老後の生活のために年金以外の収入源を持とう!

日本は長引くデフレの心理的影響もあってか、あまり物価上昇の実感が湧かない人も多いかもしれません。

でも、世間を見渡すと経済成長によるインフレはなくても「円安/コスト高」や「増税/便乗値上げ」による物価上昇の兆しがあちらこちらで出始めています。

インフレは年金暮らしの人の生活に大きな不安をもたらします。

今、自分が就労してお金を得ているから何も考えていないとしても、「人は日々、確実に老後へ向かっている」ことは間違いない事実ですから、頭の片隅で「老後の家計」を考えておくことは大切なことだと思います。

また、現時点においても公的年金だけでは既に生活費が不足しているため、現役時代の「貯金」を切り崩して生計を立てている人も多くいる・・・とも言われます。

現役時代の貯金がそれなりにある人はまだ良いですが、翻って今の現役世代を見てみるとそこまでの貯金をしている人は少ないように思えます。

→ 老後の生活がかなりヤバくなります。

豊かな老後を過ごすには、やはりそれなりの金額の「蓄え」が必要だと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・

定年後に何歳まで自分が生きられるかは不明ですが、医療の進歩によって長寿化が進んでいることを鑑みれば、巷間言われているように「人生100年時代」と認識しておいたほうが良いと思います。

つまり、自分も100歳まで生きるだろう・・・ということです(まあ、実際はそれ以上生きる確率のほうが高いと思います)。

そうすると、ザックリ言っても約5千万円~6千万円くらいのお金が「年金以外に必要」になる・・・とも試算されています。

豊かでゆとりあるシルバーライフを満喫するには、まずは老後貧乏の危機を回避することが大事です。

そのためにも、現役時代の若いうちから計画的に「対策」を施しておく必要があります。

つまり、現役を引退した後の老後においても継続的に何らかの収入があるようにしておく・・・ということです。

そうした「仕組み」づくりを数年~数十年かけて行なっておく・・・という考えを持てる人と持てない人とでは、老後の生活は雲泥の差がつくと思います。

すぐに仕組みを作ることは大変難しいことですから、時間をかけてゆっくりと・・・でも確実に作っていくことが大事だと思います。

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2020年12月
« 11月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

注目のお勧め記事!

  1. 2018-8-25

    お金を貯めっ放しは「捨てた」も同然です

    家計のお金の流れは「稼ぐ→貯める→増やす→使う」です。 このうち「貯める」というところまでは多…
  2. 2018-1-26

    1ヶ月「5万円収入増」の仕組みを作る方法とは?

    サラリーマンが給料を「月額5万円アップ」しようとしても、給料は自分の直接のコントロール下にないのでそ…
  3. 2017-4-21

    貯金をするタイミングは「お金が入ってきたとき」

    たとえば、今50歳の人が65歳の定年退職後に客船で世界一周旅行に出かけたい・・・それには約1千万円の…
  4. 2017-2-11

    ピンチの時、イモ・タマゴ・コーヒー粉のどれになる?

    人が心を入れ替えて変化を起こす時というのは、たいてい何か辛い経験をしたときだと思います。 あま…
  5. 2018-11-1

    投資における借金は「良い借金」

    投資を考えたときに、自己資金だけで行なうのも勿論アリですが、あえて借金をすることでレバレッジを効かし…
  6. 2018-2-8

    先読み力・想像力を鍛えよう

    こうすればこうなる・・・こうしなければああなる・・・という「未来をある程度先読みする力」はとても重要…
  7. 2020-1-20

    不動産バブルの見分け方

    1980年代後半に蔓延した日本の不動産バブルの時は、都心の不動産の賃貸利回りが2%以下だったそうです…
  8. 2019-10-27

    経済破綻しないためのコツ=収入の範囲内で生活

    サラリーマン家計が破綻しないための最大のコツは「その月の収入の範囲内でその月の生活をする/支払いをす…
  9. 2017-5-20

    【必読】優秀な自動車セールスマンの極意とは?

    ある人(Aさん)から教えてもらった話ですが、昔、あるところに車の販売で非常に優秀な成績を収めている営…
  10. 2017-1-8

    連合の神津会長/頑張れば賃金上がるという常識

    2017年の春闘について「連合」の神津会長はNHKのインタビューで「頑張れば賃金が上がるという常識を…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る