子どもは遊びからルールを学び成長していく

私が子どもの頃は、近所の空き地で放課後にみんなが集まってボール遊びをしたりして遊んだものです。

 

世代が移り変わると、多くの子どもたちは学校が終わった後はポータブルテレビゲームで遊ぶようになり、最近ではそうしたことすらなくなって、塾や習い事に通うのでみんな忙しいようです。

 

昔は、野球などのスポーツや遊びを通して「チーム戦(団体戦)がどんなものか」ということを子どもは学んだものですが、最近の子どもたちはそうした学びの場がかなり無くなってきたように思えます。

 

集団の中で遊ぶことでそこに存在するルールを知り、ルールを守らなければいけないこと・・・を子どもたちは自然と学んでいきますが、そうした場(環境)がないと、学ぶことができずに独りよがりの我が儘な発想しかできない子に育つ恐れがあると思います。

 

昔は、「何が公平で何が不公平か?」を認知することがいかに大事なことかを知り、ルール違反をするとこっぴどく叱られたものです。

 

だから、電車の中や公共の場で大騒ぎをするなんてことは絶対にしない子どもが育ちました。

 

遊びの中のルールは、親や先生からの圧力よりも強力で、グループ内はルールによって一種の統制がなされていたものです。

 

そして、最終的な判断(ジャッジ)はコーチやアンパイヤといった中立的な立場の人に委ねられるということも子どもは学びました。

 

それが、年齢を重ねて中学生・・・高校生・・・となっていくと、今度はルールは二義的なものとなり、関心は「いかにルール違反ギリギリのところで勝って、ペナルティを課せられずに済むか」ということに移っていきます。

 

まあ、子どもの頃ってそんなものだったと思います。

 

でも、そうした経験が知らず知らずのうちに実は非常に役に立っていて、大人になって社会に出て働きに出たとき、ルールに従う/圧力に耐え忍ぶ/勝つまではあきらめない/仲間を信頼し尊重する・・・などといったことにその威力を発揮できたものです。

 

他人と一緒に何かをする・・・団体の中で何かを成し遂げる・・・ということに対する準備・トレーニングができていたわけです。

 

チームプレイでは、個人とチームの利益が対立する場合、チームのそれを優先して個人のそれを犠牲にするのが原則です。

 

そうでなくスタンドプレーばかりしていると、いくらスター選手といえども同僚から見離されてしまいます。

 

自分の実力に見合った競争が求められ、その中でベストを尽くすことが必要ですが、それはそっくりビジネスの世界/会社組織の中でも当てはまります。

 

「中立の立場の人がジャッジする」・・・という枠組みに中で「ルールを順守する」という姿勢を保ってきた経験がない人は、独善的で我が儘で、自己中心でしか物事が見えず、他人の迷惑を顧みない、程度の低い人間になります。

 

そんな生き方はNGだと思います。

 

「社会」という大きな枠の中にもルールは存在しますし、「会社」という小さな枠の中にもルールは存在しますし、「家庭」というさらに小さな枠の中でもルールは存在します。

 

人は一人きりで生きているわけではないことを前提に考えるなら、やはり周囲と強調し、ルールを守るという姿勢は貫くことが必要ですし、それを子どもの頃からしっかり認識指せ、教育・躾をすることは大切だと思います。

 

 

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2021年7月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

注目のお勧め記事!

  1. 2017-6-29

    レンタルビジネスをある視点でとらえると・・・

    私は映画は映画館で観るので、DVDを借りて観るという習慣がありません。 したがってそうしたお店…
  2. 2017-1-27

    毎月1万円を積み立てていくと・・・

    「毎月少しずつお金を貯めていきなさい。そうすれば年末にはビックリするでしょう・・・・・・あまりの少な…
  3. 2018-2-19

    何かに行き詰ったらやってみると良い方法

    人から教えてもらった方法ですが、自分が何かで落ち込んだり凹んだ気持ちになっていて、自信を取り戻したり…
  4. 2019-5-3

    説教をするお金持ちはニセモノ

    ある程度の人格者であるお金持ちは「自ら進んで他人に説教をする」なんてことは決してしません。 …
  5. 2016-12-29

    北斗の拳/ラオウの最期の言葉

    『北斗の拳』というマンガでラオウが自分の人生最期に放った言葉「我が生涯に一片の悔い無し!」というセリ…
  6. 2017-3-26

    【経営者注目!】新規参入でビジネスを早く軌道に乗せる裏技とは?

    一般的に、既に市場が出来上がっている業界に新規で参入していくのは「レッドオーシャンに飛び込む」・・・…
  7. 2017-8-31

    【不動産】仲介業者が大事にすべき客は買い手?売り手?

    株の売買は証券会社を通さないとできませんが、証券会社からすれば株を買う人も株を売る人も手数料を支払っ…
  8. 2017-7-2

    商談先でお茶を出されたときのマナー

    ビジネスでは好むと好まざるに関係なく他の会社を訪問してテーブルをはさんで商談を交わすことがあります。…
  9. 2017-12-1

    達成感と充実感の違い

    目標を達成したときに得られるのが達成感ですが、同時にそのとき人は充実感も感じます。 充実感は幸…
  10. 2017-7-16

    太宰春台の『産語』に学ぶリーダーの姿勢

    江戸時代中期の儒学者「太宰春台(だざい しゅんだい)」の著書『産語』にこんな話があります。 あ…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る