サラリーマンで収益不動産を買える人/買えない人

なぜ、たいした給料でもないのに(失礼!)普通のサラリーマンでも収益不動産を買うことができるのか(投資目的で不動産を購入できるのか)?・・・というと、一つは「会社の信用を担保にローンを組ませてもらえるから」という理由が挙げられますが、もう一つに「コツコツとお金を貯めたから」という大原則的な理由があります。

 

コツコツお金を貯める・・・ということは、毎月の給料の中からたとえわずかでも貯金をして、ボーナスが入っても、あるいは何らかの臨時収入があっても、それらの中からも(できれば全額を)キチンと貯金して徐々に大きな金額に積み重ねていく・・・ということです。

 

普通のサラリーマンでも貯金がある程度の貯金があるという事は、そうした努力・積み重ねの習慣が身に付いていることを証明してくれます。

少々稼いでも贅沢せず、むしろ稼いだにもかかわらず更に節約・倹約をしてお金を貯めてきた・・・という人が、早くまとまったお金=投資元金を手にできます。

 

そうやって、時間をかけて「収益不動産を持つ=不動産投資を実践する」という目標へ愚直に突き進んできた人が、実際にそのとおりに投資不動産を所有することになります。

 

投資不動産(=収益不動産」を持つと、そこから毎月家賃収入を得られます。

 

家賃収入という権利収入を得る仕組みを一つ作れた人は、当然のごとく2つ目が欲しくなります。

 

だから、仕組みを一つ作ったからと言って決して満足はせずに、ちょっとずつ、ちょっとずつ・・・5年・・・10年という時間をかけて更に権利収入の仕組みを複数にしていきます。

 

その結果、サラリーマンとして会社からもらっている給料の額以上に家賃収入がなったとき、「働かなくてもお金が得られる仕組み」が完成化したことになります。

 

不動産を一つ購入したくらいでは、最初はそうした稼ぎが給与収入の1割ぐらいかもしれませんが、2年で1物件くらいのペースで増やしていけば、20年後には働かなくても良いレベルに達します。

 

その時間を果たして許容できるかどうか?・・・です。

 

投資は長期目線で長期の時間軸をもとに考える姿勢が必要です。

 

時間を許容できない人は投資ではなく投機に走り、その結果大多数が失敗に終わり消えていきます。

 

お金をお金のまま置いておくと(=ただ貯金しておくだけ)、どうしても人は短期目線に陥りやすく、その結果お金は減ることはあっても増えることはありません。

 

お金と時間をかける価値は何にあるのか?・・・を考えて、過度な贅沢はせずに、自分が稼いだお金を「(自分が)働かなくてもお金を生んでくれるもの」に変えていく・・・という発想を持つことはそれなりに大切なことだと思います。

 

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る