2000万円貯める必要がありますか?

※当サイトは個人ブログです。アフィリエイト、対価の伴う商品紹介等は一切行っておりません。
※当サイトのイメージ画像は https://pixabay.com/ 様に登録されているクリエイター様の制作画像を利用しております。
※当サイトのイメージ画像は、Pixabay様の定める「コンテンツライセンスの概要」を遵守し利用しております。

「老後資金として2000万円必要」・・・という言葉だけが先歩きして、頭の中に「とにかく老後までに2000万円貯める必要がある」と思い込んでいる人がいます。

完全に間違っているわけではないのですが、「2000万円」という金額にこだわる必要はなく、自分自身の境遇や経済状態に落とし込んだうえで金額を判別することが大事です。

2000万円というのは、まあ、それなりに大金です。

もし今の自分にいきなりそれだけの金額が手に入ったら・・・ホンネとしては趣味に使ったり、家族と旅行を楽しんだり、車を買ったり・・・など自分の人生を豊かにするために使いたいハズです。

2000万円もの大金を(将来の金銭価値がどうなっているかもわからないのに)ただただ老後の生活を維持するためだけに貯金しておき、今から数十年後にその2000万円を切り崩しながら生きていく・・・。

言い換えればそれは毎月資産が減っていく生活をすることと同じです。

多くの人は「減る」ということに無意識的に不安や恐怖を覚えます。

いくら貯金があったとしても、通帳の残高がすごい勢いで無くなっていったら、そのお金のなくなる恐怖から逃れることはかなり難しいと思います。

そんな老後生活を想像すると少しゾッとしてしまいます。

そこで、そんな「貯金の取り崩し生活」から脱却して「貯金+別収入での生活」を意識してみてはどうでしょうか?

貯金以外にも一般的に公的年金をもらえるハズですから、その年金(←2か月ごとに2か月分が振り込まれる)と合わせて毎月20万円〜40万円程度の安定収入があったらどうでしょうか?

生活もラクになるでしょうし、何よりも精神的安定が望めます。

年金が10万円とすれば、別途10万円~30万円の収入源を設ければよいことになります。

別途10万円の収入は、たとえば家賃5万円であれば不動産を2戸所有すれば良いし、家賃3万円であれば3~4戸所有すれば良いことになります。

別途30万円ならその3倍を想定すれば良いだけです。

公的年金が多ければ多いほど、別途用意する副収入源は少なく済みますが、いずれにしてもそれだけの収入があれば贅沢三昧とまでは言わなくても経済的不安のない日常生活を送れると思います。

安心感とゆとりある老後が送れるハズです。

現役時代に老後のためにせっせと貯金をして老後はそれを取り崩してビクビク怯えた生活を送るよりも、現役時代にはせっせと収益不動産を買い集めそこから得られる家賃収入老後の生活資金としてアテをつくっておく・・・ほうがかなりベターだと思います。

※当サイトは個人ブログです。アフィリエイト、対価の伴う商品紹介等は一切行っておりません。
※当サイトのイメージ画像は https://pixabay.com/ 様に登録されているクリエイター様の制作画像を利用しております。
※当サイトのイメージ画像は、Pixabay様の定める「コンテンツライセンスの概要」を遵守し利用しております。
澤井豊、連載!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://newofficesawai.com/

Twitter

Facebookページ

関連記事

投稿カレンダー

2024年2月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
26272829  

注目のお勧め記事!

  1. 2019-6-24

    経営者/リーダー/マネージャーの違い

    経営者もリーダーも時には同じ意味で用いられることが多いですが、会社組織の中で、あえてそれを分けて考え…
  2. 2017-2-3

    経済的自由を得るには?

    普通の一般的な人が「経済的自由を得たい!」と思うなら、経済的自由を得るためのレールに乗ることが大事で…
  3. 2018-2-15

    【確定申告】あなたの「本業」は自分で決められる!

    確定申告の時期になってきました。 雇用されて働くサラリーマンのほとんどは確定申告と無縁ですが、…
  4. 2018-2-23

    妬み、嫉み、僻みを「羨み」に替えよう!

    他人に嫉妬(しっと)したり、他人のことを僻(ひが)んだりする人は人から嫌われます。 だから、「…
  5. 2017-4-18

    給料を増やせる職業と働き方とは?

    一般的な会社務めの仕事で手っ取り早く多くの給料をもらおうと思えば、就くべき職種は「営業職」です。 …
  6. 2019-7-18

    中国人はなぜ加速的に裕福になったのか?

    かつて、「労働賃金が安い」という理由で工場を中国に作ってビジネスを展開してきた企業も、今では「中国の…
  7. 2017-10-9

    【注意】貯金がないのに不動産投資を始めてはいけない

    家計における基本的なお金の流れは「稼ぐ→貯める→増やす→使う」です。 つまり、「お金を増やす」…
  8. 2017-4-14

    新規取引ではやはり過去の実績がモノを言います

    昔、私がまだ会社で仕事をしていた頃、ある会社の営業マンがやって来て「どうかうちの会社を使ってやってく…
  9. 2019-10-27

    経済破綻しないためのコツ=収入の範囲内で生活

    サラリーマン家計が破綻しないための最大のコツは「その月の収入の範囲内でその月の生活をする/支払いをす…
  10. 2017-11-20

    成功者に教えを請う方法(相手を気持ち良くさせる言葉)

    ビジネスにおいて、他者と協調し、お互いに切磋琢磨して高めあっていく姿勢は大切です。 中でも、明…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る