今後ますますシニア層の必需品になりそうなもの≒不動産

「歳を取ってからの住む場所がない」ということほど惨めなことはありません。

若いうちなら、一時的に住む場所がなくても若さゆえにどうにでもなりますが、年老いてからだとどうにでも・・・とはいきません。

いわゆる「若いうちからの賃借住まい・・・」というのは、一見すると良さそうに聞こえますが、その反面、もしもそこを退去せざるを得ない事態に高齢・不健康な状態になってから陥ると、改めて賃借をすることができるか?・・・という問題に直面します。

「安心度合い」という観点で言えば、やはり自分の所有する不動産があったほうがベターだと思います。

・・・・・・・・・・・・・・

さらに、不動産を所有する別の目的として「不動産投資」という概念があります。

老後・・・シニア世代にとって生きていくための収入源は主に「公的年金」です。

しかし、頼みの綱のその年金も徐々に支給額が減らされそう・・・徐々に支給開始年齢が遅くなりそう・・・という傾向があり、もっと困るのは「そもそも公的年金だけではとても生活していけない」という悩みです。

そのため、「貯金の取り崩し」という手法が一般的に用いられますが、貯金の額がいつまで持つか?という不安もありますし、多額の貯金をつくること自体が相当困難なことです。

また、株式の売買による値上がり益(キャピタルゲイン)を主目的にした投機を行なうことは、若いうちは別の収入源があるので大丈夫ですが、シニア層になっていくと株の売買で儲けることのリスクのほうが強まります。

その値上がりはたまたま実現したもので、今後も実現可能かどうかは誰にもわかりません。

生活費用を捻出するには株の売買による利益を当てにすることは不確実性が高すぎ
ます。

シニアのお金の不安を解消するために必要なのは、定期的なインカム収入だと思います。

定期的なインカム収入の確保こそが、シニアのお金の不安を解消するのに役立つものとなり得ます。

その点で言えば、不動産からの家賃収入であれば100%確実とは言えなくてもそれに近いだけの「定期的な収入」となります。

たとえば「今月10万円の家賃」が入ってくるとしたら、かなりの高確率で「来月も10万円の家賃」が期待できます。

安定した家賃収入があれば、入ってきたお金を今月使っても来月の家計面での不安などほとんどありません。

来月になれば、また同じだけの家賃収入が得られるからです。

毎月の安定した収入があるということは、年金と同じように当てにすることができる、ということです。

一般的には、「金融資産は真っ当だけど、不動産投資はいかがわしい」といった偏見が根強いかもしれません。

でも、だからこそ、その逆を行く人が先行者利益を享受することができると思います。

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2021年3月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

注目のお勧め記事!

  1. 2018-5-6

    定年後(老後)の準備は貯金だけでは心許ない・・・

    サラリーマンの定年年齢が徐々に引き上げられています。 今の若い人には信じられないかもしれません…
  2. 2018-2-19

    何かに行き詰ったらやってみると良い方法

    人から教えてもらった方法ですが、自分が何かで落ち込んだり凹んだ気持ちになっていて、自信を取り戻したり…
  3. 2018-1-12

    【幸運を得る方法】分かち合う→これってやっぱり大事です!

    お金が儲かる話や、時間やお金を節約できる話や、ビジネスに関連する出会いがありそうな場所や、美味しいレ…
  4. 2019-12-23

    将来の経済的不安を和らげるためにまずすべきこと

    将来の経済的な面(金銭面)において不安にならない人はいない・・・と思いますが、その不安を呼び寄せてい…
  5. 2017-5-17

    不動産投資はローンを使うとレバレッジ投資になります

    野球で言えば体が大きくてパワーもあるバッターだと、軽くバットを振るだけでホームランや長打を打つことが…
  6. 2017-11-18

    身だしなみとお洒落(オシャレ)の差

    最近は「身だしなみ」という言葉をほとんど聞かなくなりました。 普段お洒落には無頓着な私ですが、…
  7. 2018-1-11

    【商品開発】商品が先か?中身が先か?

    何かの有料講座・教育プログラムを作るとき、手法としては大きく2つのやり方があります。 A. ま…
  8. 2018-8-7

    「働く」のは自分ではなくお金を!

    海外旅行に行くといつも思うのは、たとえ自分が飛行機に乗って雲の上だろうが、客船に乗って海の上だろうが…
  9. 2020-12-26

    【必読】3年あれば人生は変えられる

    人生を変えたければ、「住むところ」を大きく変えればまず間違いなく変えられます。 …
  10. 2017-10-26

    【上司必見】「できない…」と言う部下の真意とは?

    何か物事を「できる/できない」と言うとき、能力的にできることがわかっている場合は「できる」と言い切り…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る