定年退職時までに「持ち家」を確保する

住宅ローンの返済が完了して自分の持ち家が完全に手元にあるサラリーマンであれば、会社を定年退職した後の生活に必要な金額は比較的計算しやすくなります。

住居にまつわる費用で必要なのは、固定資産税と数十年に1度のリフォーム費用くらいです。

 

住宅ローンの返済が終わっている人の家計はそう簡単に破綻することはないと思います。

 

イザ!となれば、自宅を売ることでまとまったお金を手にすることができますし、そうなる前に自宅を担保にしてお金を借りることもできるからです(その代わり、贅沢はできませんが・・・)。

 

・・・・・・・・・・・・・・・

定年後のお金の問題は、案外とわかりやすいものです。

 

極論を言えば、足りるか足りないか?・・・を自分の収入目論みから支出目論見を引き算してみればよいだけです。

生活費用を計算して、収入と貯金で足りていると思えばOK、足りないと思えば再度自分が働くなどが必要・・・となります。

ところが、自分は働く気があっても、残念ながら雇ってくれるところがない・・・。

 

あるいは、身体に変調をきたしていて、思うように働くことができない・・・。

 

もしくは、そもそも自分自身がもう働く気はない・・・という人もいるかもしれません。

 

働きたくもなく、預貯金を切り崩すのも嫌なら、生活費を切り詰めるしかありません。

 

ない袖は振れないのですから、お金のある範囲内で生活をする必要があります。

 

いずれにしても、持ち家ではなく賃貸住まいの場合だと「家賃」の支出を考慮する必要があり、その家賃の支出はけっこう1ヶ月の支出の中で大きな比率を占めることになると思います。

 

この小さくない固定費が定年後もまだ続くようなら、やはり公的年金だけで暮らしていくのは厳しい・・・と思います。

 

多くの専門家(FPなど)が、定年前にしておくべきことの一つとして「住宅ローンの繰り上げ返済」を挙げています。

 

そのとおりだと思いますし、もし繰り上げ返済ができないようだと、定年退職しても仕事から離れてはいけない(=再就職/アルバイトが必要)と思います。

定年退職時までに「持ち家」を確保するライフプランのほうがベターだと思いますし、そうしないのなら代わりに安定した権利収入の源泉を持つか、かなり多額の貯金をしておくこと・・・が大切だと思います。

 

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2021年9月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

注目のお勧め記事!

  1. 2017-1-20

    トランプ大統領誕生で「強いアメリカ」は復活するのか?

    今日(2017年1月20日)にアメリカの新大統領に就任予定のドナルド・トランプ氏ですが、前評判はかな…
  2. 2017-6-22

    サラリーマンが心がける大事なことの一つ

    私が大学卒業後、26年間会社員として働いた中で「あえて何か自慢すするとしたら何ですか?」・・・と聞か…
  3. 2017-6-12

    ブランド品を身に付けたがらないお金持ちの人たち

    サラリーマンは高級品を身に付けることを意識しがちですが、ビジネスマンは逆に高級品を身に付けないことを…
  4. 2019-7-22

    ローマ帝国が永らえたわけ/フォードの勝利

    ローマのカエサルは借金王とも呼ばれたそうです。 カエサルは、「借金が少額のうちは貸した者が…
  5. 2017-4-6

    仕事の受注で他社に負けないための3つのポイント

    ビジネスでは、業務委託を受けることで売上を増やせるケースがあります。 自社が委託を受ける場合は…
  6. 2017-12-3

    【不動産投資】フルローン、オーバーローンとは?

    不動産投資でよく出てくる言葉の一つに「フルローン」とか「オーバーローン」という言葉があります。 …
  7. 2017-12-8

    ソクラテスの言葉「お金持ちが…」

    ギリシャの哲人・ソクラテスの言葉にこんなのがあります。 「お金持ちがどんなにその富を自慢しても…
  8. 2017-7-13

    【人生設計】サラリーマンこそ「投資」に踏み出そう!

    サラリーマンが自分の収入を増やそうと思ったら、残業をしたり休日出勤をしたりして自分の時間を犠牲にする…
  9. 2021-7-29

    競争は「被(かぶ)る」ことで生じます

    一口で「陸上競技」・・・と言っても、その括りの中にはいろんな陸上競技があって、たとえばマラソン選手と…
  10. 2018-11-30

    借金で怖れなくてはいけないのは「金額」ではない!

    投資とは「対象物はそのまま保有して、そこから得られるインカムゲイン(派生益)を求めること」だと私は考…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る