投資価格の上昇は現金ポジションを高めろ……の合図?!

株をやっている人なら分かると思いますが、値上がりすると思って狙っていた株が、自分が買う前(買える前)に少しずつ上がっていくと、ちょっと焦ります。

 

指値を上げて今の値段で買ってしまおうか?・・・イヤ待てよ、少し待てばまた値下がりするかもしれない・・・という葛藤で、指値を上げるか上げないか?で迷います。

 

そうこうしているうちに、何かの拍子に株価が上がって「あーあ、これだったらあの時にいくらでもいいから買っておけば良かった!この株が値上がりするだろうという読みは当たったな・・・(当てた自分はスゴイ!)」と思ったりします。

そして、よせばいいのに2~3日経ってガマンできず、ついには当初よりもかなり高い値であるにもかかわらず、その株を買ってしまいます。

 

得てしてこういう「短期目線での衝動買い」は失敗に終わります。

自分が買った後、ほんの少しは値上がりするのですが「儲かった!」と言えるほどは上がらず、そうこうしているうちに不思議と値下がりに転じて、やがて自分の買値よりも低くなって……そうなると売るに売れず、結局売れないままやがて塩漬け株になっていきます。

・・・・・・・・・・・・・・・

株価の上昇は、「追撃買い」を意味するのではなくて、その株を買うのをやめて「現金のポジションを積み増せ」というシグナルだと解釈するほうが「実損」につながらないものです。

株の売買=株式投機 で儲けようと考える人は「機(タイミング)」を見極める能力が必要です。

 

私はなかなかそれを身につけることができませんでした。

 

だから、株式投機の世界から足を洗いました。

 

投機から「投資」の世界へ足を踏み入れました。

 

しかも、株式から「不動産」へと切り替えました。

少し話がズレたので元に戻しますが、株価の上昇はその株を保有している人にとっては嬉しいことですが、まだその株を保有していない人(まして買う意思のある人)にとっては由々しき問題です。

 

そのとき、株価上昇の現象は「追撃して買え!」と解釈しないほうがベターだと思います。

逆に、もうこの株のことは忘れて他の株に移りなさい・・・とか、いずれ来る値下がりを意識してキャッシュポジションを高めておきなさい・・・という合図だと理解するほうがベターだと思います。

 

株価の値上がりを待って、売り抜けて売買差益を稼ごうとする「株式投機」は何とも難しいものです。

 

それよりは、すばらしい会社を適正な価格で買って、それを保有し続け、その間の配当金を受け取りながら長期目線で値上がりするのをじっと待つという「株式投資」のほうが心は平穏に暮らせると思います。

 

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2021年2月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728

注目のお勧め記事!

  1. 2017-12-5

    不動産投資で焦って物件を購入するのはNG

    先日、ある不動産物件を紹介されて見に行ってきました。 残念ながら私の投資基準に合致するものでは…
  2. 2020-11-23

    【覚悟】「自分の身は自分で守るという哲学」から幸運は始まる

    私が不動産投資をスタートしたのは46歳・半ばくらいの頃で、特に師と仰ぐ人もいなければ、メンターと呼ぶ…
  3. 2019-6-12

    「長期・積立・分散」が資産形成の王道

    今35歳の年齢の人は、倍返しの35年後は70歳です。 ちょうど今、「年金支給年齢が70歳か…
  4. 2017-9-12

    人生をマージャンに例えると・・・

    将棋や囲碁というのは2人で対局して行いますが、両者ともにスタート時点では(ハンデを除けば)対等です。…
  5. 2017-6-6

    サラリーマンと自営業者の課税上の違い

    サラリーマンは自ずと「コストアフター」の概念が当たり前になります。 コストアフター・・・とは、…
  6. 2017-2-11

    ピンチの時、イモ・タマゴ・コーヒー粉のどれになる?

    人が心を入れ替えて変化を起こす時というのは、たいてい何か辛い経験をしたときだと思います。 あま…
  7. 2020-6-1

    「投資」に対してポジティブなイメージを持とう!

    お金に関するトラブルは後を絶たず、世間では「株式の売買で損をした」・・・「FXで貯金をすっからかんに…
  8. 2019-10-31

    投資から目を背けてはいけない

    5月から「令和」時代が始まり、早6ヶ月(=半年)が経とうとしています。 これからの時代は、昭和…
  9. 2017-2-21

    自動的にお金が振り込まれる仕組み=「不動産投資」

    たとえば、こんなことが現実的に起きるとしたら嬉しいと思いませんか? 24時間365日休みなし…
  10. 2017-9-24

    人に教えるときに大切にすべき3つのセット内容とは?

    スポーツでも勉強でも仕事でも、指導者や先生や先輩などが教えるときは、「○○をしなさい」・・・といった…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る