適切なお金持ちのマインド/心の姿勢

収入が増えされすれば自分もお金持ちになれる・・・と思っている人がいますが、実際はそうではないと思います。

 

収入が増えても支出も増えてしまえば、結局手元に残るお金は微々たるものになります。

 

大事なのは「収入-支出」がプラスの数字で推移することであり、それも大きなプラスの数字で推移することが必要です。

お金持ちになっていく人は、ここがしっかりできている人たちです。

 

仮に、宝くじで5億円に当選したとしても、巷間言われるように、結局はそのお金を使い果たし、手元に残るお金が0円となり、さらにはマイナス状態となって、ついには破産に追い込まれてしまう・・・という人もいると思います。

 

人は、短期で棚からぼた餅状態で得たお金はすぐに使い果たす・・・というヘンな傾向があります。

 

では、一時的にお金を手に入れてもすぐに失ってしまう人と、ずっとお金持ちでい続けられる人との違いは何なのか?

→  それはやはり「心の在り方」であり、「お金に対する心の姿勢」だと思います。

 

ここで言う「お金に対する心の姿勢」とは、

1.お金を得ることは目的ではない

2.何かをするための道具としてお金を使う

ということをしっかり意識していることです。

 

・・・・・・・・・・・・・

多くの人は、お金持ちになるということは、誰か(他社)と競争して打ち負かしたり、あるいは限られた富を奪い合うことだと勘違いしています。

 

世の中には、実際、そうしたお金の稼ぎ方をする人が少なからずいますし、そういう方法しかしらない人もいるかと思います。

 

でも、お金の本質に立ち戻れば、お金持ちになるということは「他人に価値を提供した結果」だということに気づけます。

お金は力ずくで奪うものではなくて、「相手から喜んで提供してもらうもの」だと解釈することが大事だと思います。

 

たとえば、ヘンな話かもしれませんが、1億円の家を作って販売すれば、売った人の手元には1億円が残り、買った人にの手元には1億円の家が残ります。

 

すると、1億円が合計で2億円になったと言えます。

新たに価値を生み出したことで/その価値を提供して相手に喜んでもらえたことで、自分の手元にはお金ががっぽり入ってきてお金持ちになれた・・・というわけです。

 

大変えれば、「誰かを幸せにすることで自分がお金持ちになった」ということです。

 

お金や富というのを「有限」だと理解するよりも、「無限に生み出すことができるもの」と理解したほうがベターです。

 

そう考えれば、既に存在しているお金・富を奪うのではなく、「新たな価値を生み出して、他人を豊かに幸せにしてあげて、その結果、自分もお金持ちになれる」・・・と解釈することができると思います。

 

適切なお金持ちのマインド/心の姿勢をもってお金に向き合い、正当で適切な手法でお金を稼いでいくことが、長く幸せに生きていくうえでは重要になってくると思います。

 

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2021年3月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

注目のお勧め記事!

  1. 2018-11-30

    借金で怖れなくてはいけないのは「金額」ではない!

    投資とは「対象物はそのまま保有して、そこから得られるインカムゲイン(派生益)を求めること」だと私は考…
  2. 2018-3-11

    【重要】税金を払ってから資産を買うか、資産を買ってから税金を払うか?

    昔、不動産投資を勉強し始めたころに「目からウロコが落ちた学び」がいくつもありました。 そのうち…
  3. 2018-4-7

    「傍観者」の生き方より「挑戦者」の生き方を!

    サラリーマンに次の言葉を投げかけて、その後に自分だったらどんな言葉を続けるか聞いてみると、たいてい2…
  4. 2017-5-26

    大切なことは「始めること+続けること」

    相田みつをさんの言葉に 「そんとくか 人間のものさしうそかまことか 佛(ほとけ)さまのものさし…
  5. 2021-2-16

    300万円の元手で車を買うなら…?

    仮に今自分が300万円を貯金していて、特に使い道が決まっていないと仮定します。 …
  6. 2017-2-11

    ピンチの時、イモ・タマゴ・コーヒー粉のどれになる?

    人が心を入れ替えて変化を起こす時というのは、たいてい何か辛い経験をしたときだと思います。 あま…
  7. 2017-12-16

    出来事は一つ、人生はそのとらえ方次第です

    たった1つの失敗で自信を喪失した人は、その出来事を「人生最悪の過去」と記憶しているかもしれません。 …
  8. 2017-3-28

    若いときほど、金融商品よりも自分への投資を!

    金融商品に投資をして「お金に働いてもらう/お金がお金を生み出す」・・・ということを実践することは大切…
  9. 2018-7-28

    【保存版】不動産を相続した後で留意しておくべき事

    世間では「相続で不動産を手に入れた」という人もいると思います。 その不動産が「自分が居住する家…
  10. 2015-7-21

    マイナンバー制度で日本郵政に特需あり!

    日本全国の国民にマイナンバーが割り振られた通知が届くのは10月の予定です。 来年(2016年)…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る