物件情報を見ていると気づけることとは?

不動産投資家向けにはいろいろな情報サイトがあり、そこには無数の不動産情報が掲載されています。

そして、私もそうですが、多くの人はそれらの情報を見て、検討し、場合によっては買付申し込みをします。

面白いのは出ているのはすべてが「私、この価格でこの物件を売ります/売りたいです」という情報ばかりだ、ということです。

「私、この価格でこの物件を買いますよ/買いたいです」という情報は掲載されていません。

これが株式の世界だとそうはいきません。

「私売りますよ/私買いますよ」の両方の情報が同時に出ています(手に入ります)。

それは不動産とは違って、株式ではキチンとした「市場」が存在していて、かつ取引所も存在しているからです。

・・・・・・・・・・・・・・

不動産サイトに載っている「私売りますよ」の価格を決めるのは当然「売主」です。

売主が価格を決めるとき、大きく2つのパターンに分かれます。

一つは「売れそうな価格」をつける人。
もう一つは「売りたい価格」をつける人。

何が違うかといえば、前者は「土地の価格+建物の価格」という「不動産価値」で考えます。

後者は、それに「+α」を加えます。ここで言う「α」は自分の儲け分(利益)です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

株式とは違って不動産には「市場」というものがありませんが、それでも株式と同じように「相場感」というのはあります。

別名「時価相場」とか「実勢価格」と呼ばれるものです。

収益物件でたまに安い物件が出てくるのは、不動産の価値だけで査定をしてしまって、そのままに売りに出すからだと思います。

そして、購入する側としてはそういう物件はチャンスになります。安く買える可能性があるからです。

ところが、みんなそうした物件を狙っていますから、そういう時にはすぐに買付申込みをしないと別の誰かに買われてしまいます。

そのためここで言えるのは、不動産物件を購入しなくてもいいので「普段から物件価格を見て研究しておく/目を養っておく」のが大事だということです。

相場感を知っていないと買いそびれますし、イザ!というときにすぐに行動が起こせません。

まあ、買わなくても別に損をするわけではないですし、時価より割安な良物件が出てきた(・・・と思った)なら、不動産投資家にとっては大チャンスですね。

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2021年12月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

注目のお勧め記事!

  1. 2018-10-12

    「稼ぐ」→「増やす(投資)」→「増やす(再投資)」

    多くの人が「当たり前」だと思っていることとズレた道を選択するには勇気が要ります。 常識とされて…
  2. 2017-7-4

    「石の上にも3年」と言いますが・・・

    東京オリンピックまで、暦上はあと3年です。 3年しかない!と思うより、3年もある!と思って準備…
  3. 2020-11-5

    【営業パーソン】キャクラクター営業は早く卒業すべし!

    営業の世界には「キャラクター営業」という言葉があります。 営業マンが商品の…
  4. 2018-5-7

    ドラえもんの未来小切手帳

    日本の「ドラえもん」にそっくりなキャラクターデザインを中国の会社が商標登録していたのを中国の裁判所が…
  5. 2018-11-30

    借金で怖れなくてはいけないのは「金額」ではない!

    投資とは「対象物はそのまま保有して、そこから得られるインカムゲイン(派生益)を求めること」だと私は考…
  6. 2018-2-18

    お金の使い方の「癖」チェック

    そろそろ冬物の洋服がバーゲンセールを迎える時期です。 こんな時は以前から欲しかったものを買うチ…
  7. 2018-1-21

    生命保険を使って相続税を安くする方法

    「相続税を節税するため」の生命保険商品があるそうです。 相続税は、一定の資産を持つ人が死亡した…
  8. 2019-7-24

    すべての人が「投資」を学ぶべき理由とは?

    大学生が卒業して社会に出たとき、ほとんどの人の財布の中身はほぼ横並び状態で、大きな差はまだついていま…
  9. 2015-8-17

    サラリーマン必読!「賃貸派」と「購入派」どっちがお得?

    若い頃でバリバリ働いているときは、借家住まいでも良いと思うのですが、サラリーマンが定年となりいわゆる…
  10. 2019-1-20

    アメリカでは自己破産しても再起可能ですが…

    トランプ大統領は過去にカジノ・リゾート事業を経営する会社を4度も倒産させているそうです。最初の倒産は…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る