資産運用に求められる2つの目的

投資では「リスク」という言葉が頻繁に出てきます。

一般的にはリスクを好む人はいません。

リターンを得るためにはリスクがつきもので、已むをえずリスクを受け入れているだけで、最初から好き好んで過大なリスクを求めるような人はいないと思います。

ただし、リスクは悪い方向にだけ働くわけではなく、特に長期にわたる投資では当初には予想できなかったような大きな富がもたらされることもあり、こうした良い意味での変動も一つのリスクです。

・・・・・・・・・・・・・・

自分が持っているお金を活用して新たにお金を生み出して(=お金を増やして)いくことを「投資」と呼びますが、お金を動かすという意味では「資産運用」と呼ぶ場合もあります。

既に所有している資産を用いてお金を生み出すことも資産運用ですが、その大元の資産はもともとお金と交換に得られたものであることが多いので、やはり「お金を使ってお金を生みだす」ことは資産運用と呼べると思います。

そうした「資産運用」には大きく2つの目的があります。

一つは、言わずと知れた「財産を築く」ことです。

これが第一義であることはまちがいありません。

そして、もう一つが「財産を守る」ことにあります。

これは、要は世間の経済環境の変化による「インフレ」から自分の財産の価値が目減りしないようにすることを意味します。

インフレになると相対的に貨幣価値は下がります。

すると、手元にある現金の価値はどんどん目減りしていきます。

それを防ぐ=守ることも、資産運用には求められていると言えます。

もちろん、資産運用はいつもすべてが順調に万端に進むわけでないので、運用をしたがためにかえって資産を減らしてしまった/損をした・・・ということもあるかもしれません。

だからこそ、月並な言い方ですが「自己責任の原則」が大事であり、この原則を守れない人は資産運用に手を出すべきではありません。

自己責任の原則を守れない人というのは、要は、責任感のない人、精神が弱い人、人間力が低い人、誰かに頼らないと生きていけない人、自立できていない人、意気地なしの人、自己通信的な考え方しかできない人であり、決して「投資/資産運用/独立起業/ビジネスをしてはいけない人」です。

反対に、そうしたこととは無縁の人は自分に自信をもって資産運用で2つの目的を果たすように鋭意努力していくと良いと思います。

 

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2021年3月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

注目のお勧め記事!

  1. 2019-3-7

    「無くなる前に補充する」という考え方

    お弁当屋さんで、食材の肉の残量があと一袋、キャベツがあと1個・・・となって初めて具材(仕入れ)を発注…
  2. 2018-11-2

    「期待値」で判断する投機手法

    人は、投機したお金が0円になる可能性がある・・・と最初からわかっていれば、その投機を控えるか少額に抑…
  3. 2016-12-31

    【大晦日】欲とは山だけを求めるようなものです

    人生山あり谷あり・・・ですし、人の感情も起伏がありますから、感情も山あり谷あり・・・と言えます。 …
  4. 2017-1-15

    私が大切にしている「人生変化プロセス論」

    私は幼い頃、前ばかりを見ていたので過去を振り返る事はほとんどありませんでした。 少し成長すると…
  5. 2017-7-31

    【警告!】洗脳にご注意を…【自己防衛術】

    世の中には悪だくみをする人がいるもので、特に詐欺に関しては「私は詐欺師です」なんて自分から言うはずが…
  6. 2018-10-31

    不動産投資の物件情報の収集方法

    今年の年初に「今年こそは不動産を買って家賃収入を得ていこう!」という思いを持っていた人もいると思いま…
  7. 2020-3-21

    連れ安(もらい事故)で株価を下げている会社(銘柄)を見つける

    このブログは具体的な株式銘柄を紹介するものではないし、本来、私は「株式投機」をおススメしていませんの…
  8. 2019-3-3

    お客さまと接する社員は末端社員ではない

    どんな会社・お店でも、現場の最先端でお客さまに直接サービスを提供しているのは、会社のトップ(社長)で…
  9. 2017-5-24

    【重要】「人生お金がすべてではない」とは誰が言う言葉なのか?

    「お金(給料・報酬)で仕事を選ぶ人」は、結局のところ、お金を向いて自分の行動基準を設定しています。 …
  10. 2018-5-16

    部下の機嫌が悪くなったのは上司のせい?!

    会社で、上司(リーダー)がある社員に向かってこう言ったとします。 「○○君、今日も朝から声が大…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る