人生は「睡眠・プライベート・仕事」に大別できます

人生は突き詰めると3つのカテゴリーに分けられます。

 

その3つとは「睡眠」「プライベート」「仕事」です。

 

仮に、1日24時間を単純均等計算すれば、「睡眠8時間」+「プライベート8時間」+「仕事8時間」で合計24時間です。

 

まあ、現実的には人によってその時間配分は異なりますが、原則的には「それぞれを8時間目安」という認識をまずは持っておくと良いと思います。

 

そうすると、その配分量が「多い」とか「少ない」という判断基準にもなり得ると思います。

 

仕事で多くの残業もする人も多いでしょうし、また通勤時間も仕事の一部と考えれば、サラリーマンは圧倒的に仕事に費やす時間が多いと言えそうです。

 

一方で、仕事をしていない人/リタイア組の人は圧倒的にプライベートの時間が多くなります。

 

人によって時間配分は違うものの、その「最も時間を費やすモノがやり甲斐がなかったり楽しくなかったりすれば人生の充実度は薄い」と言えます。

 

だからサラリーマンは「仕事を充実させる」ことが大事ですし、リタイアした人は「プライベートを大切にする」ことが大事です。

 

人生の多くの時間を費やすこと(仕事・プライベート)が充実していなくて、私的な充実はあり得ないといっても過言ではないと思います。

 

そう言う意味では、「ワークライフバランス」というよりも「ワークインライフ/プライベートインライフ」といったほうが意味が通りやすいかもしれません。

 

昭和世代の人たちは仕事の中に人生があるという時代を生きてきたので、言ってみれば「ライフインワーク」だったと思います。

 

平成になると、「ワークライフバランス」といった感じで、仕事と人生のバランスをとるという発想が大切とされる時代になりました。

 

そして、今(令和)は、「ワークインライフ」の発想を持つ人が増え、人生の中に仕事がある/仕事は人生の一部なんだという考えが常識化してきたように思えます。

 

・・・・・・・・・・

仕事が「できる」「できない」をX軸にとり、プライベートが充実「している」「していない」をY軸にとってそれぞれを組み合わせると4つのパターンに分けられます。

1.仕事もプライベートも充実している人

2.仕事は充実しているが、プライベートは充実していない人

3.仕事は充実していないが、プライベートは充実している人

4.仕事もプライベートも充実していない人

「1」のパターンでありたいものです。

 

また、ここで仕事(ワーク)とライフを分けずに、令和の発想で「ライフの一部にワークを組み込んで『どんなライフを送るか?』を考える」と人生の幅が広がるかもしれません。

 

人生は「睡眠・プライベート・仕事」に大別できますが、たいていの人は「仕事」を有して生きているので、その「仕事」を人生の中に上手に組み込んで幸せに生きていきたいものですね。

 

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2022年11月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

注目のお勧め記事!

  1. 2019-6-5

    【重要】投資は必ず「頭金」を用意してから行なう!

    金融投資というのは、文字どおり「資金」をまずは「投じて」、後々に「投じた資金以上のお金を回収すること…
  2. 2017-11-6

    【重要】罰する必要のない人を罰しない!

    自分の人生がうまくいってる・・・と思う人は、心が穏やかになって他人に接する態度も柔らかなものです。 …
  3. 2019-1-20

    アメリカでは自己破産しても再起可能ですが…

    トランプ大統領は過去にカジノ・リゾート事業を経営する会社を4度も倒産させているそうです。最初の倒産は…
  4. 2019-10-27

    経済破綻しないためのコツ=収入の範囲内で生活

    サラリーマン家計が破綻しないための最大のコツは「その月の収入の範囲内でその月の生活をする/支払いをす…
  5. 2020-6-11

    安易に「副業」を始めて二重に苦労をしてはいけない・・・

    ちょっと前まで新型コロナで世間は不安と恐怖でいっぱいだったと思いますが、「喉元過ぎれば熱さ忘れる」・…
  6. 2017-3-7

    働くとなぜお金がもらえるのか?

    働く(もしくは仕事をする)と、たいていはお金をもらえます。 逆に言えば、お金をくれないのならほ…
  7. 2017-4-21

    貯金をするタイミングは「お金が入ってきたとき」

    たとえば、今50歳の人が65歳の定年退職後に客船で世界一周旅行に出かけたい・・・それには約1千万円の…
  8. 2022-7-9

    周囲の状況は「自分」を映す鏡のようなもの・・・

    W・クレメント・ストーンの言葉に 「環境選びは慎重にしましょう。 なぜなら、環境はあなた…
  9. 2017-1-27

    毎月1万円を積み立てていくと・・・

    「毎月少しずつお金を貯めていきなさい。そうすれば年末にはビックリするでしょう・・・・・・あまりの少な…
  10. 2019-8-19

    「お金持ちは悪いヤツ」という洗脳?

    日本人はどちらかというと「お金=汚いもの、お金持ち=悪人」・・・といったイメージを持つ人が多いとよく…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る