「貯金」だけでは将来は心もとない

昨年、ハリウッドスターのジョニーデップが破産寸前というニュースが報道されていました。

確かそのときの彼の年収は50億円以上だったと思います(年収が!・・・です)。

50億円もあって、なぜ、破産寸前の報道がされるのか?というと、結局は「それ以上にお金を使っているから」・・・というだけのことです。

お金というのは、いくらあっても使えばなくなり、どこかで足りなくなるものです。

どんなに大富豪であっても、持っている以上にお金を使えば(それが不足の事態による出費であっても)いずれ底をつくのは自明の理です。

お金持ちのドラ息子が親の財産を食いつぶす・・・といった話も、結局は持っている以上にお金を使ってしまうからお金がなくなってしまう・・・という極めて自然な論理が成り立っています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

「経済的な安心感」を与えてくれるのは、決して「貯金だけ」ではなく、「貯金+死ぬまで安定的かつ継続的に入ってくる収入があること」・・・であり、また「決してそれ以上のお金を使わないこと」が大切です。

この習慣を身につけていれば、経済的な安心感を得ることができます。

いくら貯金をしても、それが死ぬまでもつという保証はありませんし、そもそも自分が何歳まで生きられるかもわかりません。

何歳まで生きられるかがわかれば「貯金額÷残り寿命=毎年使える生活費」と計算できますが、肝心の分母がわからないので計算もできない、ということです。

つまり、分母が未知数なので割り算ができないのですから、老後/定年退職後の生活を工面する経済的な依拠先を貯金だけに求めることができない・・・と言えます。

まあ、100歳まで生きるとして十分すぎる貯金があれば話は別ですが、その額およそ2億円以上の貯金・・・ということになり、さすがに、それだけの貯金をつくれるサラリーマンはほとんどいないと思います。

貯金額だけでは死ぬまでの生活保障をすることはできませんが、死ぬまで安定的・継続的に入ってくる収入があれば、安心して生きていけます。

自分の老後生活、定年退職後の安心生活をつくることを頭に入れて、そのために何をどうするべきなのか?と考えることは大切だと思います。

貯金はある程度はあったほうがベターですが、貯金だけでは将来の経済的不安は払拭できません。

貯金に加えて「自分が死ぬまで安定的かつ継続的に入ってくるお金の源泉があること/持つこと」は大事なことで、その準備は遅くとも40代後半までに始めておくのが良いと思います。

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ
澤井豊

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2020年10月
« 9月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

注目のお勧め記事!

  1. 2017-9-1

    特定商取引法に定められた電話勧誘に関する法規制

    毎日、必ずと言っていいほど「迷惑な営業電話」がかかってきます。 自宅の電話にも携帯電話にも・・…
  2. 2017-10-2

    就労収入から権利収入へ

    収入には大きく分けて2通りあります。 1つは自分の身体を労働させてお金を得るという「就労収入」…
  3. 2017-11-26

    65歳で1億円の預貯金を目指すよりも・・・

    かつての時代は「老後を迎えるまでにいかに多くの貯蓄をするか?」・・・が勝負の時代でした。 そし…
  4. 2018-10-10

    住宅ローンと団体信用生命保険と不動産投資の使い方

    「30代の子ども有りの夫婦」が住宅ローンを組んで自宅を購入する場合、一般的に多いパターンとしてはこう…
  5. 2018-7-26

    月々9万円強で「1,000万円」を買う?

    不動産は高額なことが多いので、多くの人は「借金(融資)」をして買います。 仮に「1,000万円…
  6. 2018-1-21

    生命保険を使って相続税を安くする方法

    「相続税を節税するため」の生命保険商品があるそうです。 相続税は、一定の資産を持つ人が死亡した…
  7. 2018-6-3

    日大の教職員組合の要求/ピラミッド構造

    悪質タックル問題で揺れる日本大学ですが、日大教職員組合は5月31日に、内田前監督の常務理事などを含む…
  8. 2017-3-10

    熱心な営業マンと立派な営業マン

    世の中にはいろいろな経営者がいて、中には「名経営者」として世間に広く名前が知れている人や、亡くなった…
  9. 2018-6-25

    私たちにかかる全ての税金を知っていますか?

    私たちは日々いろいろな税金が存在する中で生活をしています。 所得税・・・住民税・・・消費税・・…
  10. 2016-11-25

    資産が生み出すお金で生活をする、という発想

    お金に色はついていない・・・とよく言われます。 サラリーマンが会社からもらう給料というお金も、…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る