入居者の不満を拾う

ある不動産関連会社の調査によると、住む部屋を借りていた人が引越しをするときの主な理由は次のような順になっていたそうです。

 

1位:部屋そのものに不満があった 22%

2位:もっと良い部屋を見つけた 20%

3位:結婚して手狭になった 18%

4位:転勤のため 17%

5位:更新時期をきっかけに 16%

 

5位の理由は結局1位と2位に絡むと思いますが更新時に更新手数料を支払うくらいなら、たとえそれ以上に費用がかかってもその部屋を出ていきたい(引越ししたい)と思わせてしまうのはちょっと罪なことかもしれません。

 

人によって「住みやすい部屋」「暮らしやすい環境」「満足できる物件」というのは異なりますから、ある人にとってはグッドでも別の人にとってはバッドになったりします。

 

それを踏まえても、ある程度の人にとって共通した「良い部屋・住みやすい環境・満足できる物件」というのはやはりそれなりの共通項があると思います。

 

たとえば、「広い・設備が最新で充実している・キレイ・駅から近い・陽当たりが良い・

スーパーやコンビニが近い・道路に面している・静か・隣人が善い人・職場や学校から近い・夏でも涼しい・冬でも暖かい」・・・などです。

 

満足できる・・・とまで言わなくても、少なくとも「大きな不満はない」と思ってもらえるような不動産物件(部屋)でなければ、長期の入居は望みにくいと思います。

 

実際、不満を持っている人の35.2%が引っ越しを検討している・・・というデータもあるそうです。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

人から教えてもらった手法ですが、既存の壁の上に「断熱材」を取り付けたり「石膏ボード」を追加で張るだけでも音が柔らかくなり、若干ですが断熱性も向上するそうです。

 

そして、この「若干の差」が実は大きな差になったりするそうです。

 

それを実行するには手間もお金もかかりますが、そうすることで入居を維持でき退去の防止につながる、費用対効果は高いかもしれません。

 

不動産投資(不動産賃貸事業)を行なう者にとって、退去ほど苦痛なことはありません。

 

退去を防げるのなら、多少の出費はガマンしてでも行いたいものです。

 

いったん工事をしておけば、次からはそうなっていることを前面に押し出して、他の物件との差別化を謳い、だから家賃が少し高くなっている・・・と説明する手もあります。

 

工事を施すチャンスは「退去があったとき」です。

 

目先の損より長期の得をとれ!・・・です。

 

石膏ボードを既存の壁の上に追加施工して、次の人が長期で入居してくださることを見当してみる・・・という手をどこかで私もやってみようと思います。

 

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2021年3月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

注目のお勧め記事!

  1. 2018-11-1

    投資における借金は「良い借金」

    投資を考えたときに、自己資金だけで行なうのも勿論アリですが、あえて借金をすることでレバレッジを効かし…
  2. 2018-8-20

    新社会人に必要な「多岐亡羊(たきぼうよう)」とは?

    クイズやレジャー施設にある「迷路」というのは、「入口は一つ、出口も一つ、でもその途中経路は複雑でいく…
  3. 2018-8-7

    「働く」のは自分ではなくお金を!

    海外旅行に行くといつも思うのは、たとえ自分が飛行機に乗って雲の上だろうが、客船に乗って海の上だろうが…
  4. 2018-4-14

    社会人1年目の人へのアドバイス

    新入社員・・・社会人1年目の人が「何かアドバイスをください・・・」と聞いてきたなら、私はいつもこうア…
  5. 2018-5-9

    「アメとムチ」マネジメント→「アメとアメ無し」マネジメントへ

    人を働かす最も原始的なものは、もしかすると「ムチ」だったのかもしれません。 古代の奴隷たちが鞭…
  6. 2019-6-20

    定年退職時5000万円の持ち金の行方

    仮に、サラリーマンが65歳で定年退職をするときに、それまでコツコツと貯めてきたお金が3000万円+退…
  7. 2017-8-3

    ○○歳のときにやっておくべき△個のこと

    人間の年齢を数えるときに1歳はひとつ、2歳はふたつ、3歳はみっつ・・・と数えていきますが、10歳では…
  8. 2017-1-8

    連合の神津会長/頑張れば賃金上がるという常識

    2017年の春闘について「連合」の神津会長はNHKのインタビューで「頑張れば賃金が上がるという常識を…
  9. 2017-3-10

    熱心な営業マンと立派な営業マン

    世の中にはいろいろな経営者がいて、中には「名経営者」として世間に広く名前が知れている人や、亡くなった…
  10. 2017-4-6

    仕事の受注で他社に負けないための3つのポイント

    ビジネスでは、業務委託を受けることで売上を増やせるケースがあります。 自社が委託を受ける場合は…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る