自分の居場所が日々変化していることに気づこう!

こんな中国の昔話があります。

その昔、楚の国のある男が舟に乗って川を下っていた。

彼はついうっかりして、持っていた剣を水の中に落としてしまった。

「ポチャン・・・!」

剣はみるみるうちに川の底に沈んで見えなくなってしまった。

彼は大慌てして懐から小刀を取り出すと、剣を落とした船縁(ふなべり)に印を刻んだ。

船縁なんかに印を刻んでどうするんだ?とその舟に一緒に乗っていた仲間が尋ねると、彼はこう言った。

『俺の剣はここから落ちただろ?だから、ここに印をつけておけば剣のありかがわかるって寸法さ!舟が止まったら後でこの下を探せばいいのさ』

彼は得意げにそう語ったが、そう話している間にも舟はドンドン川下へと下っていった。

もはや剣がどこに沈んだのか誰にもわからなくなっていた。

– 「中国古代寓話集」(後藤基巳) –

・・・・・・・・・・

冷静に考えれば、この男の言っていることが非論理的で支離滅裂であることがわかります。

 

でも、話している男はいたって自分が正しいと思い込んでいるようです。

 

こんな事例は現代社会においても意外と少なくないかもしれません。

例えば、過去の自分の成功法に固執して時代の流れに逆らい、その結果世間から消えていったという人も多くいます。

時代は常に変化しています。

 

舟が川を下っているという流れ(変化)を無視して印を刻み付けても無意味です。

 

「机と椅子」のセットが当たり前だった会社も、昨今では「机はあるけど椅子はない」という方向に向かっているところがあります。

 

「パソコンで処理」していたのに、いつにしか「スマホで十分」という時代になりつつあります。

 

そもそも「スマホ」だってかつては「ガラケー」が主流だったものです。

 

もはやガラケーは消えゆく道具の一つです。

 

イノベーションが起きて過去のビジネスモデルが変わる/なくなることは当たり前のことです。

 

だから、私たちも一歩先二歩先を考えて自分を変化させる用意を忘れてはいけないですね。

 

変化がある中でその変化に逆らっても無意味です。

 

自分の居場所/仕事をする立場が日々変化していることに気づいて、過去に固執することなく柔軟に発想を切り替えることが大切だと思います。

 

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2022年9月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

注目のお勧め記事!

  1. 2016-12-29

    為替で1ドル117円30銭~40戦という意味

    今年の1月は1ドル≒117円台でした。 12か月間でいろいろ動いて、結局この年末の為替相場は1…
  2. 2018-1-15

    残業が減って「副業」が認められる時代

    昨年大きな話題となったことの一つに「電通に端を発する長時間労働問題」や「政府公認による企業の副業禁止…
  3. 2017-5-17

    不動産投資はローンを使うとレバレッジ投資になります

    野球で言えば体が大きくてパワーもあるバッターだと、軽くバットを振るだけでホームランや長打を打つことが…
  4. 2019-5-31

    投資を自分の人生に組み入れよう!

    普通の企業では、いわゆる「投資活動」がごく当たり前に行なわれていて、これなくして企業の存続/成長発展…
  5. 2018-3-8

    【重要】貯金を「必要経費」と思い込む

    貯金ができない人には共通点があります。 それは、「給料が入ってもそこからすぐに貯金分を取り分け…
  6. 2018-4-6

    投資資金を区分けすることも大切です

    お金がある程度貯まってきたら、人はそれを使って「お金を増やしたい」と思い始めます。 お金を増や…
  7. 2018-5-23

    「強制貯金をすること」の隠された意義とは?

    投資をするには、軍資金として500万円とか1000万円といった元金が無いよりもあったほうがベターです…
  8. 2018-2-6

    ビットコイン(仮想通貨)がインフレ起爆剤になるか?

    580億円分の仮想通貨「NEM」がコインチェックから流出した問題についていろいろな説が囁かれているよ…
  9. 2022-5-16

    終わりよければすべて良しの発想を店舗商売に置き換えると…?

    店舗商売(ビジネスモデル)では「いかにしてお客さまに来てもらうか」が大事ですが、それに加えて「いかに…
  10. 2017-2-3

    経済的自由を得るには?

    普通の一般的な人が「経済的自由を得たい!」と思うなら、経済的自由を得るためのレールに乗ることが大事で…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る