世界経済が崩壊・衰退したらどうする?

世界経済は今後も成長し続けると思いますが、世の中にはマスコミ等の喧伝によって日本経済の先行きに対して危惧・心配する人も少なからずいると思います。

将来のことは誰にもわかりませんが、どんな状況になろうとも、まあ、人は何とか生きていけるだろう・・・と楽観的に考える姿勢が大切だと思います。

大事なのは「もしそうなったらどうなるのか?
→ その時自分は何をすべきなのか?」です。

世界経済も日本経済も時々「過ち・間違い」を起こします。

それが一つの時代の節目となります。

過去にも世界恐慌とか、ブラックマンデーとか、リーマンショックなどと言われる「過ち・間違い」がありました。

でも、経済は崩壊はしていません。

→ そもそも経済が崩壊するとはどういうことか?・・・と言えば、それは「貨幣経済が消滅し、自給自足の時代に逆戻りをする」ことを意味すると思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

経済が「間違い」をおかしたときは、ある意味では「投資・投機のための購入チャンス」です。

投資・投機というのはそういう行為です。

時には経済の発展に労働ではなくお金(資本)で貢献するのが資本主義社会では大切なことの一つだと思います。

その「過ち・間違い」が通り越していって、そのまま本当に「経済の崩壊」に至るなら、投資・投機をしなかったとして現金で持っていたとしても結局は意味がありません。

なぜなら、既に貨幣経済が崩壊している以上、「お金」は意味を持たなくなっているハズだから・・・です。

お金が意味を持っているなら、経済はまだ崩壊していないことになります。

経済が崩壊する(貨幣システムに依存しないで生きていく)なら、自給自足の生活を送るしかなく、そうなれば世の中はかなり混沌・混乱しているハズで、現実問題としてそうなる可能性は極端に低いと思います。

「経済崩壊!」などと煽りたてる記事がたまにありますが、まあ、それは雑誌が売れるように意図的に煽っているだけで、それを書いている人もおそらく本当にそうなるとは思ってはいないような気がします。

自給自足の生活を経験したことがある人は、今の経済社会にはいません。

自給自足生活は現代人には想像もつかない生活だと思いますし、そうならないように経済の崩壊が起きないことを願って、自分のお金をうまく活用していくのが良いと思います。

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ
澤井豊

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2020年10月
« 9月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

注目のお勧め記事!

  1. 2017-6-25

    利己主義の人の発想にはついていけませんね

    利己主義の人は、「自分さえ良ければいい」という発想をします。 他人のことを何も考えないのは一見…
  2. 2020-6-12

    中小企業で上位職に就いている人のカン違いとは?

    会社では、社長をはじめとする経営陣の下に上級管理職層(=部長など)があり、その下に中間管理職層(=課…
  3. 2016-12-23

    【知ってましたか?】ATMで1万円を「千円札10枚」で引き出す方法

    人から教えてもらったやり方ですが、最近のATMは相当賢いようで、お金をおろす時にちゃんと券種まで理解…
  4. 2017-7-9

    【重要】高齢になるまでに自分の住む処を確保したほうが良いわけ

    高齢者になると自分が住む賃貸物件を借りることが難しくなり、借りられる物件の選択肢が狭くなる・・・と聞…
  5. 2020-1-20

    不動産バブルの見分け方

    1980年代後半に蔓延した日本の不動産バブルの時は、都心の不動産の賃貸利回りが2%以下だったそうです…
  6. 2017-11-17

    人生を変えたければ「○○○」が有効です

    今に満足していますか? もし満足できていなくて、自分でも何かを変えなければいけない・・・と思い…
  7. 2016-12-8

    あなたは「お金の教育」を受けたことがありますか?

    世の中には自己流でも特段問題なくやり過ごせることと、自己流ではやり過ごせないことがあります。 …
  8. 2017-11-28

    副業禁止→副業解禁ですが・・・・・・

    最近のニュースの一つに、複数の大手企業で「副業を解禁した」というのがあります。 IT関連企業を…
  9. 2018-3-23

    生涯賃金をいつ稼ぎ終えますか?

    サラリーマン人生を経済面だけで言い換えるなら「生涯賃金を稼いでいる間の人生」と言えます。 そし…
  10. 2017-8-14

    稼ぐ力を持っている人は強いです

    ビジネスは「まず顧客ありき」ですが、併せて「営業力が必要」です。 すなわち「稼ぐ力」です。 …

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る