人が決めた道ではなく、自分が決めた道を選ぼう!

多くの人は「人生設計」に関して保守的かもしれません。

 

ここで言う「保守的」というのは、決められたルートを選びがち/親が決めた選択肢を疑いもせずそのまま自分の選択肢として決めてしまう・・・ということです。

 

小学生や中学生くらいのときはそれでも仕方ありませんが、高校生から大学生になるタイミング、大学生から社会人になるタイミングでは、もっと自分の人生を自分の意思で決めることを中学・高校くらいで学んでおいても良いと思います。

 

多くの人は、周囲の人(親や先生や友だち)に言われるがまま、何となく自分の学力偏差値が該当する学校を選んだり、少しでも高い偏差値の学校に入ろうとしたり、できるだけ有名な会社に就職しようとしたり、少しでも大きな会社に就職しようとしがちです。

 

そして、その会社で一生を勤め上げ、定年退職をして何となく日々を過ごしていく・・・といったルートを辿ろうとします。

 

ベルトコンベヤーのように進んで行くわけですが、そこから外れるともうそのルートに戻れないような気がして人は臆病になるのかもしれません。

 

本当は、外れたら外れたでまた別ルートを開拓すればいいだけなのですが、多くの人はそれを怖がります。

 

人生の選択肢は、何もそのルート一つ限りではないことに早く気づくことが大事です。

 

別にそのルートから外れても全然人生の落後者ではないし、自分のことを落ちこぼれだなんて卑下する必要もありません。

 

ランチ(食事)で言えば、午後2時までしかやっていないお店に2時過ぎに行って閉店していたなら、別に他の店へ行けばいいだけのことで、次にお店が開く夕方5時までお店の前で待つ必要はない・・・といった感じです。

 

自分にはさまざまな可能性があって、またさまざまな選択肢がある・・・ということに気づかないと、人は盲目的にたった一つのことだけがすべてだと勘違いしてしまいます。

 

他の人が選んでいる選択肢と同じが良く、かつ、それしかない・・・と思ったら、そこが大間違いのポイントです。

 

むしろ、他の人が選んでいる選択肢と同じ選択をすることは面白くない/つまらないと思うくらいでちょうど良いと思います。

 

みんなが向かっている方向だけが正しいという保証はないし、もちろん自分が選ぶ方向だけが正しいという保証もありません。

 

同じ保証がないのなら、最後は自分の意思で自分で決める!・・・という胆力が大切だと思います。

 

なぜなら、時代は変化し、従前に正しかったことも数年後には正しくないことに入れ替わっていることも多々あるからです。

 

自分で考え、自分が良いと思う選択をすることで、将来、何歳になっても後悔だけは絶対にしない!という気持ちが強く持てるようになると思います。

 

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2022年7月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

注目のお勧め記事!

  1. 2018-12-2

    未来の利益は経営者自身で「決める」ことが大切です

    社長(経営者)は、会社の利益数字をいつも頭の中で考える習慣が必要です。 未来の数字がいくらにな…
  2. 2018-5-28

    【必読】お金の教養は大切です

    人が親元を離れて経済的に自立しなければいけなくなったら、手元に入ってくるお金をどのように使うか、それ…
  3. 2018-5-1

    【注意】三流社員で満足してはいけない

    新入社員は早く「一人前」になることを求められ、本人もそのつもりで働きます。 「一人前」とは「ひ…
  4. 2017-9-9

    【投資】ローリスク・ハイリターン商品が無いわけ

    投資でも投機でも、リターンを求める行為に「リスク」は付き物です。 人はリスクを嫌いますから、一…
  5. 2017-3-7

    働くとなぜお金がもらえるのか?

    働く(もしくは仕事をする)と、たいていはお金をもらえます。 逆に言えば、お金をくれないのならほ…
  6. 2018-8-25

    お金を貯めっ放しは「捨てた」も同然です

    家計のお金の流れは「稼ぐ→貯める→増やす→使う」です。 このうち「貯める」というところまでは多…
  7. 2018-7-22

    【必読】お金持ちになるコツ(願望の叶え方)

    英語を話せるようになりたければ、英語を話せる人に近づき、教わることがコツの一つです。 スペイン…
  8. 2020-4-25

    環境の変化に対応しなければ生き残れない

    かつてダーウィンが『進化論』で説いたこと =「生き残るのは強いものでも優秀なものでもなく変化に…
  9. 2021-7-29

    競争は「被(かぶ)る」ことで生じます

    一口で「陸上競技」・・・と言っても、その括りの中にはいろんな陸上競技があって、たとえばマラソン選手と…
  10. 2018-7-6

    見逃しの三振ほどもったいないことはない

    野球ではアウトを3つとれば攻守交替となります。そのアウトの取り方/取られ方にはいろいろありますが、攻…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る