デフレ脳をインフレ脳にする

1980年代のバブル期を知っている人というのは、今ではもう50代以降の人だと思います。

当時20代の人でも、今ではもう50代になっているハズです。

今の時代を牽引している40代・・・30代・・・20代の人はもうバブル時代を知らない世代ですから、言い換えれば「バブル期のインフレ時代を知らない」世代です。

つまり頭の中が「デフレ思考」に洗脳されているような人たちです。

そういう人たちの脳を「インフレ思考」にするのは、もしかしたら容易なことではないかもしれません。

・・・・・・・・・・・・・

デフレ思考に慣れきったデフレ脳を180度転換してインフレ脳にするのはなかなかに難しいことですが、手段の一つとしてはこんなのがあります。

何か?

それは「銀行預金をしていたら損だ!」ということを知識でも経験でも味わせてあげること・・・です。

デフレ時代は「現金で持つ」ことが望ましいことであり、モノで持つよりも現金で持つほうがベターでした。

そうした習慣に慣れきっている人たちは、消費や投資活動を行なうのは損だ、現金で持っておくほうが良い・・・という発想に親しんでいます。

それをひっくり返すには、消費や投資をしないと現金の価値がどんどん目減りしていく・・・ということを実感でわからせてあげることが必要で、それと同時に広くマスコミやSNSで情報発信して洗脳もどきの広がりを持たせることも必要です。

実際、銀行に預けておくことで得られる利息以上に本当に大きく物価が上昇すれば、その預金価値は確実に目減りしていきます。

その預金を株式や不動産に移して、その結果株価や不動産価格が上がることでちょっとした「儲け」を経験する人が増えていくと、人の思考回路は大きくかじ取りを変えていきます。

でも、それがそう簡単ではない・・・ところに今日の日本経済のジレンマがあるのかもしれません。

たった一人の力では何もできませんが、時代の方向性がそういう方向を向いていることを多くの人が気づき始めると、不思議と時代のうねりが大きくなって今度が誰もその変化に逆らうことができなくなっていきます。

今は「金利が上がらずインフレ期待は密かに存在する」という珍しい時代です。

見方を変えれば「大きなチャンス」になります。

人の裏を行く・・・多くの人が気づかない道を先に進んで待つ・・・ということはセオリーでも重要な行動です。

バブル期を知らない人たちには「知らない」道かもしれませんが、バブル期を知っている人たちには「いつか通った道」がこの先に待っているかもしれません。

千載一遇・・・というと大げさですが、でも場合によってはそれくらいのチャンスの時代が「今」なのかもしれない・・・と未萌に見ることは大切なことだと思います。

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2021年5月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

注目のお勧め記事!

  1. 2017-4-20

    テーマの逆の真理を突くことで、そのテーマが活きてきます

    以前の週刊少年ジャンプは「ジャンプ3大原則」とも呼ばれる「友情・努力・勝利」のいずれかをテーマにマン…
  2. 2020-11-23

    【覚悟】「自分の身は自分で守るという哲学」から幸運は始まる

    私が不動産投資をスタートしたのは46歳・半ばくらいの頃で、特に師と仰ぐ人もいなければ、メンターと呼ぶ…
  3. 2020-3-25

    【2020年3月株式暴落状態】株価暴落時の株の買い方

    3月の株式市場では上場している株式がほぼ全面安・暴落状態となり、ほんの1ヶ月前と比べると2割~3割ほ…
  4. 2020-3-6

    稼げるときは勢いに乗って稼ぎまくろう!

    自分は元気で健康であっても、家族が病気になったり健康でなくなったりする場合があります。 &nb…
  5. 2018-6-3

    日大の教職員組合の要求/ピラミッド構造

    悪質タックル問題で揺れる日本大学ですが、日大教職員組合は5月31日に、内田前監督の常務理事などを含む…
  6. 2017-2-12

    人生が輝いているときに見受けられる「ある共通点」とは?

    人はみんな1日24時間という枠組みの中で、眠ったり起きたりして生きています。 人生にはこの「眠…
  7. 2016-9-28

    「やれたらやります/行けたら行きます」は禁句

    日本人ははっきり断ると角(かど)が立つような気がして、ついつい曖昧な返事をしてしまう・・・とよく言わ…
  8. 2017-12-13

    2回立ち読みするほどの雑誌や本は・・・

    書店やコンビニでは雑誌や書籍を立ち読みすることがけっこう可能です。 たまたま時間が空いたときな…
  9. 2019-3-21

    転職後に留意すべき3つのこと

    会社を辞めて別の会社に転職することは、今では決して珍しいことではなくなりました。 私が転職…
  10. 2018-9-16

    【人生設計】サラリーマンとして働くうちに次の一手を考える

    今の会社は辞めたいけど辞めても行くところがないし・・・給料(収入)がなくなるのは怖いし・・・今の仕事…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る