何歳まで生きても資金が底をつかないようにする

カルロス・ゴーン被告のように「今」の境遇を「今すぐに」に抜け出したいなら「今すぐの大金」が必要です。

 

でも、そうではなく「将来の生活」を考えて「将来の生活を不自由なく安定的に」暮らしたいと願うなら、「今すぐの大金」は別に必要ありません。

 

それよりも大切なのは「収入が途切れないこと/安定した収入源を継続保有すること」です。

 

日々(毎月・毎年)の生活に困らない程度の収入があれば良いわけです。

 

今すぐに30億円を用意する必要はなく、毎月50万円程度の収入が確保できていれば良いだけです。

 

・・・・・・・・・・・・・

ある大手企業に勤めていた人の話です。

 

その人の年収は約1000万円、貯金も3000万円以上あったそうです。

定年退職時に子どもは独立していたので、退職後は妻と悠々自適な生活を送るつもりだった・・・と。

 

ところが、やがて妻が認知症を発症したため介護施設に入れることになり、そのときの一時入居金として2000万円かかり、さらに毎月の負担額で17万円必要になった・・・と。

貯金はあっという間に1000万円です。

 

そのお金ともらえる年金から、妻の施設費用17万円と自分の生活費を支払っていくと、1年で500万円程度が消えてしまいますから、算数上ではわずか2~3年で資金が底をつくことになります。

さらには自分自身の体調も悪くなり、定期的な治療が必要になったそうです。

 

結局、当てにしていた老後資金は底をつき、住んでいたマンションを売却して小さなアパートに移ることになった・・・と。

 

将来の生活環境・状態は誰にもわかりません。

どんなに準備をしていても不足する場合もあれば、何も準備していなくても別に困らない場合もあると思います。

 

人生いろいろ・・・人それぞれ・・・です。

 

でも、言えるのは「できうる限り不自由な生活は送りたくない/できることなら安定的に自由な生活を送りたい」・・・という事だと思います。

たとえ今現在の収入が高くて十分な貯蓄があったとしても、予想もしない出来事によって急に支出がかさみ当てにしていた老後資金が底をつくことは考えられることです。

 

老後の一番の経済的問題は、「既に自分は労働市場から退場していて、再び戻ることは難しい」ということです。

 

だから、イザお金が必要になった!からと言って、再度サラリーマンとして働くことはできません。

 

そこで大切になるのが「退職した後も継続的に安定的に収入があること」であり、「そうした権利収入を退職する前に得ておくこと」です。

 

「今すぐの大金」が必要になる人は稀です。

 

それよりも「将来にわたって得られる安定した収入」のほうが大事だと思います。

 

なぜなら、人は生きている限り毎日を暮らし、毎月を暮らし、毎年を暮らしていくわけだから・・・です。

賢い老後の資金計画を立て、定年退職時に別に数千万円以上を貯めていなくても、退職後は何歳まで生きても資金が底をつかない生活を目指すことのほうに重きを置くと良いと思います。

 

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2022年8月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

注目のお勧め記事!

  1. 2017-3-4

    キチンと行えば不動産投資は怖くない

    不動産投資をしている人と不動産投資をしていない人では、私が知る限りでは不動産投資をしている人のほうが…
  2. 2021-9-26

    納期/締め切りがあると人は動きます

    コロナ禍において政府はいろんな名目でお金を世にバラマキました。 ところがお…
  3. 2018-8-9

    給与明細書をしっかり見たことがありますか?

    サラリーマンの給料は今では「銀行振り込み」が一般的で、本人は給料日に「給与明細書」を上司から受け取る…
  4. 2017-6-6

    サラリーマンと自営業者の課税上の違い

    サラリーマンは自ずと「コストアフター」の概念が当たり前になります。 コストアフター・・・とは、…
  5. 2019-8-23

    元・銀行員…がお金のプロとは限らない

    インターネットを利用して、セミナービジネスや、情報商材ビジネスや、塾・サークルビジネスを始める「元・…
  6. 2018-1-8

    お金持ちより「お金力・持ち」を目指そう!

    お金はないよりあったほうがいい・・・とよく言われます。 確かにそのとおりだと思います。 …
  7. 2019-4-2

    企業を選ぶ際の「生きがいと働きがい」

    今の時期、大学新4年生は翌年の就職に向けて企業の会社説明会に数多く参加します。 それぞれの企業…
  8. 2019-7-13

    お金は稼いだら「増やしてから」使おう!

    かつて戦後の時代など、「モノがない時代」というのは「(モノが)あるだけで」幸せでした。 当時は…
  9. 2019-8-13

    「○○には価値がある」と思っている人を見つけてその○○を売り込む

    経済的に自由に生きたければ、早く自立することが必要です。 そのためには「稼ぐ力」を身に付け…
  10. 2017-7-21

    「投資脳」を持てない人はムリに投資をしないほうがいいかも?

    「投資とはインカムゲインを求めること」であり、キャピタルゲイン(売買差益)を求めるのは「投機」と私は…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る