「投資はキケンだから絶対にやらない!」という人もいます。 もちろん、それはその人の自…
  6. 2017-1-16

    ビットコイン(Bitcoin)とサトシ・ナカモトとクレイグ・ライト

    仮想通貨と呼ばれるものの中で、今一番有名なのはビットコイン(Bitcoin)だと言われます。 …
  7. 2019-3-21

    転職後に留意すべき3つのこと

    会社を辞めて別の会社に転職することは、今では決して珍しいことではなくなりました。 私が転職…
  8. 2017-11-16

    事業が不振だった時の事業報告書は要チェック!

    上場企業では、事業年度ごとに必ず決算短信を提出して広く投資家の人の目に触れるようにすることが義務付け…
  9. 2017-5-25

    【必読】家計改善は「固定費」の削減から・・・

    家計でも、会社経営でも、国の財政問題でも同じですが、収支の改善・やりくりを考えたときに一番重要となる…
  10. 2018-1-12

    【幸運を得る方法】分かち合う→これってやっぱり大事です!

    お金が儲かる話や、時間やお金を節約できる話や、ビジネスに関連する出会いがありそうな場所や、美味しいレ…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る