人生は「睡眠・プライベート・仕事」に大別できます

※当サイトは個人ブログです。アフィリエイト、対価の伴う商品紹介等は一切行っておりません。
※当サイトのイメージ画像は https://pixabay.com/ 様に登録されているクリエイター様の制作画像を利用しております。
※当サイトのイメージ画像は、Pixabay様の定める「コンテンツライセンスの概要」を遵守し利用しております。

人生は突き詰めると3つのカテゴリーに分けられます。

 

その3つとは「睡眠」「プライベート」「仕事」です。

 

仮に、1日24時間を単純均等計算すれば、「睡眠8時間」+「プライベート8時間」+「仕事8時間」で合計24時間です。

 

まあ、現実的には人によってその時間配分は異なりますが、原則的には「それぞれを8時間目安」という認識をまずは持っておくと良いと思います。

 

そうすると、その配分量が「多い」とか「少ない」という判断基準にもなり得ると思います。

 

仕事で多くの残業もする人も多いでしょうし、また通勤時間も仕事の一部と考えれば、サラリーマンは圧倒的に仕事に費やす時間が多いと言えそうです。

 

一方で、仕事をしていない人/リタイア組の人は圧倒的にプライベートの時間が多くなります。

 

人によって時間配分は違うものの、その「最も時間を費やすモノがやり甲斐がなかったり楽しくなかったりすれば人生の充実度は薄い」と言えます。

 

だからサラリーマンは「仕事を充実させる」ことが大事ですし、リタイアした人は「プライベートを大切にする」ことが大事です。

 

人生の多くの時間を費やすこと(仕事・プライベート)が充実していなくて、私的な充実はあり得ないといっても過言ではないと思います。

 

そう言う意味では、「ワークライフバランス」というよりも「ワークインライフ/プライベートインライフ」といったほうが意味が通りやすいかもしれません。

 

昭和世代の人たちは仕事の中に人生があるという時代を生きてきたので、言ってみれば「ライフインワーク」だったと思います。

 

平成になると、「ワークライフバランス」といった感じで、仕事と人生のバランスをとるという発想が大切とされる時代になりました。

 

そして、今(令和)は、「ワークインライフ」の発想を持つ人が増え、人生の中に仕事がある/仕事は人生の一部なんだという考えが常識化してきたように思えます。

 

・・・・・・・・・・

仕事が「できる」「できない」をX軸にとり、プライベートが充実「している」「していない」をY軸にとってそれぞれを組み合わせると4つのパターンに分けられます。

1.仕事もプライベートも充実している人

2.仕事は充実しているが、プライベートは充実していない人

3.仕事は充実していないが、プライベートは充実している人

4.仕事もプライベートも充実していない人

「1」のパターンでありたいものです。

 

また、ここで仕事(ワーク)とライフを分けずに、令和の発想で「ライフの一部にワークを組み込んで『どんなライフを送るか?』を考える」と人生の幅が広がるかもしれません。

 

人生は「睡眠・プライベート・仕事」に大別できますが、たいていの人は「仕事」を有して生きているので、その「仕事」を人生の中に上手に組み込んで幸せに生きていきたいものですね。

 

※当サイトは個人ブログです。アフィリエイト、対価の伴う商品紹介等は一切行っておりません。
※当サイトのイメージ画像は https://pixabay.com/ 様に登録されているクリエイター様の制作画像を利用しております。
※当サイトのイメージ画像は、Pixabay様の定める「コンテンツライセンスの概要」を遵守し利用しております。
澤井豊、連載!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://newofficesawai.com/

Twitter

Facebookページ

関連記事

投稿カレンダー

2024年4月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

注目のお勧め記事!

  1. 2019-1-29

    光あるところに「別の光」もある

    西暦1850年前後のアメリカ・カリフォルニアで広範囲にわたって金脈が発見されたため、一獲千金を狙って…
  2. 2017-12-4

    未来を自分の手で創っていこう!

    未来は「変える」というよりも「創る」という表現のほうが正しいのかもしれません。 なぜなら、未来…
  3. 2018-2-4

    ピンチ(問題勃発!)のときはこう考えよう・・・

    問題が起きた時には「今、自分は試されてる」・・・と思うようにすると、人は冷静になれます。 何か…
  4. 2021-6-8

    雇われる立場から脱却する思考回路を持てるか?

    サラリーマンは「仮に今、会社を辞めて同じ仕事に就いたとき、果たして今と同じような生活をしていけるだろ…
  5. 2021-5-12

    我慢せず「移動すること」を選択する意思

    地震被害・台風被害・水害・風雪被害のニュースをテレビで見聞きすると、被害に遭わた人たちの苦労が忍ばれ…
  6. 2022-4-27

    福の神は善行者に試練を与えることで「福」を導いてくれる?!

    「福の神」という言葉があります。 日本では、福の神が付く人は「人知れず善いこと(善行)を繰り返…
  7. 2019-11-12

    現役時代に「投資」の経験をしてリスクを下げておこう

    人は「経験したことには耐性を持てる」ことが多く、2回目以降は「初めて」のときほどは怖くはなくなるもの…
  8. 2017-10-2

    就労収入から権利収入へ

    収入には大きく分けて2通りあります。 1つは自分の身体を労働させてお金を得るという「就労収入」…
  9. 2018-4-24

    「自負心」という大切な気持ち

    よく「私は○○だったらできる自負があります」とか、「これまで長年やってきた自負があります」などと言っ…
  10. 2017-11-1

    一流は「間(ま)」を縮める努力をしている

    毎日何かを連続してやっていると、次の日は「前回(前日)の終わり」からスタートできます。 ところ…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る