人生は「睡眠・プライベート・仕事」に大別できます

人生は突き詰めると3つのカテゴリーに分けられます。

 

その3つとは「睡眠」「プライベート」「仕事」です。

 

仮に、1日24時間を単純均等計算すれば、「睡眠8時間」+「プライベート8時間」+「仕事8時間」で合計24時間です。

 

まあ、現実的には人によってその時間配分は異なりますが、原則的には「それぞれを8時間目安」という認識をまずは持っておくと良いと思います。

 

そうすると、その配分量が「多い」とか「少ない」という判断基準にもなり得ると思います。

 

仕事で多くの残業もする人も多いでしょうし、また通勤時間も仕事の一部と考えれば、サラリーマンは圧倒的に仕事に費やす時間が多いと言えそうです。

 

一方で、仕事をしていない人/リタイア組の人は圧倒的にプライベートの時間が多くなります。

 

人によって時間配分は違うものの、その「最も時間を費やすモノがやり甲斐がなかったり楽しくなかったりすれば人生の充実度は薄い」と言えます。

 

だからサラリーマンは「仕事を充実させる」ことが大事ですし、リタイアした人は「プライベートを大切にする」ことが大事です。

 

人生の多くの時間を費やすこと(仕事・プライベート)が充実していなくて、私的な充実はあり得ないといっても過言ではないと思います。

 

そう言う意味では、「ワークライフバランス」というよりも「ワークインライフ/プライベートインライフ」といったほうが意味が通りやすいかもしれません。

 

昭和世代の人たちは仕事の中に人生があるという時代を生きてきたので、言ってみれば「ライフインワーク」だったと思います。

 

平成になると、「ワークライフバランス」といった感じで、仕事と人生のバランスをとるという発想が大切とされる時代になりました。

 

そして、今(令和)は、「ワークインライフ」の発想を持つ人が増え、人生の中に仕事がある/仕事は人生の一部なんだという考えが常識化してきたように思えます。

 

・・・・・・・・・・

仕事が「できる」「できない」をX軸にとり、プライベートが充実「している」「していない」をY軸にとってそれぞれを組み合わせると4つのパターンに分けられます。

1.仕事もプライベートも充実している人

2.仕事は充実しているが、プライベートは充実していない人

3.仕事は充実していないが、プライベートは充実している人

4.仕事もプライベートも充実していない人

「1」のパターンでありたいものです。

 

また、ここで仕事(ワーク)とライフを分けずに、令和の発想で「ライフの一部にワークを組み込んで『どんなライフを送るか?』を考える」と人生の幅が広がるかもしれません。

 

人生は「睡眠・プライベート・仕事」に大別できますが、たいていの人は「仕事」を有して生きているので、その「仕事」を人生の中に上手に組み込んで幸せに生きていきたいものですね。

 

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2022年8月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

注目のお勧め記事!

  1. 2017-11-15

    【必読】経済的自由を得るための近道

    経済的自由を得るための近道は実は昔から同じです。 ポイントは大きく2つあります。 1.そ…
  2. 2020-3-21

    連れ安(もらい事故)で株価を下げている会社(銘柄)を見つける

    このブログは具体的な株式銘柄を紹介するものではないし、本来、私は「株式投機」をおススメしていませんの…
  3. 2017-11-28

    副業禁止→副業解禁ですが・・・・・・

    最近のニュースの一つに、複数の大手企業で「副業を解禁した」というのがあります。 IT関連企業を…
  4. 2021-7-29

    競争は「被(かぶ)る」ことで生じます

    一口で「陸上競技」・・・と言っても、その括りの中にはいろんな陸上競技があって、たとえばマラソン選手と…
  5. 2018-7-31

    【注意】税金は忘れたころにやってくる

    消費税は、何かを購入したときに商品価格と付随して一緒に支払いますから「支払い忘れ」という概念が基本的…
  6. 2016-9-1

    オリンピック選手が今持つべき「人生観」

    8月はオリンピックもあって世界中がいろいろ盛り上がったことかと思いますが、日本では9月になれば新学期…
  7. 2020-1-11

    貯まらなければ「使う」ことはできない・・・

    何かを「使う(使用する)」という行為をするなら、大前提としてそこにその使うものが在る(存在している)…
  8. 2019-10-4

    行政の「サービス」はハードの部分でとらえている?

    ビジネスは、「目に見える商品」を売るか、「目に見えないサービス」を売るかのどちらかです。 …
  9. 2017-5-13

    中途採用で求められるのは、即戦力+成長力のある人材

    企業で中途採用を実施しているところは多くあります。 そうした企業で求める人材というのは何も「即…
  10. 2017-10-9

    【注意】貯金がないのに不動産投資を始めてはいけない

    家計における基本的なお金の流れは「稼ぐ→貯める→増やす→使う」です。 つまり、「お金を増やす」…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る